ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

SBISLから電話 投資家の責任について!

f:id:ZiLchan:20210312130842p:plain

  1. 初めに

  2. SBISLから電話 投資家の責任について!

  3. 考察

 

1.初めに

 一昨日SBISLに電話を掛けました。そして昨日電話がありました。

 

 3月12日(金)10:05分からSBISLの受付さんの黒田さんから電話がありました。通話時間約45分

 このブログは記録の為に書いています。

 

2.SBISLから電話 投資家の責任について!

 

昨年末にSBISLに電話しました。

 

www.zilchan.com

 

 記事から抜粋します。

 

 本日2月15日14時48分から15時23分までSBISLに電話しました。

 電話対応は黒田さんでした。

 

 「今回の件で投資家の責任はあるのですか」という問いに対して

 「ありません」と言われました。

 

 また、「33号も含めて、今回の利金、元本の償還にSBISLの補填はあったのか?」

 という問いに

 「すべて、投資先からの利払いでSBISLの補填はない」

 という話であった。

 ちなみに「33号は稼働しているのか?」という問いに

 「稼働している」との説明でありました。

 

一方、 3月12日(金)10:05分からSBISLの受付さんの黒田さんから電話がありました。通話時間約45分

 

改めて、お聞きしました。

 

①投資家の責任について

「前回お話しした時は、あなたは投資家には責任はないと言われましたが、それは個人的な意見でなくSBISLの意見と受け取ってよいのでしょうか?」

 

 お答は、

投資家には責任はないとは、SBISLの意見として申し上げている。」ということでした。

 

②昨年の12月、1月に熱海の案件に関して、

「ちゃんと進捗してますね?」とお聞きしましたが、あなたは「責任者に確認したが、進捗している確認している」とお答えされてますが、

「雑誌等で熱海は更地になっていて、業務は進展していないとでてますが、それが本当なら虚偽のお答えになりますね?」と伺うと

 

「現在第三者委員会の結果を待っていて、今ここでお答えできません。」

とのことでした。

 

3.考察

 いつものことだが、都合が悪くなるとお答えできませんになりますね。ですが、

 

「投資家には責任はない」とSBISLは言ってます。これは、真っ暗中のわずかな明かりですね。

 

 ただ、これと元本が返ってくるとは相関するとは言ってません。すべて、第三者委員会の後でないとお答えできないとのことでした。

 

 私の今一番わからないのは、太陽光や熱海の件が出るであろうと考えたときに、最初に利金が止まるであろう案件は、SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド(9,10,11,12,13,14号)とのこととグラさんから発表がありました。

 

lending.livedoor.blog

 

 

 熱海も太陽光も利金が出ます。これは貸出先から利金の入金があったということでした。更地でも利金が出る。

?????ですね。更地というのは嘘で、事業が継続しているのでしょうか?

 静岡に住んでいたら、見に行くでしょうが。

 でもSBISL不動産ディベロッパーズローンファンド(9,10,11,12,13,14号)も先月は入金がありました。貸出先は、事業に支障があっても利金だけ入金して、SBISLはそれで事業が継続していると判断していたのでしょうか?

 

 わからないことだらけですね。

 

 私の願いは一つ、元本の償還です。

 

 ある不動産CFの会社の偉い方に言われてました。

「第二種金融取引業」は、悪気があればこういうことができる構造。営業者がいくら優れていても貸出先が騙せば起きえることだ。

 そうです。

 

 それも含めて、ポートフォーリオの変更ですね。

 

 こんな目は、もうこりごりです。SLの世界は、異常な世界だと思ってます。

 

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。