ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

1/27はbitREALITYよりCRE Fundingでしょう!!

f:id:ZiLchan:20210125134406p:plain

物流ファンド登場!
  1. 初めに

  2. 1/27はbitREALITYよりCRE Fundingでしょう!!

  3. 考察

1. 初めに

 1月27日に物流ファンドが、bitREALITYとCRE Fundingより募集がありました。

 基本的に4%未満は投資しない私ですが、シーアールイーとのdiscussionの結果、参戦することを新たにしました。

 

www.zilchan.com

 

 

2.bitREALITYよりCRE Fundingでしょう!!

 

1月27日2社から、珍しく物流案件が同時に出ました。

私は、会社を選ぶので両方ということはしません。Crowd Bankなら両方行きますが、

 

www.zilchan.com

 

f:id:ZiLchan:20210125125552p:plain

CRE Fundingの案件

f:id:ZiLchan:20210125125707p:plain

bitREALITYの案件

 CRE Fundingは、1月27日19時から2億5500万円24か月の案件 2.8%の利回りで、キャンペーンで一年目は1%のキャッシュバックがありますね。

 

 一方、bitREALITYは、1月27日12時から1億8100万円のファンドが募集されますね。利回りは3.6%です。こちらは、50万からです。

 

 普通は、bitREALITYに投資しますかね。金利?野村とケネディグスとのコラボで信用が高い?

 

 いやいや、断然CRE Fundingですね。

 

 私は、CRE Fundingを選びますね。選ぶ理由が見つかりました。

 

  金利の問題でなく、信用の問題です。 

3.考察

リスクというのはいろいろ存在します。

最近のSBIとCrowd Bank以外のSLや不動産CFは対象というのは

①ホテル系

②住居系

③事務系

が大半を占めます。

更に場所は、圧倒的東京です。

 

 信用のある会社で尚且つ、場所と業種の分散が必要となります。そういう意味で、CRE Fundingの物流ファンドは利率は低いですが、私の中では魅力的です。

 

 リスクの分散というのは、単に会社だけでなくファンドの対象の業種、ファンドの所在地も大事になってきます。

 

 

 それならbitREALITYで良いのでは?

 

 それに関する回答は明日以降にお伝えします。

 

 電話ですが、すべて投資先にはいろいろ質問して回答を頂きまして選んでおります。もちろん、財務もすべて検討した上です。そういう意味で、選べる今の環境を感謝してます。デフォルトが起きないのが一番ですが、デフォルトが起きても大丈夫な会社は素晴らしいですね。

 

私の考えが正しいかどうかわかりませんが参考にしていただければ幸いですね。

 

最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

 

SL第二幕! 日本ファンディング株式会社誕生!!

f:id:ZiLchan:20210124083535p:plain

  1. 初めに

  2. Jトラストの動き

  3. 考察

1.初めに

SLが生まれて7,8年が経ちました。

 第一幕は、主役がmaneoで第二種金融商品取引業を武器にmaneo-familyを集め、一時代を築きました。当時このブログ村も平和な世界で、ブロガー同士も友達のように語り合い、私も一読者として参加させていただいてました。

 その後、リファイナンスを禁止すると金融庁が決定してからSLの嵐が突然吹きました。なんと、maneo-familyの内何社かは架空の案件に出資させ、maneoもスルーさせていたことがわかりました。そして、そのmaneo自体も100億以上の遅延を生むとんでもない世界に変化しました。

 

 現在、貸出先の可視化という当たり前のことをすることで、上場企業が運営会社をするSLや不動産CFが出現して、現在投資する方は以前より安全性が高くなったと思っているのではないでしょうか?

