ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

困った!CRE ✖ CrowdBank〇

f:id:ZiLchan:20210601074535p:plain

  1. 初めに

  2. 困った!CRE ✖ CrowdBank〇

  3. 考察

1.初めに

昨日、5月末のポートフォーリオをお伝えしました。

 

www.zilchan.com

 その中で

最終的にはcreal、OwnesBook、J.Lending、bitREALTYとTREC fundingを500万*5=2500万円というポートフォーリオが考えられます。これにCREfundingを入れる感じですね。本音はcrealとCRE fundingを入れ替えたですが、如何せん案件数が少なすぎます。

と書きました。

CREfundingを何故メインのポートフォーリオに入れないのかは

 

「利回りが低い」

 

この一点です。シーアールイー自体は事業者としては、SLや不動産CFの事業者では上位ですね。

今回の案件

f:id:ZiLchan:20210601080159p:plain

https://cre.fuel-onlinefund.jp/fund/detail/17より抜粋

 利回り2.5%ですね。ファンドの安定性、事業者の安定性に文句はありません。ただ、3%未満は「論外」で外してます。

 

2.困った!CRE ✖ CrowdBank〇

 SLや不動産CF投資は、リスクは高いですね。ですが、私は事業者を絞ってできるだけリスクを下げる努力をしてます。一方、投資は当然ですが利金は高いほうが良いですね。でもLENDREXなんかは投資してません。

 そこで、再度CrowdBankに焦点を当てています。

 

 私の今投資している全案件の平均利回りは5%です。CREfundingやbitREALTYの利回りの低さをcrealが補ってます。事業者自体の安定性で雲泥の差があるので、利回りがcrealが高くなるのは当たり前ですが、でも2.5%の利回りは低すぎると感じてます。

 

 私がfundsに投資しないのはそういう理由です。2%以下は論外です。持っている外債の利回りは4.5%、2%以下のそれも社債でないSLや不動産CFは日米の金利差を考えても投資対象に私はなりません。

 

www.zilchan.com

 2%はインフレターゲットに負けるからです。

 

昨日のCrowdBankの案件

f:id:ZiLchan:20210601081635p:plain

https://crowdbank.jp/より抜粋

に投資しました。

 

CrowdBankへの投資の条件

①SPCには投資しない。

②外国案件には投資をしない

③投資するかどうかは、バックの事業者の純資産で考える。

です。

これに合致したので、投資しました。

 

f:id:ZiLchan:20210601082454p:plain

3.考察

 SLと不動産CFの投資は、おそらく皆さんの状況によって同じ答えはないでしょうね。

 私も事業環境の変化や他の投資対象との比較などによって、常に変化してます。

 

 CrowdBankはcrealとどちらがマシか?は、わかりません。不動産CFとSLの違いもあるので比較すること自体意味がないのかもしれませんね。

 

 CREfundingは、利回りが3%を超えると投資対象にしますが、今後3%を超えることはあるのでしょうか?????

 

 これについて、ほかの記事にします。

 

 話は変わりますが、CrowdBankの即入金システムはすごいですね。今朝7時半に送金したら、5分足らずに入金が反映してます。おまけに入出金無料これだけは有難いです。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

 

 

f:id:ZiLchan:20210530083222p:plain

  1. 初めに

  2. 2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

  3. 考察

 

 1.初めに

 毎月末に、自分のSLと不動産CFのポートフォーリオを公開してます。数字でだらだら書くより、グラフに書く方が視覚的に理解して頂けると考えてそうしてます。

 

 2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

 

2.2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

 

www.zilchan.com

 上記のブログからコピペした1月末のポートフォーリオは以下の通りです。

 

f:id:ZiLchan:20210530075458p:plain

1月末のポートフォーリオ

対して5月末のポートフォーリオは以下の通りです。

 

f:id:ZiLchan:20210530075551p:plain

5月末のポートフォーリオ

 1月と5月で比較するとわかりますが、SBISLとCrowdBankは62%→44%までに減りました。基本的にCrowdBankは香港案件以外には投資してないので減っています。SBISLは8月以降急変するでしょうね。

 

 5月の投資

creal ; 40万円1案件

OwnersBook : 90万円2案件

J.Lending : 150万円3案件

bitREALTY : 40万円1案件

FANTASfunding :30万円1案件

 

 5月は350万円投資しました。総投資額は2800万になってます。SBISLへの返金があるので、キャッシュから一時的にSLや不動産CFへの投資をしてます。

 

