ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

楽天LIFULL STAYは、「NEXUS BANK」と提携を解消しCREALを選んだ?

楽天LIFULL STAY株式会社 | LinkedIn

  1. 初めに

  2. 楽天LIFULL STAYは、「NEXUS BANK」を蹴ってCREALを選んだ!

  3. 考察

1.初めに

 楽天LIFULL STAYは、CREALのファンドとしてよく見る事業者ですね。

f:id:ZiLchan:20210721195807p:plain

https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/about.htmlより抜粋

事業内容は、宿泊民泊予約事業と宿泊施設、民泊施設運用代行事業だと記載されてます。

ひとつ面白いのは

楽天LIFULL STAYは、「楽天」と日本最大級の不動産、住宅情報サイト「LIFULL HOME’s」との共同事業会社です。

 

 びっくりしたのは「LIFULL Social Funding」というのがありました。

recrowdfunding.lifull.jp


 その中で、いろいろなSLや不動産CF会社の募集要項を紹介してますね。

 

2.楽天LIFULL STAYは、「NEXUS BANK」と提携を解消しCREALを選んだ?

 楽天LIFULL STAYのIRを見ていきました。

楽天LIFULL STAYとブリッジ・シー・キャピタル、宿泊施設の開発・運用で業務提携」

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)と株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(本社:東京都中央区代表取締役社長:横田 大造、以下「ブリッジ・シー・キャピタル」)は、本日2020年9月18日(金)に楽天LIFULL STAYが運営する宿泊施設の開発・運用に関する業務提携契約を締結しました。

、「NEXUS BANK」と提携を解消しCREALを選んだ?

corp.rakuten.co.jpより抜粋

 2020年9月にCREALの親会社「ブリッジ・シー・キャピタル」と業務提携を発表してます。

 

 それとは別に

楽天LIFULL STAY株式会社との業務提携の解消に関するお知らせ」で

 当社は、2018年6月29日付「楽天LIFULL STAY株式会社との業務提携に関するお知らせ」にてお知らせしました、楽天LIFULL STAY株式会社(以下、「楽天LIFULL STAY」といいます。)との業務提携(以下、「本業務提携」といいます。)につきまして、本日解消することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

https://www.nbank.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/2021032901.pdfより抜粋

 

 わからないのは、楽天LIFULL STAYからこの発表はありませんでした。上記発表は「NEXUS BANK」側からの発表でした。

 

3.考察

 NEXUS BANK側が楽天LIFULL STAYとの提携を解消しているように書いてますが、CREALとの実績はずっとあるので、楽天LIFULL STAYはNEXUS BANKでなくCREALを選んだと私は思ってますね。

 

 わからないのは、楽天LIFULL STAYからのメッセージが出てない点です。形式上は

NEXUS BANKが提携を解消したようになってますが、私的には楽天LIFULL STAYが解消したと考えてます。

 

 楽天LIFULL STAYは、「NEXUS BANK」と提携を解消しCREALを選んだ?理由はなんなんですかね???

 

 何日間に渡り、Jtrustとその関連企業の話をしました。これだけ色々なことが起きてます。あるブロガーは「Jtrust」は安心だと書いてます。

 

 私にはわかりませんが、基本的に「訴訟」なんかと関係ない会社を選ぼうと思ってます。私が書いたのは記事の一部です。どこに投資するのか?何故それを選んだのか、投資家の皆様はみな違うと思います。

 

 いずれにせよ、将来に答えはわかるでしょう。

 

 私は、問題提起になればと思って書いてます。それだけのことです。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

マネオマーケット=クレディアの意味は?

f:id:ZiLchan:20210722082529j:plain

https://www.sl-gakkou.com/detail/4/44.htmlより抜粋
  1. 初めに

  2. マネオマーケット=クレディアの意味は?

  3. 考察

1.初めに

 オリンピックが始まりましたね。開催の賛否はありますが、アスリートに責任は全くないので応援したいと思ってます。時差がないのは良いですね。

 

 さて、今日の話はmaneoの役員の職歴を見て気づいた内容です。

 

 マネオマーケットの現代表取締役は、株式会社クレディアの代表取締役を兼任しています。

 

2.マネオマーケット=クレディアの意味は?

