ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

またもや募集のお知らせです!crealからですね!

f:id:ZiLchan:20210218110954p:plain

  1. 初めに

  2. crealからもお知らせですね!

  3. 考察

1.初めに

 先ほどOwnersBookの案内を出しましたが、1時間立たないうちにCrealからも案内が来ました。

2.crealからもお知らせですね!

f:id:ZiLchan:20210218111620p:plain

 何も書いてませんね。

 

大型案件3月上旬募集だそうです。

 

3.考察

 先ほども書きましたが、将来償還されるであろうSBISLの償還金の分散にこう募集案件が続くと助かります。

 

 私の中ではcrealは、上場していないので信頼度はよくわかりませんが、協業業者の内容によって選択しております。

 

 内容を見て、投資の可否は決める予定です。

 

 Fantasは、パス。CRE FUNDINGは考慮中です。

 

最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

OwnersBookからのお知らせです。もちろん参戦します!

f:id:ZiLchan:20210218095652j:plain

  1. 初めに

  2. OwnersBookからのお知らせです。 参戦します。

  3. 参戦します。

1.初めに

 SBISLの償還の件、良い感じに処理してほしいですね。

 OwnersBookから案件が出ましたので、ブログに載せて起きます。

 

2.OwnersBookからのお知らせです。 参戦します。

f:id:ZiLchan:20210218100407p:plain

OwnersBookの案件

渋谷区広尾の商業ビル

36000万円のシニアローンです。

完成後の転売による元本の返済が条件になります。

LTV:74.5%

 

募集日時:本日18時から募集です。

 

3.考察

 OwnersBookへの投資なので参戦します。

 将来SBISLとCrowdBankの投資額を割り振る必要があるので、ゆっくりと分散していきます。

 

 本件は、商業施設であることが一つのリスクになります。2年後なのでコロナは共存していると判断してリスクはありますが参戦します。

 シニアローンであることは、良かったと思ってます。メザニンよりもリスクは低いですから。

 

取り敢えず、規模が大きいのでクリック合戦にはならないでしょうね。

 

 私見ですので、各自でご判断を。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

超速報!SBISLからメールが来ました。

f:id:ZiLchan:20210208165419p:plain

  1. 初めに

  2. 超速報!SBISLからメールが来ました。

  3. 考察

1.初めに

速報なので、内容だけお伝えします。

 

2.超速報!SBISLからメールが来ました。

先ほどSBISLからメールが来たので、添付いたします。

f:id:ZiLchan:20210217183556p:plain

SBISLからのメール

1.第三者委員会の設置

2.対象ファンドの業務執行者として通常求められる善意注意義務を十分に果たしていなかった。

3.対象ファンドの未償還元本の償還を含めた対応を検討

4.調査結果について4月中旬を目途に受領、報告予定

 

上記のように、思った展開になりそうです。

 

善管注意義務「善良な管理者の注意義務」の略で、業務を委任された人の職業・専門家としての能力・社会的地位などから考えて通常期待される義務を負う、という意味です。 民法644条には「受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」と定められています。

ということらしいです。

uchicomi.comy

より引用

 

3.考察

 

www.zilchan.com

 

 前回の記事が現実になりそうです。

 

 さすがSBISLですね。でも今回の件は本当に大事件です。そういう意味では、元金償還で良かった出なく、こういうリスクをもう取らないことが大事ですね。

 

 基本的に、SBISLとCrowd Bankは自然減で、他に振り分けます。

 

 これは私の私見ですので。

 それから、確実に元本が返るとは言ってないので、注意してくださいね。

 

 世の中に「絶対」はありませんから。

 

 

 

 

SBISLに電話しました。投資家の責任について!

f:id:ZiLchan:20210208165419p:plain

  1. 初めに

  2. SBISLに電話しました。

  3. 考察

1.初めに

 SBISL事件は、私の中であってはいけないことであったが、同時に自分の甘さを痛感しました。

 私のブログでミスリードするのもいけないので、SBISL事件がかたづくまでブログは書かないつもりでしたが、今日SBISLに電話して情報を聞いたので共有と事実の記録を残すためにこのブログを書きます。

 

2.SBISLに電話しました。

 本日2月15日14時48分から15時23分までSBISLに電話しました。

 電話対応は黒田さんでした。

 

 「今回の件で投資家の責任はあるのですか」という問いに対して

 「ありません」と言われました。

 