 ポートフォーリオは、creal、OwnesBook、J.Lending、bitRALTYは今後も全案件投資する予定です。CrowdBankを限りなく0にするか、今のままで行くのかは考え中です。

 

 例えば、2400万円投資するとします。8社であれば一社300万円、6社であれば1社400万円、4社であれば1社600万円ですね。公約数ですから、計算しやすい例で2400万円としてます。

 

 1社あたり、600万円は大きすぎると思いますので、500万円を上限に考えてます。

 基本的に私はポートフォーオはできるだけ均等割りにしたいと思ってます。ですが、信用リスクと投資案件の出方によって、大体均等みたいな感じになります。

 creal、OwnesBook、J.Lendingは、均等割りにできるでしょう。bitREALTYとCREfundingは、案件が少ないので難しいですね。ジョイントαは、投資が不可能と思ってますのでポートフォーリオから外します。Trec fundingは6月から再開するという話を聞いているので、柱の一つにする予定です。

 

 以上のことを考えれば、最終的にはcreal、OwnesBook、J.Lending、bitREALTYとTREC fundingを500万*5=2500万円というポートフォーリオが考えられます。これにCREfundingを入れる感じですね。本音はcrealとCRE fundingを入れ替えたですが、如何せん案件数が少なすぎます。

 

 自分のポートフォーリオが完成するのは恐らくあと半年かかるでしょうね。

 

3.考察

 このポートフォーリオは私の考え方です。基本は上場系で黒字、純資産の多い順に選んでます。但し、RIMPLEやジョイントαは、該当しますが抽選制なのでポートフォーリオに入れません。複利を考えた場合や年金での運用を考えた場合抽選制は、自分の考え通りにならなく尚且つ一案件が額が太くなるので外してます。

 

 一番大事なのは、心穏やかに投資をしたいですね。そのためには、大丈夫な会社はありませんが、マシな会社から投資をする方が良いと思います。その根拠が、上場系、黒字経営、純資産です。新興のSLや不動産CFは、考える価値もありません。

 crealは悩みの元です。それ以外は、悩みません。会社が倒産してもしょうがないと思います。株と同じですから。

 

 尚、私の考え方が正しいかどうかわかりませんので、そこだけはご理解を頂ければ有難いですね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

私が感じたクラウドクレジットのアキレス腱(私見ですが)

f:id:ZiLchan:20210518142427p:plain

  1. 初めに

  2. 私が感じたクラウドクレジットのアキレス腱(私見ですが)

  3. 考察

1.初めに

 クラウドクレジットもアフィリエイト対象ですが、アフィリブロガーは何故か宣伝しませんよね。何故でしょうか?

 そんなことより、クラウドクレジットのリスクをどう考えますか?

 ①為替リスク

 ②対象の多くが新興国なので、地形学リスク

 ここまでは、恐らく皆さん想像するでしょう。別に難しいことはないのですが、財務を見ていくと気が付くことがあります。

 

コメントがあり追記してます。追記はいつものように青色です。

 

2.私が見たクラウドクレジットのアキレス腱

f:id:ZiLchan:20210518143332p:plain

https://crowdcredit.jp/から抜粋

 累計362億出資金を集めてます。SBISLは1818億ですから、それには負けますが、すごい数字ですね。

 私は2014年からのお付き合いです。もう7年目ですね。

 

www.zilchan.com

  もう、2年は投資してませんが、お金は留置場で拘束されてます。早く釈放して欲しいですね。

 

 さて本題です。

f:id:ZiLchan:20210518144028p:plain

https://crowdcredit.jp/wp-content/uploads/201912%E6%9C%9F_%E9%80%A3%E7%B5%90%E8%B2%A1%E5%8B%99%E8%AB%B8%E8%A1%A8%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC.pdfより抜粋

f:id:ZiLchan:20210518144143p:plain

https://crowdcredit.jp/wp-content/uploads/201912%E6%9C%9F_%E9%80%A3%E7%B5%90%E8%B2%A1%E5%8B%99%E8%AB%B8%E8%A1%A8%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC.pdfより抜粋

2019年度12月期の連結貸借対照表と連結決算計算書を載せました。

 

問題

何故、クラウドクレジットはこれだけ投資家からお金を集めているので黒字にならないのか?(下にスクロールしないで上の表で考えて見てくださいね!)