 クレディアは、過去に上場会社だったが民事再生法を申請した会社でした。

 

tukasanet.jp

平成19年9月14日、静岡県静岡市に本店を置く、東証一部上場の消費者金融「株式会社クレディア」が東京地裁民事再生手続きの開始を申し立て受理された。すなわち、事実上の倒産であり、負債総額は757億円とされている。

 

 上記リンクから抜粋

 

 そして、過去に他社から訴訟を起こされてます。

www.jt-corp.co.jp

当社子会社である株式会社クレディア(以下、「クレディア」といいます。)は、平成24年9月3日付で破産者株式会社 SFコーポレーション破産管財人鈴木銀治郎(以下、「一審原告」といいます。)より提起された訴訟につきまして、第一審の判決内容を不服として、平成25 年12月27日付で東京高等裁判所に控訴しておりましたが、平成26年11月26日付で和解が成立いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 上記リンクから抜粋 

 

  Jトラストが、子会社のクレディアへの訴訟案件を和解に持ち込んでます。

 

クレディアは2008年5月22日に民事再生計画案を提出し、債権届出された過払利息返還請求権については①40%の弁済率で一括弁済する。②30万円までの少額債権は全額弁済する。また、債権届出ができなかった債権者も届出がなかったことによって失権することはなく、利息返還請求権が再生債権として確定すれば同様に弁済することを発表した。

その後、支援先スポンサー企業をかざかファイナンス(現Jトラスト)と締結、クレディアを吸収分割による契約により、2008年10月1日付で全事業をフロックスに譲渡した。

クレディアの法人格はその後も存続し、2012年にフロックスを存続会社としてフロックスとクレディアが合併し[3]、フロックスの社名をクレディアに変更した[4]。

クレディア - Wikipedia より抜粋

 

2012年7月13日 - Jトラストがクレディアの親会社であるネオラインホールディングスの株式を取得し、クレディアはJトラストグループ入り
2015年4月1日 - Jトラストがクレディアの全株式を売却(相手先については非公開)

クレディア - Wikipedia より抜粋

 

 クレディアは、わずか3年しかJトラストグループに入ってません。しかしながら、

マネオマーケットの現代表取締役は、株式会社クレディアの代表取締役を兼任しています。

 

 現在、マネオマーケットはJトラストと業務提携をしております。(2019年9月~)

当社子会社によるmaneoマーケット株式会社への業務支援に関するお知らせ | J Trust株式会社

併せてJトラスト及び当社子会社の役職員がmaneo社等の役員を兼務することが内定いたしましたのでお知らせいたします。

 

 そして、役員をマネオマーケットにも送り込んでますね。

マネオマーケットとJトラストとクレディアも関係はどうなっているのでしょうか?

 

 ちなみにクレディアは、2017年からニュースリリースが更新されてませんね。

www.credia.co.jp

 

クレディアは、今何をやっているのしょうか?

3.考察

 Jトラストは、消費者金融商工ローンなどで倒産した有名企業や上場企業を買収して事業拡大している会社ですね。

funshoku.blogspot.com

 

 日本保証は、過去に武富士を吸収合併しています。

 Jトラストは将来「正義の味方」になるのか、その反対になるのか私にはわかりません。

 

 ただ、maneoに代わるソーシャルレンディングの一つの核になるのは確かです。

 

 

 私は、将来Jトラストがどうなっていくのか?期待を持って、見守りたいと思いますね。

 

 Jトラスト周辺の会社を調べると感じるのですが、社名をどんどん変えてますね。それと訴訟が多いのが気になりますが。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

 

日本ファンディング:自社でなく他社から発進!何故だ?

 

f:id:ZiLchan:20210723090839p:plain

https://www.nihon-funding.co.jp/より抜粋
  1. 初めに

  2. 日本ファンディング:自社でなく他社から発進!何故だ?

