ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

FIREしていない人間がFIREについて述べること

f:id:ZiLchan:20210517140800j:plain

1.初めに

2.FIREしていない人間がFIREについて述べること

3.考察

 

1.初めに

 

www.zilchan.com

  私は以前上記のブログをアップしました。

①自分の肩書を捨てる覚悟

②自己研鑽する覚悟

 を述べました。これは、私が実践していることです。

 

 また、私が辞めると言ったときに、「俺も辞めよう!」と言った人は数知れず。

 

2.FIREしていない人間がFIREについて述べること

 

 はっきり言って、「FIREしてから言え!」ですね。

 

 しないうちに、FIREしたかのものの言い方正直うんざりです。

 

 FIREすると言ってできない人の特徴

  

①辞めた後のやりたいことがない。

②やはり、肩書にこだわる。(肩書がないと存在価値が下がる恐怖を感じている)

③転職するスキルがない

 

 だから普通は、65歳まで会社にしがみつく。私はそれで良いと思います。FIREした人が偉いとも思いません。私は、自由が欲しいだけでFIREしましたし、再就職も違う職種でしました。

 

 FIREする覚悟の無い人に、軽々しくFIREに関する感想を言わないで欲しいですね。

 

 70歳まで働く方も立派です。お金がたまったのも運が大きい。でも、議論はFIREをして何をするのかが明確でないとFIREするのが目的になります。

 

 つまらない人生です。それなら、65や70まで働く人の方が立派だと思います。

 

 FIREするのが偉いとか素晴らしいなんて、妄想は止めて、せめてFIREしてからFIREのことを書いて欲しいものです。

 

 あんな記事と同じにされると迷惑ですね。

 

3.考察

 やってない人が、やったことにして書く。東大生でないのに、東大生は○○と書く。

 FIREは批判されようがされまいが気にしませんが、FIREしてない人にFIREした人のような立場で書かれるのは不愉快です。

 

 書くならFIREしてからにして欲しいものです。その勇気があればですが。

 

 そう思いませんか?