 

どう思われます。

 

よくわからない。というか、考えたくもないというのが実際と思いますが、大事なお金を預けるところ財務を読む力がある方が良いと思い、私も勉強中です。

 

f:id:ZiLchan:20210518144733p:plain

答えは簡単です。

販売費及び一般管理費が総利益よりも上回っているからです。

f:id:ZiLchan:20210518145016p:plain

https://crowdcredit.jp/wp-content/uploads/201812%E6%9C%9F_%E9%80%A3%E7%B5%90%E8%B2%A1%E5%8B%99%E8%AB%B8%E8%A1%A8%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC.pdfから抜粋

上述は、2018年度12月期連結決算計算書です。

 

匿名組合損益分配後売り上げ総利益は

2018年:3.72億円 2019年度:5.12億円

 

対して

販売費及び一般管理費

2018年:8.57億円 2019年度:8.92億円

です。

 

単純計算で、総利益を2019年度の約倍にしないと黒字にはなりません。

 

そう、ラウドクレジットのアキレス腱は、高すぎる販売費及び一般管理費ですね。

 

 これからは、想像ですが以前クラウドクレジットの動画を拝見しましたが、主なスタッフは素晴らしい経歴の方々でした。そういうことで人件費が高いと思いますね。2014年度から7年も経つのに黒字にできません。

 

 2020年度12月期はまだ発表されませんが、どうなるでしょう。

 

 いつも遅いですね。上場企業は3月期決算で5月上旬に発表します。対して、クラウドクレジットは半年掛かってます。

 

追記です。2020年12月決算が出ているという情報がありましたので、追記しました。これの本文を書いたのは1W以上前でしたので、気づきませんでした。

f:id:ZiLchan:20210530142434p:plain

2020年12月決算

2020年12月決算が出たので、比較してみます。

匿名組合損益分配後売り上げ総利益は

2018年:3.72億円 2019年度:5.12億円 2020年度:3.18億円

 

対して

販売費及び一般管理費

2018年:8.57億円 2019年度:8.92億円 2020年度:8.15億円

です。

 

3.考察

 クラウドクレジットは、私が初期からお世話になっているSL会社です。でもカメルーンの対応がひどすぎましたので、今は返金待ちです。マイクロファイナンスの償還も一年半延期が決まりました。

 

 「世界に貢献する投資」と言っても、結局はクラウドクレジットも利ザヤで稼ぐ貸金業と一緒です。私たち投資家もお金が戻れば良いと思ってます。

 

crowdcredit.jp

 先月に11億円資金調達してますが、逆に言えば7年連続赤字の会社ですから資金調達しなければ会社がまずい状況になると思われます。

 

 CrowdBankが5年で黒字にしました。そういう意味で、クラウドクレジットの優秀な頭脳集団はどこにいくのでしょうか?

 

 最近集金力が落ちているのは気のせいでしょうか?

 

 やはり利益が落ちてますね。2019年度に比べて、2020年度は匿名組合損益分配後売り上げ総利益は2億円落ちています。一方、販売費及び一般管理費は、0.78億円しか改善してません。その結果営業損益は、2019年度は3.8億円の損益が2020年には4.3億円と損益拡大してますね。

 

 恐らく、これがアキレス腱になると個人的には思います。クラウドクレジットの奮闘を願いますね。

 

 もはや、アキレス腱になってますね。3年以内に改善しないと再度11億円の資金調達が必要でしょうね。いつまで貸してくれるのでしょうか?

 

 アキレス腱の懸念が、真実になっています。私は、来年のマイクロローンの返金を待って、クラクレからはさらばです。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

この事業者の財務情報をみて、あなたは何を感じますか?

f:id:ZiLchan:20210527154511p:plain

  1. 初めに

  2. この事業者の財務情報をみて、あなたは何を感じますか?

  3. 考察

1.初めに

 SLの第一の嵐の時に、金融取引業第二種という言葉だけで事業者を信じました。銀行業という業が「信用していい」という妄信を持ってしまいました。

 

 その結果は、先日お話しした通りです。

 

 今日はある事業者の財務の話です。手短に

 

2.この事業者の財務情報をみて、あなたは何を感じますか?

