ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

JALCO HD(J.Lendingの親会社)の財務情報を詳細に分析してみました

 

f:id:ZiLchan:20210516090335p:plain

  1. 初めに

  2. JALCO HD(J.Lendingの親会社)の財務情報を詳細に分析してみました

  3. 考察

1.初めに

 5月7日に2021年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)が発表になりました。

f:id:ZiLchan:20210516080747p:plain

https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETsiR001Control&_PageID=WPLETsiR001Idtl30&_DataStoreID=DSWPLETsiR001Control&_ActionID=DefaultAID&s_rkbn=2&s_btype=&i_stock_sec=6625&i_dom_flg=1&i_exchange_code=JPN&i_output_type=2&exchange_code=TKY&stock_sec_code_mul=6625&ref_from=1&ref_to=20&wstm4130_sort_id=&wstm4130_sort_kbn=&qr_keyword=1&qr_suggest=1&qr_sort=1から抜粋

 10%以上の下落になりました。何故でしょうか?

 

「2021年3月期の業績予想と実績値との差異の要因及び2022年3月期の通期連結業績予想値と中期経営計画値との差異の要因」の中で

f:id:ZiLchan:20210516081045p:plain

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS70961/b23d0eb1/e8cc/4c96/9c74/447e51925248/140120210506406773.pdfから抜粋

 来期予想を見てみると、前回予想から売上高、営業、経常利益、純利益が半分になってます。

 所謂どんぶり勘定の予想だったと投資家は判断したと推測します。理由は書いてますが、興味がある方は、IRをご覧ください。

 

2.JALCO HD(J.Lendingの親会社)の財務情報を詳細に分析してみました

f:id:ZiLchan:20210516081611p:plain

JALCO HD IRから抜粋

売上高:27.1億円(57%増)営業利益:12.7億円(19%増)

経常利益:7.9億円(29%増)純利益10.6億円(88%増)

増収、増益文句なしです。

 ただ、SUNTACを連結子会社にした要因が大きいですね。

 

 事業体は

貸金業②不動産賃貸業③アミューズメント事業すべて増収増益です。

詳細は省略します。

 

純資産:138.8億円(38%増)

これもSUNTACを連結子会社と新株予約行使権を使った要因が大きいみたいです。

f:id:ZiLchan:20210516084141p:plain

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS70961/12c2f469/b851/46b5/bace/cb65f017a7ba/140120210504405251.pdfより抜粋

 営業活動によるキャッシュフロー:2.1億円のプラス

 投資活動によるキャッシュフロー:54.6億円のマイナス

 財務活動によるキャッシュフロー:66.5億円のプラス

 

 営業活動によるキャッシュフローはプラス。投資活動は、不動産の取得によるマイナス。財務活動は、長期借入金と新株予約権の行使によるプラスなので自然な数字です。

 

f:id:ZiLchan:20210516084917p:plain

JALCO HD IRより抜粋

 

 ZUUの負債比率

負債比率:負債合計/株主資本(純資産を使う場合もありますがここでは株主資本を使ってます)

2020年度 46128万円/85208万円=54%

2021年度 65701万円/131305万円=50%

2020年度比で2021年度は5%下がってます。負債比率から安定度は良いですね。

 

「プロスペクト」の負債比率です。

2020年度 1439万円/1537万円=93%

2021年度 1649万円/1854万円=88%

 

あなぶき興産」の負債比率です。

2020年度 595億円/271億円=215%

2021年度 907億円/286億円=317%

 

一方「JALCO HD」の負債比率です。

2020年度 184億円/91億円=202%

2021年度 226億円/139億円=163%

 

 JALCO HDの負債比率は減少してます。新株発行による資金調達が大きいですね。

 ここでの注意は、JALCO HDと他の3社との比較は意味がありません。業種が違うからです

 

3.考察

 財務をみましたが、特に問題は見当たりませんでした。ただ、見通しについて甘いという印象を持ってます。

 

 こうやって財務を確認すると会社への信用度が増しますし、他の会社との対比ができて面白いです。

 

 あくまでも素人の判断なので、悪しからず。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

 負債比率は、会社の安定性を示す一つの尺度ですが、絶対的ではありません。あくまで相対的な比較尺度です。