ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

会社をどうやって辞める?

f:id:ZiLchan:20210412111016j:plain

1.初めに

2.会社をどうやって辞めるか?

3.考察

 

1.初めに

 私は、所謂早期退職で東証一部の会社を辞めました。管理職でした。それから、SLの第一の嵐で再就職して、2年半損失補填して辞めました。

 つまり、50代で辞表をというか退職願を2回出してます。

 

2.会社をどうやって辞める?

 まず、「辞める」という人が10人いても辞めれる人は数人でしょうね。会社にしがみついている部下や同僚を多く見ましたから。

 ただ、私が辞めるときに気を付けたのは一点だけ。

 

 会社に迷惑を掛けないように!綺麗に辞めるということ

 

 この一点だけです。数十年お金を頂いた恩は有難いことです。「辞めてやる」みたいな啖呵を切った人は大体が不幸なことになります。大体人間関係がうまくいかない人がそうします。よって、再就職しても同じことを繰り返します。

 

 また、辞めたときのことは世間で伝染して広がります。不思議なことです。

 

 私が、30年勤めた会社を辞めたとき、上長は常務執行役員ですが、

「部署の評判は良かったよ」と言われました。そして、何時でも帰ってきたらと。

 有難い限りです。

 

 引継ぎなんか当たり前で、3か月前に後任をお願いして辞めてます。

 

3.考察

 今、退職代行サービスなんかあり便利ですが、東京のど真ん中でない限り噂は怖いものです。きれいにけんかもせず辞めるということを心掛けたほうが良いと思います。

 

 人は見てますので、けんか別れして良いことは一つもありません。町で元の会社の人間に会っても楽しく話せますからね。

 

 ブラック企業は別ですが、どんな会社でもお金を頂ける有難いもの。それがあるから、今FIREしてストレスフリーでいられるのですから。有難いものです。