 コインには裏表があるように、すべての面に裏表があります。上場企業、キャンペーンや利回り、保証という良い面だけ見るのでなく、思惑や財務や裏の面まで投資家が考えなければまた同じ轍を踏みます。お金が絡む以上、私が認識したのは金儲けの為に人は変わるということだけです。

 

2.Jトラストの動き

 昨日、LCレンディングから突然メールが来て、大家.comの投資家登録の案内が来たことをお伝えしました。

 

www.zilchan.com

  

 読者の方から、ご助言を頂き他のブロガーさんがきれいにまとめたものを紹介して頂きました。

 以下、リンクを紹介します。

 

asean-info.net

小心タロウさんの私と違って、素晴らしいブログですね。

 

内容が少々重複しますが、お付き合い頂ければ幸いです。

 

私は、JトラストのIRを中心に流れを確認しています。

少々見方を変えてます。そういう考えもあると思っていただければ。。。

 

 Jトラストの動きを簡単にまとめました。

SAMURAI&J PARTNERS<4764>筆頭株主の藤澤信義氏の個人持株会社NLHD、業務改善を目指すmaneoマーケットを買収した。

【M&A速報:2019/09/18(1)】ソニー<6758>、サードポイントの半導体事業スピンオフ提案に反対 | 企業情報FISCO より抜粋

 

maneo マーケット株式会社(本社:東京都千代田区代表取締役:安達義夫、以下「当社」)は前代表瀧本憲治氏が保有する当社株式持分の全てを、NLHD 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役藤澤信義、以下「NLHD 社」) に売却することを本日開催の取締役会におい承認しましたのでお知らせします。今後更なる業務改善・投資家保護推進の為、NLHD 社および NLHD 社が株式を保有する J トラストグループ、SAMURAI&JPARTNERS グループと連携ながら業務を遂行してまいります。

https://cdn.maneo.jp/material/fund/news/20190917.pdf

より引用

 

これによりJトラストから

藤澤信義氏、佐藤友彦氏、藤原治氏をマネオマーケットの取締役に送り込みました。

 

この時点で

SAMURAI&J PARTNERS 現Nexus Bank<4764>

マネオマーケット and マネオ

の実権をJトラスト(藤澤信義氏)が握れることになった。

 

 

Jトラストは、昨年11月20日グロームHD(3938)傘下のLCレンディングを、Jトラストの子会社に買収させ、日本ファンディングに改名した(2020年12月1日)

www.jt-corp.co.jp

 

Jトラストは、完全連結会社に

①日本保証株式会社 : 信用保証/消費者・事業者向け金融事業

②パルティー債権回収会社 : 債権回収業

日本ファンディング株式会社 : 金融二種業システム開発

があります。

 

このことは、自社でSL商品を投資家に売り出し、自社で保証して万が一回収が困難になったら、自社で売却して債権回収できるということです。

 

 どう思われますか?????

 

 債務保証残高は、無担保貸付に対する保証では13,305百万円、有担保貸付に対する保証では不動産担保ローンや、クラウドファンディングを通じた保証が増加したことにより197,399百万円となり、債務保証残高の合計で
210,705百万円となりました。

 JトラストIRニュースより抜粋(URLは下記)

https://media.jt-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/12160239/20201112_tan.pdf

 

債務保証残高は2107億500万円

一方自己資本962億1500万円、有利子負債709億7200万円で

自己資金ー有利子負債=252億4300万円

 

債務保証残高はうなぎのぼりですね。

 

今や

SAMURAI FUND : SAMURAI&J PARTNERS(4764)

大家.com : プロスペクト(3528)

cool : ZUU(4387)

pocket funding : ZAIZEN

CAMPFIRE Owners : CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL

のファンドに日本保証が入ってます。

 

SLの第二幕が始まろうとしてます。

 

Jトラストは、自ら第二種金融取引業を持ち、自社で保証、回収業者を有する。

更に、日本保証を軸に5社のSLや不動産CFに参入してます。

そして今回のLCレンディングの投資家への参加要請

 

日本ファンディングはどのような活動をされるのでしょうか?

 

3.考察

 

 表を見れば、日本保証を核としてこの業界の一大勢力になるでしょう。

 

 ただ、投資家は裏も考えないといけないですね。

 

① 裁判の行方

GLがタイにおいてJトラスト社並びにJTrust Asia Pte. Ltd. とその役員である藤澤信義並びに足立伸に対して9130百万タイバーツ(約308億円)の損害賠償を求めて提訴

prtimes.jp

 Jトラストが、タイのGroup Lease PCL(以下、当社またはGL)社から308億円の損害賠償を求められた訴訟が起こってます。

 

②決算単信

f:id:ZiLchan:20210124091341p:plain

近々のJトラスト決算短信 IRから抜粋

 現状、Jトラストは、赤字の会社です。


 ③債務保証残高の増加

 

債務保証残高は2107億500万円

一方自己資本962億1500万円、有利子負債709億7200万円で

自己資金ー有利子負債=252億4300万円

 

 もちろん債務保証の増加は、何もなければ利益の増加につながります。保証会社ですので、営業の為に債務保証の増加は当然の流れです。

 

 このSL第二幕はどうなるでしょうか?