 

f:id:ZiLchan:20210527172915p:plain

これは、ある事業者の貸借対照表です。見つけました。

 

①現金及び預金は、49234万円ですね。この内訳は流動負債を見ればわかります。ファンドの預り金47985万円です。ということは、実際の会社の現金は

49234万円ー47985万円=1249万円ですね。

 

一方

②純資産は10892万円ですね。一方当期純損益は2772万円と欄外に書いてました。まだ赤字が続き資本を食ってます。

 

3.考察

 特に考察はありません。

 

 ただ単に、ある会社の財務情報をお伝えしました。

 

 この会社もSLの一つの会社です。そして、多くの投資家は投資をしてますし、数人のブロガーが宣伝してます。

 

 私は投資してません。

 

 大事なのは、この会社に投資している人はこの財務情報を見ているのかという点です。見ていて投資されているのなら、何も問題ありません。

 

 見ていないのなら、コメントはありません。

 

 自己責任ですからね。

 

 今回は比較の為に3年前の財務指標を合わせて載せておきます。

考える材料にしてくださいね。

 

同じ会社の3年前の財務指標です。

f:id:ZiLchan:20210529081846p:plain

平成29年→令和2年

 

現金及び余剰金(ー投資家、匿名組合預り金)

6337万円→1249万円

 

利益余剰金

1641万円の利益→7820万円の損失

 

平成29年→令和2年を比べた場合、財務は悪化してます。

自己資金を5000万円増資したにもかかわらず、純資産は減ってますね。

 

もちろん、事業者側のコメントもありますのでそれはご自身で探してください。

 

 財務を見ないで投資することは、何も考えてないのと同じです。そう、ソーシャルレンデイングの第一の嵐の私と同じです。火傷をした私として、問題提起の為に今日は書きました。もちろん、この事業者が以前私が痛い目に合った会社とは違うと願ってます。

 

事業者の格付と倒産確率

 

f:id:ZiLchan:20210516183928p:plain

  1. 初めに

  2. 事業者の格付と倒産確率

  3. 考察

1.初めに

格付けとは、

格付け(かくづけ)とは、企業などの信用度や、競馬や公営競技における競走のレベルなどに応じてグループ分けされたランキングのことである。

格付け - Wikipediaから抜粋

格付会社

格付会社(かくづけがいしゃ、英語: rating firm)とは、金融商品または企業・政府などについて、その信用状態に関する評価の結果を記号や数字を用いて表示した等級(信用格付け)を付与する企業。格付機関(かくづけきかん、英: rating agency)または信用格付機関(しんようかくづけきかん、英: credit rating agency)とも言う

 格付け機関 - Wikipediaから抜粋

主な格付け会社には、ムーディーズやS&Pなどがあります。ここでは、S&Pの格付けで議論します。

S&Pの格付け記号と意味づけは下に記載します。

他社の場合
AAA - 最高位
AA
A - 投資適格程度
BBB - 中程度のリスク
BB - 投機的要素あり
B - 信用力に問題あり

格付け機関 - Wikipediaから抜粋

債券的には、BBBまでが適格社債社債となり、BB以下が投機的な債券となり金利が上がります。

会社側もこの格付けで借入金利が上がります。BB以下の債券を所謂ジャンク債と呼びます。

 

 2.事業者の格付と倒産確率

 

日本の会社で見てみましょう。

 

f:id:ZiLchan:20210506170140p:plain

https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_bond&cat1=bond&cat2=japan&dir=japan&file=comment/bond_japan_Q9769.html&_scpr=intpr%3d210506_bond_prod:sbi_attx_01より抜粋

上記がSBIHDです。格付けは会社は違いますがBBB+でBBBより一段上です。

 

例えば、BBBの倒産確率は下記に示されます。

f:id:ZiLchan:20210516182109p:plain

https://www.yu-cho-f.jp/research/old/pri/reserch/survey/finance/2003/03303-08.pdfから抜粋

 10年で4%の会社が倒産する確率を示してます。

 

 一方ソフトバンクグループは、S&PでBB+ BBより一段階上ですね。

所謂ジャンク債の判断となりました。ですから、米ドル債で利回りが5.125%の表面利回りです。

 

f:id:ZiLchan:20210516183928p:plain

https://www.hs-sec.co.jp/bond/foreign/bond_secondary/products.htm?label=USD_20270919から抜粋

 

下記はS&PのBB格の倒産確率です。5年で10%10年で17~18%です。10年で6社に1社が倒産します。

f:id:ZiLchan:20210516182247p:plain

https://www.yu-cho-f.jp/research/old/pri/reserch/survey/finance/2003/03303-08.pdfから抜粋

 皆さん、SLや不動産CFの会社の格付けをもししたら、どうなると思いますか?