  3. 考察 

1.初めに

 

www.zilchan.com

  半年前の記事で日本ファンディングが、SLの目玉になるのでないかという記事を書いた。それから半年、目立った動きはなかったが。。。。

f:id:ZiLchan:20210723084410p:plain

https://www.jt-corp.co.jp/company/group/より抜粋

日本ファンディングは、日本トラストの子会社ですね。

自社で金融第二種を持っているのでファンド組成が可能ですね。

しかしながら、日本ファンディングの主要な投資サイトはまだありません。

 

そんな中他社で見つけました。

 

2.日本ファンディング:自社でなく他社から発進!何故だ?

 ZUUが行っている「cool」でした。

f:id:ZiLchan:20210723085214p:plain

https://c8l.jp/investment/fund_list.htmlより抜粋

 

 現在募集中の「ROBOT HOUSE」ファンドです。

f:id:ZiLchan:20210723085525p:plain

https://c8l.jp/investment/investment_entry.html?fund_id=10より抜粋

日本ファンディングに対する貸付の案件ですが、日本保証案件ですね。

 

www.zilchan.com

  この案件は、Jトラストがcoolを通して自社が要したファンドを売り出してます。

 

 大事な点は、自社「日本ファンディング」で売り出せるファンドをわざわざ[

cool」を通して売り出している点です。

 

 ZUUは、基本金融関係の会社で不動産会社ではありません。そこで、Jトラストが自社で組成できるファンドをわざわざ「cool」を通じて売っているのです。そこには運営手数料が○○%当然乗ってます。

 

 簡単に言うと、自社ファンドをcoolという中間会社を通して販売するという手法を取っているように思いますね。

 

 投資家側から考えると、貸出金利はcoolを通した分上乗せされている。逆に言えば、「投資家が享受できる利回りが減っている」と考えられなくもないですね。

 

3.考察

 このように、SLや不動産CFの世界には各会社の思惑が載ってます。単に事業者が組んだ「ファンド」に投資家が投資して、利金をもらうという単純な構図ですが。

 

 深く読んでいくと案外面白いですね。

 

 日本ファンディング:自社でなく他社から発進!には、Jトラストの思惑があるんでしょうね。

 

そうそう

f:id:ZiLchan:20210723092605p:plain

https://owners.camp-fire.jp/fundsより抜粋

 日本ファンディングは、同じようなファンドを「CAMPFIRE OWMERS」を通しても売ってました。

 「CAMPFIRE OWMERS」も「ZUU」と同様に不動産は素人です。日本ファンディングは、自社でなく2社の他社のチャンネルで自社が用意したファンドを売るんでしょうか?まだまだ、チャンネルは増えそうですね。
 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

日本保証の実質手数料は3%????

f:id:ZiLchan:20210721075716j:plain

  1. 初めに

  2. 日本保証の実質手数料は3%????

  3. 考察

1.初めに

 3日間「日本保証」を中心に記事を書いてます。投資家の皆様に考えるきっかけになればと思います。

 JトラストのIRをずっと見るといろいろなことが浮かんできます。企業としてソーシャルレンディングの一つの核となるのは明らかですね。

 

 今日もJトラストのIRの中で見つけたものです。

 

2.日本保証の実質手数料は3%????

財全グループとの業務提携及び
株式会社財全ソリューション、株式会社ビジネスアシストとの保証提携について

https://www.nihon-hoshou.co.jp/news/pdf/20201221_01_pr.pdfより抜粋

財全グループは「Pocket Funding」を運営している事業者です。その「取引商品概要」からの抜粋です。

f:id:ZiLchan:20210721080759p:plain

 上記の「取引商品概要」では、日本保証の融資事務手数料は3%以内と書いてます。

 

逆に言えば、3%ZAIZENは、日本保証にファンドごとに払わないといけないということになります。

 

 「Pocket Funding」は、大体5~6%でファンドを組んでます。ということは、実際の貸出金利は最大8~9%ということになりますね。

 

 他の事業者との業務提携では、日本保証の融資事務手数料は書いてませんでした。ソーシャルレンディングや不動産CFの投資家への平均利回りは4%前後でしょうか?その場合の+3%の影響はどこに行くのでしょうか?