 また、「33号も含めて、今回の利金、元本の償還にSBISLの補填はあったのか?」

 という問いに

 「すべて、投資先からの利払いでSBISLの補填はない」

 という話であった。

 ちなみに「33号は稼働しているのか?」という問いに

 「稼働している」との説明でありました。

 

3.考察

 信じるのか、信じないのかは結果がすべてなので考察できません。ただし、電話対応の方から「投資家の責任はない」と言われたことはうれしかったですね。

 

 SBISLは、投資家に悪いようには動かないと今は感じてます。

 

 但し、これも結果がすべてなので断定はできません。取り敢えず、電話対応はSBISL

の顔なので、そこは一部上場企業信じて待つことにしましょう。

 

決めたこと!

f:id:ZiLchan:20210212074956p:plain

1.初めに

2.決めたこと

3.考察

 

1.初めに

 

www.zilchan.com

 

 人は怪我をすれば、回避行動をとります。とりわけ心にけがをすれば対応を考え直さないと大けがをします。

 

 1回目のソーシャルの嵐が起きたときに、FIREしていた私は2年間の就労を自分に課して損失を補填しました。

 

 2回目の今回、同じ行動はもはやとりません。最大損失は、計算上数百万で現在の不労所得は年150万円は最低あるので、働く必要はないと考えてます。ちなみに家内の就労のおかげで家族としての資産はまだ増えてます。

 

2.決めたこと!

 

① 5、6年を目途にSLや不動産CFから撤退します。

 

② SBISL事件が解決するまで、クラウドバンクへの投資は凍結します。

  案件が飛び火する可能性がありますね。

 

③ 基本的上場系黒字会社のファンドしか投資しません。

 

④ crealのみ対象のファンドに依存します。

 

⑤ SLや不動産CFから引き上げたキャッシュを、別の市場に投資またはキャッシュポジションを市場の下落時の投資の為に上げていきます。

 

3.考察

 もう、代替の投資先には投資を始めてます。市場は常に動いており、投資先は常に変化します。

 

 積み立てNISAやiDECOだけでも、年100万円移せます。それ以外の市場も山ほどありますね。現在SLへの投資額は2500万円なので、毎年300~500万円振り分けるイメージでしょうか。

 

 

 但し、例外はSBISLが無傷で復活した時、SBISL、クラウドバンクへの投資をもう一度考えます。

 

 SLや不動産CFが、正解か不正解かはわかりません。ただ、この世界に投資をした時、

将来「不正」というキーワードで資産が棄損する可能性があることを、今回も含めて過去の事実が物語ってます。

 

 楽な投資というのは、その裏には必ずしっぺ返しがあるということを学びました。そうなったら、本当に人生がある意味再起不能になります。

 

 話は戻りますが、SBISLは本当に無風で終わってくれることを願いますね。

 

 あくまでも、私の私見です。もう参考にしてくださいねとは言えないですね。

 

 SBISL事件は、私の中であってはならないことでしたというよりあるはずないと思っていたほどですから。甘かったです。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

SBISL事件に学ぶべきこと!

f:id:ZiLchan:20210204075442j:plain

  1. 初めに

  2. SBISL事件に学ぶべきこと!

  3. 考察

1.初めに

 他の人のブロガーさんの記事から昨日の記事は、正しそうですね。推測ですが。

 

www.zilchan.com

 

  いずれにせよ、SBISL問題は最後までどうなるのかわかりませんので、投資家は待つしかないですね。

 

2.SBISL事件に学ぶべきこと!

 私自身、ラキバン、maneo familyなどのソーシャルの嵐を受けて2年かかって、資金をこの世界から引き上げてきました。

 

 昨年、コロナがあり絶好の債券、株の買い時がありそちらに全額振り向け債券に関しては満足するポートフォーリオができ、CB債も8桁買って

 ソーシャル:債券:株:CB債=1:1:1:1という良い感じのポートフォーリオができました。その後、株の売り時があり

 

www.zilchan.com

 

 株の売却で、現在のSLや不動産CFのポートフォーリオを作りました。

しかし、私の中で一番信頼していたSBISLで事件が起き、考えを改めることにしました。

 

 2度あることは3度あります。

 そして、今回も含めたリスクは本来のリスクでない恐ろしいリスクですが、この世界にだけ存在することを身に沁みました。

 

 昨日のクラウドバンクは買っておりません。

 

2.SBISL事件に学ぶべきこと!