 

 ソフトバンクグループでさえ、倒産確率で議論すれば10年で16~17%の確率で倒産する(実際は一段階上なので少しは下がりますが)確率があることを、格付けは示してます。

 

日本の格付け会社にJCRというものがあります。その格付と倒産確率は下に書いてます。

個別企業のデフォルト率推定モデルによる推定累積倒産確率(単位:%)
格付記号 1年以内 2年以内 3年以内 4年以内 5年以内
AAA 0 0 0 0.03 0.04
AA 0.13 0.27 0.41 0.49 0.62
A 0.21 0.43 0.67 0.85 1.1
BBB 0.26 0.55 0.86 1.15 1.48
BB 0.31 0.66 1.06 1.44 1.89
B以下 1.26 4.18 6.62 10.03 13.27

 格付けカテゴリー別推定倒産確率について | 日本格付研究所 - JCRから抜粋

 

bitREALTYの親会社KENEDIXは、

f:id:ZiLchan:20210516185249p:plain

https://www.kdo-reit.com/ja/finance/rating.htmlより抜粋

 KENEDIXのJCRの格付けは、AA-となり5年以内の倒産確率は0.62~1%となります。

 

 残念ながらKENEDIXしか現在の上場系SLや不動産CF会社の格付けは見つけられませんでした。KENEDIXは純資産1055億円です。例えばあなぶき興産で純資産300億円、ロードスターキャピタルで77億円です。

 

一般にJCRの格付けはS&Pより超甘いです。

 

 要はSBI HDでBBB+ SBグループでBB+で考えたときに、投資しているSLや不動産CF会社の格付けはどうなるでしょう。恐らく超がつくジャンク債と想像されます。

 

ですから、あなたが投資している新興のSLや不動産CF会社が10年もつかという考えを持つ必要があります。

 

 これが格付けを考えたときの事業者選びの根拠です。私が基本的に、上場系黒字のSLや不動産CFに投資を集中しているのは、こういった根拠もあります。

 

3.考察

 

 貴方が投資している弱小SLや不動産CFが10年無事だったらラッキー以外の何物でもありません。

 分散投資していても、どれかが吹っ飛ぶ可能性があるという話です。ジャンク債は10~20社では分散の意味はありません。

 

 ジャンク債のことをアメリカではハイイールド債といいます。

 

 ETFでHYGなどがあります。HYGの過去12か月の利回りは4.58%(ドルベース)もあります。それも過去10年間のトータルリターンは5.32%です。

 

 CrowdBankを始めとした、外国のSLファンドに投資しない理由です。HYGは倒産しません。ただ、○○ショックの時は下げますが、また回復します。HYGは966銘柄です。ですからそのうち何社が潰れても関係ありません。HYG自体無くなることはないのです。

 一方、20社に分散投資しても1社がぶっ飛んだら5%飛びます。10年20社に分散してどうなるのか?誰にもわかりませんが、アフィリブロガーの一部はそんな会社の会員になるように宣伝します。

 

 そんな会社に投資するならHYGを積み立て投資する方が良い。さらに言うのなら、アメリカか世界の株式に積み立て投資したほうが良いというのがある意味投資の世界の大多数の意見です。

 

 SLや不動産CF投資に投資の主にしている投資家は日本に多くて数万人。しかいないということです。

 一方株を主体に考えている投資家は、日本で数千万人ですよ。

 

 この世界がごくごく小さな世界だとわかるでしょう。そしたら、何故あなたはこの世界に固執するのでしょうか?

 

 私は、年金をもらうまでの間です。それも私の個人の全資産の2割以下、妻が辞めたらSLや不動産CFを売却して、年金までの生活費の一部にします。もちろん飛んでも支障のない程度に抑えてます。

 

 ご自身で考えて見てくださいね。

 

 なが~い人生ですからね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

FIREしたことで気づいた2つの幸せ!!

f:id:ZiLchan:20210527074159j:plain

  1. 初めに

  2. FIREしたことで気づいた2つの幸せ!!

  3. 考察

1.初めに

 

私は、FIREするときに働いている家内と3つの約束をしました。

 

①家内からお金は一切もらわない。

②自分の昼と二人の晩ご飯は自分で作る。

③食費、住居費(ガス、水道、電気、携帯代など)、車の維持費は私が出す。

 固定資産税などの税金も私が払ってました。車検費は出してもらいました。

 

以上の3点でした。

 

 それを半年過ぎても続けてます。

 

2.FIREしたことで気づいた2つの幸せ!!

 

①素晴らしく健康になった。ストレスゼロが大きいですね。悩みナッシングです。持病も無くなって、睡眠や汚い話ですが便の状態もかなり良いですね。

 

「嫌われない勇気」ご存知の方はおられますかね?