 

 要は、「Pocket Funding」の5%と例えば「ぼちぼちファンディング」の5%とは、中身が違うということを理解する必要があります。「日本保証」は、買取を保証してくれると書いてます。そのコインの裏表をどう考えるかですね。

 

3.考察

 現在「日本保証」と提携しているSL、不動産CFは

 SAMURAI funding(親会社Nexus Bank)、CAMPFIREのクラウドファンディング、cool(親会社ZUU)、大家.com(親会社グローベルス)、Pocket Funding(親会社財全グループ、FUNDROP(運営会社ONE DROP INVESTMENT)、TOMOTAQU(運営会社イーダブルジー

これから先増えてゆきますね。

 

 基本的に私が投資することはないのでどうでも良いことですが、投資する方はいろいろ考えて投資されることを願いますね。

 

 日本保証が「保証」してくれる安心と思っている人も多いと思いますが、買取保証です。投資額をそのまま保証するとは書いてません。それとは別に、日本保証を通すことで事業者は手数料を払う必要があります。それは、事業者の営業利益が減ります。

 

 不動産に関係ない会社が、突然SLや不動産CFができる理由は、日本保証がJトラストを通してHow toを教えているからだと推測してます。

 

 それ自体問題ありません。営業ですから。でもその先はどうなるのか?私は興味を持って、傍から見ていますね。

 

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

OBに蹴られて、CREALをスルーしてもCBが来てくれました!

f:id:ZiLchan:20210721191052j:plain

  1. 初めに

  2. OBに蹴られて、CREALを無視してもCBはやはり良いですね!

  3. 考察

1.初めに

 

www.zilchan.com

  OwnersBookの「荒川区マンション第1号第1回」は競争率4倍でした。案の定「落選のお知らせが。」この時点で次回案件の案内はなかったですね。

f:id:ZiLchan:20210721191520p:plain

https://www.ownersbook.jp/project/index/all/1/1から抜粋

 現在56214万円のキャッシュがOwnersBookのデポジットに寝てますね。すごい数字です。次回案件はどうなるのでしょうか?月曜まで発表がなければ出金する予定です。今後は、先着順だけの時に入金するでしょうね。

2.OBに蹴られて、CREALをスルーしてもCBが来てくれました!

 

f:id:ZiLchan:20210721191945p:plain

https://creal.jp/fundsより抜粋

 数か月前なら、絶対投資しているCREALも4.5%で劣後出資5%だと「よりマシな事業者は複数存在しますね」

 というわけで、26日募集案件もスルーします。

 

f:id:ZiLchan:20210721192334p:plain

https://crowdbank.jp/funds/search/より抜粋

 CBから「中小企業支援型ローンファンド」が来てくれました。「5.1%」8か月

担保も質券設定で問題ないと判断しました。(詳細は書けません)

f:id:ZiLchan:20210721193652p:plain

マイページから抜粋

 30万円の投資です。

 

追記:8時半でもまだ投資できますね!
 

3.考察

 OwnersBookやCrowdBankは突然来ますね。そういう意味では、キャッシュが常時あることが必要ですね。

 今回のような担保ならCrowdBankの案件に安心して投資できると思ってます。

 

 SBISL事件で、CrowdBankも漸減のフローでしたが、やはり上場企業と同じ柱になりそうです。SPCでなく、担保がしっかりしている事業は私の投資対象になりそうです。

 

 CrowdBankの投資したファンドは恐らく1時間はかかるでしょうね。

 

 CREALをスルーできる投資環境を感謝してます。CREALが悪いわけではありませんが、「よりマシな会社」はいっぱいありますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

大家.comの親会社「プロスペクト」社名を変えていた!偶然か?必然か?

f:id:ZiLchan:20210721064807p:plain

  1. 初めに
  2. 大家.comの親会社「プロスペクト」社名を変えていた!偶然か?必然か?
  3. 考察

1.初めに

 (株)プロスペクトは12日、7月1日付で商号を(株)ミライノベートに変更する。

 今後の事業拡大に当たり、連結子会社における不動産事業、 再生可能エネルギー事業、 投資運用事業などに対する企業姿勢を新社名で示すのが目的。 新社名の「ミライノベート」には「未来にわたって革新・ 挑戦を継続する」意味を込めたという。なお、 本店所在地も東京都渋谷区から、東京都品川区に変更する。

 2021年6月29日開催予定の株主総会において正式決定する。

  プロスペクトは、今月ミライノべートに変更されてます。

 

 これ自体別に問題ありません。

 

2.大家.comの親会社「プロスペクト」社名を変えていた!偶然か?必然か?