 

 Jトラスト及び日本ファンディングが、SL第二幕の台風の目になることは間違いなさそうです。

 

 投資家として大事なことは一つ、考えて投資することだけです。

 

 人の情報でなく、ご自身で調べられて投資をする。SLや不動産CFの投資も株の投資も何も変わりません。大事なお金ですからね。

 

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

 

LCレンディングから、大家.comの会員募集メールが来た???何故だ?!

f:id:ZiLchan:20210122202438p:plain

  1. 初めに

  2. LCレンディングからのメールで、なんと大家.comの会員募集が来た???

  3. 考察

1.初めに

長らくLCレンディングとはご無沙汰で、maneo familyで完済してくれた良い会社でした。メールが来たので、読んでみたら驚きました。

 

2.LCレンディングからのメールで、なんと大家.comの会員募集が来た???

 メールから

いつもLCレンディングをご利用いただき、誠にありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不動産投資型クラウドファンディング「大家 .com」(オオヤドットコム)のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素はLCレンディングをご利用いただきましてありがとうございます。

今回は、株式会社グローベルスが運営をする不動産特定共同事業法に基づく不動産投資型
クラウドファンディング「大家 .com」をご案内させていただきます。

「大家 .com」とは不動産投資型のクラウドファンディングであり、
一口1万円から大家になろうをコンセプトにした不動産投資の新しい仕組みとなります。

このたび、「大家 .com」の2号案件リリースに合わせて、LCレンディング投資家様専用の
「大家 .comかんたん会員申込ツール」の提供を開始いたしました。

本ツールは、LC投資家の方が、ログインページ内から、「大家 .com会員申込」ボタンを
押下し、追加情報を入力するだけで、かんたん・便利に、「大家 .com」への会員申込が
できる仕組みです。この機会にぜひご活用ください!

不動産投資型クラウドファンディングを詳しく説明しております動画をご覧頂ければと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=G_x0n8Xhxk8

ぜひこの機会に「大家 .com」の新規口座開設をご検討ください!

 

 大家.comの親会社は、プロスペクト(3528)だ。

 

 何故、こんなメールが今時に?

 

 接点はどこかと考えてみた。

 

3.考察

 

 キーワードは、日本保証これで流れが読めました。

 

 もしかしたら、ソーシャルレンディングのM&Aが起きるかもしれませんね。

 

 今度まとめて、記事にします。ちょっと時間がかかりそうです。

SLと不動産CFにおけるコアとサテライトという考え方

f:id:ZiLchan:20210119203024p:plain

コア&サテライト戦略で運用する | 中京銀行 (chukyo-bank.co.jp)から抜粋

1.初めに

2.SLと不動産CFにおけるコアとサテライトという考え方

3.考察

1.初めに

 株や債券の世界では、コアとサテライトという運用の考え方がよく議論されます。たとえば、全部を100とすると

 

世界株式40%世界債券40%世界REIT10%金10%というポートフォリオがあったとしたら、世界株式、債券がコアで世界REIT、金がサテライトとなります。

 

他の例では、債券で

米ドル債80%、トルコ国債10%、ブラジル国債10%としたら

米ドル債がコアで、トルコ、ブラジル国債がサテライトになります。

 

分け方は、安定なものがコア、冒険するのがサテライトと言った意味が多いですね。

 

2.SLと不動産CFにおけるコアとサテライトという考え方

 私の場合、コアは信頼している業者、サテライトはまだ信頼までいっていない無い業者になります

 今やソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングの業者は20近くあります。何人かのブロガーは、全業者投資をしてますがそれはアフィリのためにやっているので参考になりません。

 