 

business.nikkei.com

ベストセラーになったこの本で「人の悩みは99%人間関係だ!」と書いてあります。

 

FIREして、前の会社の付き合いはほとんど切りましたし、今は話したい人だけと話してます。

そして、好きでおいしいものを作って食べてます。

Youtube等で、おいしい食事のレシピも超簡単に手に入りますね。

 

②無欲の方が幸せになれるとわかったこと

 

 FIREすると人と比較することがないので欲が無くなります。所謂物欲ですね。そうすると何が起こるかと言えば、最低限の出費で生きていけます。でも賞味期限ギリの食品とか買って食費を浮かせたりせこいことせずに、食費で3万、住居費を入れても月12万あれば問題ありません。税金を入れても年に180万で生きていけますね。

 

 家内が辞めるまで、自分の資産を減らさないのが目的ですが半年は減ってませんし、増えていってます。いずれ話すことがあれば話しますが、私は3年前から基本的に確定申告でSLと債券等の利金の税金はすべて還付されてます。恐らく家内が退職する今年と来年の税金もすべて還付されるでしょうね。ここはFPの知識です。

 

 ですから私の個人資産は半年たっても減っていませんし増えてます。

 そして、家内の資産は今すごい勢いで増えてますから、家族の資産も増えてます。それも幸せですね。

 

 最低限の生活費で生活が実践できている今、本当に資産から自分勝手に使える額がいくらかがわかります。それが本当の目的です。

 最低限の生活費がわかれば、生活費と年金からいくら資産が余るかがわかります。病気等で一時金は出ますが、1000万円あれば足りるでしょう。

 残ったお金が自由に使えるものです。その姿がはっきりわかりました。これを健康寿命の時に使うというのが私の長年の夢です。

 

 恐らく、男でおおよそ71歳までですね。そこまでに、「自分のお金で、自分が好きなことをやる」というシンプルな夢です。72歳以降は病気を待つという姿になります。その自由な時間はみなさん平等です。

 

 私のFIREの目的は

 

健康寿命が尽きるまで、自分のお金を使って好きなことをする」この1点だけです。

 

 そのためにどうするか?と考えないで老後を迎えるのと、若い時から考えてその時を迎えるのと天地ほどの差が出ます。何故なら、人生はやり直せないからです。

 

 でも辞めてわかった、健康になれますよ!!ストレスがない生活は、50代で初めて経験しました。これは、予想だにしてませんでした。

 

3.考察

 皆さん、子供の教育、家のローン、親の介護いろんなことがあるでしょう。会社が大丈夫か、家内とはうまくいくかなどなど。

 それもすべて、人生の課題です。でもできるできないにかかわらず、年月がくればすべて終わります。そして、自分の人生が来ます。

 

 それをどう迎えるかの決意と覚悟を若い時に持つかどうかで、50代以降の人生は大きく変わります。

 

 人生は平等ではありません。運、不運は当然あります。でも、自分で主導権を握れる時間はどれだけあるのでしょうか?主導権を握れて、自分が自分の為に好きに生きれるほどの幸せはないと私は思います。

 

 これは偶然では手に入りません。数十年前から準備して初めて、手に入る権利ができます。でもその権利を本当に行使できるかどうかは自分次第だと感じてます。

 

 SLや不動産CFに一億円投資しても幸せになりません。お金は手段です。大事なのは、そのお金を「何に使うかです」

 

 健康も大きな幸せの一つです。家族の健康もそうです。その普通のこと(平凡な日常がいかに幸せか)に気づいたのはFIREした後でしたね。

 

 現役の皆さんもいろいろなことで苦労されてますけれど、「何もない」というのがこんなに健康にいいということは私が保証します。

 

 肩書がないと生きていけない人は例外ですね!でもいずれ消えます。空しいものですよ。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

麻生太郎氏:何故かSBISLに言及した。

f:id:ZiLchan:20210526180819p:plain

おまけのブログです。面白いものを見つけました。

何故か、麻生太郎氏がSBSIL事件に言及しています。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

 麻生財務大臣:「SBIソーシャルレンディングにおいて、投資家保護に欠ける行為があったことは甚だ遺憾。再発防止策の検討とか、実施状況の精査をしたうえで必要な対応をする」

上記リンクから抜粋

 

何をしてくれるのでしょうか?

 

単に誰かに「これやっとけ!」と言って終わるような気がしますが。

北尾氏に何らかのメッセージを与えようとしているのでしょうか?

 

誰か期待しますか??????