ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

crealにtel : 既存投資家への配慮に変化?

f:id:ZiLchan:20210521132005p:plain

  1. 初めに

  2. crealにtel : 既存投資家への配慮に変化?

  3. 考察

1.初めに

 

www.zilchan.com

  クリアルは、Tポイントの新規投資家への優遇で既存の投資家の怒りを買いました。

 

 クリアルは、現在90億円の案件を2年半で集めました。

 集めすぎで大丈夫かという話もありますし、集めなければ不動産CFは利益が上がりません。

 

 そんな中、やはりポートフォーリオの一部にしないとSBISLとクラウドバンクの資金の振替先がなくて困るという段階に来てます。

 

 そういう意味で、クリアル株式会社に財務を含めて質問しました。

 

2.crealにtel : 既存投資家への配慮に変化?

Q. 現在の運用額は?

 

A. 50億円

 

Q. 財務の指標は官報以外にないのか?

 

A. マイページ→交付書面→決算書面に三期分でてます。

(これは知らなかった、BSとPLが出ているので参考にしていただければと思います。そういう意味では、普通の会社となりますね。財務の開示は、ちゃんとしたものでした。)

 

Q. 今の外部からの出資金は?

 

A. 5億円

 

Q. 何故以前は劣後出資10~20%と言っていたのに、今は5%が基本なのか?

  資本金が足りないからか?

 

A. 劣後出資と利金とどちらを取るかという場合、投資家は利金の方を重視するということでそうしている。

 

Q. 既存の投資家へのTポイントに対する差別はどう考えているのか?まだ、続けるのか?

 

A. Tポイント業者との契約もあるので、すぐに止めるというわけではない。

  いずれ既存の投資家にも不利にならない仕組みを考えている。

 

 新しい答えを頂いております。

 

3.考察

 基本的に、黒字の上場企業で純資産でSLや不動産CF会社を選んでいます。

 

www.zilchan.com

 

 crealへの投資は、所謂ギャンブル的だと感じてます。その上で、投資してゆくことにしました。

やはり

①毎月か2か月に一回継続的に案件があること

②案件の規模がおおきいこと

 これが、継続投資できる条件ですね。株主優待や抽選制が増えているために投資家も変化をしなければいけないと思います。私の場合ですが。そうでないとSBISLとクラウドバンクの1500万円を割り振りできませんから。

 

ただ、財務指標が確認できたので、crealの安全性を見ておきます。

 

流動比率流動資産/流動負債*100

第8期(H31、3月31日)117%

第9期(R2、3月31日)110%

特に問題なし。短期的な支払いは問題ないですね。

 

固定比率=固定資産/純資産*100

第8期(H31、3月31日)86%

第9期(R2、3月31日)189%

倍増してます。固定比率が100%以下だと固定資産をすべて自己資本でまかなえていることを示します。

 

 

負債比率:負債合計/株主資本(純資産を使う場合もありますがここでは株主資本を使ってます)

第8期(H31、3月31日)1089%

第9期(R2、3月31日)2451%

 

これには理由があり、投資家からの預かり金が負債に計上されてますので、

それを差し引くと

第8期(H31、3月31日)196%

第9期(R2、3月31日)190%

となります。上場会社と比べる場合は注意が必要です。

 

この3つの指標では、安全性は特に問題ないと考えてます。

 

 話は戻りますが既存投資家への配慮は、今後対応を考えているという言葉を頂きました。

 

 今後に期待しましょう。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。