 私は、7年この世界にいて痛い思いもしたので債権のように安全な業者は基本的にこの世界ではないと思ってます。

 リスクのある世界で、信頼というキーワードで絞って業者を決めてます。但し、利回りも大事な要素なのでそれを加味しているのも確かです。

 

www.zilchan.com

 

 分散から言えば、同額で複数の会社に投資するイメージですが私の中では、ほかの方も多いと思いますが、SBISLとCrowd Bankは現時点で他の不動産クラウドファンディングや新興のソーシャルレンディング会社よりも別次元の信頼を置いています。

 

 これは、言うまでもなく今までの実績です。

 

www.zilchan.com

 

 SBISLとCrowd Bank2社でソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングへの全投資額の7割を投資してます。私は、この2社をコアと決めてます。

 

 サテライトとしては、CREAL, TREC FUNDING, J, Lending, OwnersBookです。Jointαも入れる予定です。CREAL以外は、親会社の財務も見てますし電話をかけて上の方と深く話し合って決めてます。

 サテライトはさらに増えるかもしれませんね。

 

 投資に絶対はありませんが、前回の痛い目にあった時のように一元的な会社や財務が悪いあるいは開示できない会社には投資しません。

 

 FANTAS FUNDINGは、会社として興味を持っているので少し入金してます。

 

3.考察

 いつも言うように私のやり方が正しいかどうかわかりません。将来が決めるでしょう。

 今後例えば太陽光の案件が減ってきたときに、サテライトの一つがコアに昇格するかもしれません。不動産の案件に限れば、Crowd Bankがほかのサテライトの会社より優位であるとは思ってません。やはり、開示情報は他の会社の方がオープンだからです。

 

 SBISLだけは付き合いが古いので別扱いです。

 

 ポートフォリオは時間とともに変わります。現時点の考え方なのでそれを加味して参考にして頂ければ幸いです。こういう考えがあるんだなぐらいが丁度いいです。

 

 ご自身の大切なお金はご自身で十分に注意して管理して頂ければと思います。

 

最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

 

 

Crowd Bankがとうとう1ロット5億5千万で募集をかけてきた!!まだ、残あり!18:49

f:id:ZiLchan:20210119075758p:plain

  1. 初めに

  2. Crowd Bankがとうとう1ロット5億5千万で募集をかけてきた!!

  3. 考察

1.初めに

本日18時半から募集が始めった。2件どちらも太陽光

①5.2% 14カ月 1億3200万円

②5.1% 6か月 11億円

 

2.Crowd Bankがとうとう1ロット5億5千万で募集をかけてきた!!

以前、Crowd Bankはワンロット3000万円から5000万で募集するということを書きました。

 

www.zilchan.com

 

 ですが、もう通用しなくなってました。

 

今日は、なんとCrowd Bankがとうとう1ロット5億5千万で募集をかけてきました。

f:id:ZiLchan:20210121184345p:plain

今日の案件

①5.2% 14カ月 1億3200万円の案件は1分で終了

 

②5.1% 6か月 11億円はワンロット5.5億円です。驚きです!!

現在13分立ってますが、50%くらい埋まってますね。

 

私の方は無事投資ができました。

f:id:ZiLchan:20210121184558p:plain

今日の投資

 

3.考察

 まさかでしたね。

 もはやSBISLです。でもサーバーが軽いので助かりました。もはや、前回報告した投資法は通用しません。

 でも、Crowd Bankの強さは健在ですね。

 

 これでお蔭様で、Crowd Bankの残金ゼロです。

 

最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

このSLの世界に来たばかりの人は、為替リスクアリの物件には投資しないほうが良いと思います!!

f:id:ZiLchan:20210121120806p:plain

米ドル/円の一年チャート SBI証券HPより転記

1.初めに

2.この世界に来たばかりの人は、為替リスクアリの物件には投資しないほうが良いと思います。

3.考察

1.初めに

f:id:ZiLchan:20210121120806p:plain

米ドル/円の一年チャート SBI証券HPより転記

上記チャートは、米ドル/円の一年チャートです。

これを見て、どう感じられますか?