 

www.zilchan.com

  先月プログに書きましたが、

神奈川県逗子市で昨年、建物下の斜面が崩れ女子高生が死亡する事故のあったマンション住民が、建築前の調査で斜面の風化や一部崩落が判明したのに告知せず販売したとして、売り主らに損害賠償を求め横浜地裁に提訴したことが17日、分かった。

 提訴は今年4月。住民側は「プロスペクト(旧グローベルス)」(東京都)が説明を怠ったため、事故後の土砂の処理や復旧工事などの負担が生じたとして、同社などに計約9600万円の損害賠償を求めている。住民側が調査を把握したのは事故後で、結果に基づいて斜面を適切に管理していれば、事故は防げたと主張している。

 プロスペクトの管理責任に関する提訴がされたニュースがでました。

 提供元はロイターでした。

 上場会社ですから、ロイターが出したのでしょうか?

 

3.考察

 不動産事業者の不祥事は、全国で続いてます。

かぼちゃの家、スルガ銀行TATERUレオパレス

 

 一方、社名を変える理由もいろいろありますね。

 

 私には、「プロスペクト」の社名変更のタイミングとロイターの「プロスペクト」への提訴の記事のタイミングの一致が気になってます。

 

f:id:ZiLchan:20210721072212p:plain

SBIHPより抜粋

 株価は上記です。

 プロスペクトの株主優待

 100株:2900円で「大家.com」で1%のキャッシュバックがあるというものです。

  2900円で1%もらえるとアフィリブロガーは叫んでますが、私は????ですね。逆に「何かあるかな?」と感じてます。

 OwnersBookの株主優待を考えればわかると思いますね。

 

 プロスペクトは、2020年にJトラスト代表取締役社長最高執行役員を取締役に起用してますね。

 そして、プロスペクトの子会社の株式会社オータスがJトラスト株式会社からNexus Bank株式会社(SAMURAI Fundingの親会社)の新株予約権50,000個を取得してます。

www.jt-corp.co.jp

 上記が私が調べた範囲の「プロスペクト」の記事です。昨日のブログでも書いたのですが、「日本保証」と提携しているSL或いは不動産CF会社は、Jトラストといろんな面で繋がってゆきます。

 これがJトラストの思惑かどうか?どうなんでしょうかね?

 

 大家.comの親会社「プロスペクト」社名を変えていた!偶然か?必然か?どちらですかね?

 

 調べてみると色々わかってきますね。

  

速報:利回り不動産の告知です!+1%ワイズコインです。

f:id:ZiLchan:20210721085817p:plain

https://rimawari.co.jp/investment/fund_list.htmlより抜粋
  1. 初めに

  2. 速報:利回り不動産の告知です!

  3. 考察

1.初めに

 利回り不動産からニュースが飛んできました。

 久々の先着順です。個人的にはやったーですね。

2.速報:利回り不動産の告知です!

f:id:ZiLchan:20210721090113p:plain

https://rimawari.co.jp/investment/investment_entry.html?fund_id=8より抜粋

 8月10日12時より

 募集金額:8550万円

 利回り:5.5% 12か月の案件です。

 先着順 劣後出資10%ですね。

f:id:ZiLchan:20210721090426p:plain

https://rimawari.co.jp/investment/investment_entry.html?fund_id=8より抜粋

 上記が地理情報です。

 今回のファンドの利回りは

 5.5%+ワイズコイン1%となってます。
 

3.考察

 やはり、先着順が良いですね。もちろん参戦ですね。

 抽選は当たったことはありません。

 

 OwnersBookは、どうでしょうかね?今日が抽選です。

 

www.zilchan.com

 

 

 一応情報提供です。