ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

SBIHD:失われた誇り!!

f:id:ZiLchan:20210524113215j:plain



  1. 初めに

  2. SBIHD:失われた誇り!!

  3. 考察

1.初めに

SBIDH

営業収益:4800億円、営業利益:1175億円、総資本6兆4662億円

”地銀連合構想”

www.data-max.co.jp

北尾吉孝社長:かっこいいですね。今は、竹中氏を通して管総理の側近で国を動かすそんな存在に、男として魅力を感じてました。

 

2.SBIHD:失われた誇り!!

 

 SBISLから自主廃業が発表されましたね。

www.sbi-sociallending.jp

 銀行を併合できるSBIHDにとって、968億円の運用高のSBISLは極小子会社というところでしょうか?

 

 今後は、8月に変換されるファンドの元金と運用しているファンドの利金と元金がどうなるかですね?

 

 損失計上を新たにしていないところを見ると運用して、フェードアウトしていくでしょうか?それとも、また損失計上してある時点で一括返還するのでしょうか?

 

 いずれにせよ!私たちは二つのことを学びました。

 

① お金が絡むと不正はどこでも行われるということです。

② やはり、体力のある企業は、元金がかえってくるということ。

 

 これを今後に生かすべきと思いますね。

 

3.考察

f:id:ZiLchan:20210524114705p:plain

https://www.sbi-sociallending.jp/fund_resultsより抜粋

 投資家からは失望されてますね。

 

 金融機関で一番大事なのは、「信用」ですからね。

 

 「お金」というものはドライなものです。思い入れをしても、お金は残酷です。貯めるのは、時間がかかりますが、失う時は一瞬です。

 

 悪い奴は本当に多いですね。裁判をやるとわかります。

 

 もう、「キャンペーン」や「利回り」など悪魔のささやきに乗らず、ご自身で考えてこの世界を進まれることを願います。もし、SBISLが吹っ飛んでたら、私も含めて数万人の人生が変わっていたでしょうね。

 

 2度あることは3度あると思った今日でした。

 

 覚えておいた方が良いですよ。もし、SBISLがぶっ飛んでもSBIHDの社長は気にもしてませんから。投資家だけが痛い目に合う構造です:中抜きのソーシャルレンデイングの世界は、事業者は損はしません。

 

 いろいろなことが人生はあるものですね。