 

2.この世界に来たばかりの人は、為替リスクアリの物件には投資しないほうが良いと思います。

 一年前は1ドル112円今は103.5円ですね。

 チャートを見ればよくわかりますげ、きれいに平均移動線に沿って右肩下がりです。

 

 この一年、米ドルでのソーシャルレンディングに投資した人は全員負けです。

 

 為替ヘッジをするなど特別なことをしない限り100円を切るという流れがあるのは、大体のコンセンサスですね。

 

media.rakuten-sec.net

 

上記は楽天証券の記事ですが。100円を切る記事は嫌ほどあります。別に私が特別な話をしているのではありません。

 

 

f:id:ZiLchan:20210121122145p:plain

所有の米ドル債

 私は、上記の米ドル債券を持ってます。今の利回りは1%でしたが私は4.5%前後の利回りで購入してます。

 買ったとき(2020年4月)では、一ドル110円くらいですね。

 

 現在の基準では、2年分の利益が飛んだことを意味します。

 

 この社債はまだ5年あるいので、1ドル80円以上は利益が出るので、納得してます。

 ただ、ソーシャルレンディングの外国の案件のリスクは、私が持っている外債のリスクの比でなく高いのでそれを加味しても投資しないほうが良いと思います。

 

3.考察

 

 為替リスクは、用心されたほうが良いと思います。

 

 外国の案件が、日本の案件より利回りが高く設定できるのは、インフレ率、政策金利や貿易黒字か赤字かいろいろな要素が絡むから相対的に高い。

 

 しかも、ガイヤのデフォルトの件でもわかりますが、相手が外国では取り返すときのリスクも大きいです。

 

 外国のヘッジ無しの案件を、日本の案件と同じように簡単に投資しているブロガーさんはいますが、リスクを言わないブロガーさんはアフィリの為に全投資していると考えたほうが良いと思います。

 

 この記事も含めて私の意見が正しいかどうかわかりません。ですが、為替リスクに関しては勉強されたほうが良いと思います。

 

 Crowd Bankの為替ヘッジ無しの外国案件がなかなか埋まらないのは、みな為替リスクがわかっているからです。特に、新興国の債券やソーシャルレンディングのファンドは、私は絶対買いません。

 

 過去に、トルコ、ブラジル、南アフリカ国債で痛い目に合ってますから。

 

 参考にしていただければ幸いです。

 

 一つだけ付け加えますが、将来の日本が破綻したり、高インフレになることのヘッジで外貨を持つという意味で、外貨の債券や商品に投資するのであればOKです。

 私の債券投資は、上記の考えの為に買ってます。

 

最後までお付き合いくださり有難うございました。

CRE Funding 新規案件の報告 初参戦します!!

f:id:ZiLchan:20210121125847p:plain

CRE FUNDING

1.初めに

CRE Fundingから新案件が出ました。

利回りが2.8%ですが、キャッシュバックキャンペーンがあり利回り3.8%になるので参戦することにしました。

初参戦です。

 

2.CRE Funding 新規案件の報告 初参戦します!!

f:id:ZiLchan:20210121130141p:plain

ファンドの内容

1月27日19時から

2億5500万円の案件です。

f:id:ZiLchan:20210121130457p:plain

キャンペーン延長

キャッシュバックキャンペーン期間延長のお知らせ~ファンド投資金額の1.0%をキャッシュバック~ | FUEL株式会社 (fuelgr.co.jp)より抜粋

 キャンペーン延長で利回りが初年度3.8%、2年目2.8%になります。

 平均3.3%ですね。

 

 親CRE(シーアールイー)(3458)

東証一部の上場会社で時価総額357億PER12.4倍PBR1.66倍

f:id:ZiLchan:20210121130910p:plain

シーアールイーの一年チャート SBI証券から抜粋

他は、鍵コメで書けませんが、保証の件で判断しました。

 

3.考察

 ①基本的に4%以下は投資しませんが、不動産に偏っているポートフォーリオに物流を入れること。

 ②親会社の安定性

 SBIには及びませんが、時価総額ではトーセイ(577億)の次なので信用します。

 ③シーアールイーの保証案件ということ

 

 

取り敢えず、私の私見ですので各自で判断してくださいね。

 

最後までお付き合いくださり有難うございました。