 この世界にいて、3度目を経験したらもはやバカということになります。基本的に市場には留まるべきという発想ですが、この世界は違うということです。

 

 SBISL事件に学ぶべきことは

 

①今回の件が、SBIHDが親会社でなければもっと悲惨な状況になっていたかもしれません。

 

②SL,不動産CF会社がしっかりしていても、その貸出先が零細であったら同じことが起こる可能性が高くなるかもしれません。

 

③SL,不動産CF会社がしっかりして、貸出先もしっかりしていても内部の者に悪意があれば、我々の投資資金は彼らの懐に入り棄損します。悪意のあるものは逃げ切れる可能性が高いと感じてます。

 

3.考察

 投資には、絶対大丈夫はありません。リスクも存在します。それは当たり前の話で、投資家はそれを加味して投資対象を選びます。

 

 ただ、一般にリスクとリターンは比例しますが、この世界には不正というレベルの低いリスクがあります。それも異常な頻度で起きます。株や債券の世界でないほど脆弱な市場だということです。

 

 チェック機能は存在しません。

 

 この世界で20年30年投資をして、資産を雪だるま式に増やすことは止めた方が良いと考えます。

 

 20年30年投資するのであれば、NISA,iDECOを使った積み立て投資が王道ですよね。私もNISA,iDECOは当然やってます。

 

 恐らくSBISLはSBIHDの子会社で良かったなという日が来ると期待してます。ですが、この世界の不正を防ぐ手段はありません。

 

 あるとすれば、この世界に入らないという選択だけです。

 

 私も、ポートフォーオの変更を行っていきますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

FACTA onlineの記事が仮に事実として

f:id:ZiLchan:20210210092024p:plain

  1. 初めに

  2. FACTA onlineの記事が仮に事実として

  3. 考察

1.初めに

 FACTA onlineがいつの間にか一部しか見えなくなってますね。広告効果は抜群でした。

facta.co.jp

 

 全部読めたときに、気になる記事がありました。

 

2.FACTA onlineの記事が仮に事実として

 メガソーラーブリッジローンファンド24号、25号のリファイナンスとして33号が使われていた件です。

 

f:id:ZiLchan:20210210092758p:plain

f:id:ZiLchan:20210210092827p:plain

 

上記は私の実投資案件です。

 

「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド25号」は無事に償還されてます。

 

f:id:ZiLchan:20210210093009p:plain

f:id:ZiLchan:20210210093042p:plain

 

 当然ながらSBISLメガソーラーブリッジローンファンド33号」に実投資してます。

 

 記事では、メガソーラーブリッジローンファンド24号、25号は、実質デフォルト案件で、そのリファイナンスとして33号が集められた。とあります。

 更に33号は実際に稼働可状況の状況だということです。

 

 本当なら、メガソーラーブリッジローンファンド24号、25号の償還前にデフォルトがわかれば、それは償還が止まり投資家が棄損してしまった可能性があったということです。ですが償還された。

 

 更に、メガソーラーブリッジローンファンド33号がその穴埋めに集められたとしても、それが実働可能な案件ならその募集は本来の案件の出資金募集となります。

 

 棄損する可能性があったメガソーラーブリッジローンファンド24号、25号の出資金は、もはやSBISLは取り戻せません。

 そしてメガソーラーブリッジローンファンド33号がその穴埋めとしても案件自体が実働可能だったらそれを穴埋めにあてることはできないということです。

 

 これは、投資家として九死に一生を得たことで、償還前にデフォルトがわかり償還が止まれば棄損していたかもしれません。

 ですが、償還された。

 

 ですから、メガソーラーブリッジローンファンド33号の出資金は死に金になるのを免れたのではないかと類推します。

 だから、利金も払われている。のではないでしょうか?

 

3.考察

 この例を見ると我々の出資金を金儲けしか考えない悪い奴が無くなることがないということです。

 

 この記事の内容は確かかどうかわかりませんが、事実と仮定してある1点について記事にしました。

 

 これには、私の希望的私見が入っています。

 

 いずれにせよ、良い結果になれば良いですね。

 

 最後に私のしょぼいブログよりはるかに優れたブログを見つけました。

 

 前にもコメントして頂いた人から紹介して頂いた小心タロウさんのブログです。

 本人に承諾を頂いていませんが、優れたブログなのでリンク張っておきますね。

 

asean-info.net

 私見を書かれていますが、優れた素晴らしいブログです。

 

私も読者になりました。