ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

SBISL事件:結局投資家は得をしたのか?損をしたのか?

f:id:ZiLchan:20210525064203p:plain

  1. 初めに

  2. SBISL事件:結局投資家は得をしたのか?損をしたのか?

  3. 考察

1.初めに

 SBISL事件:どう思われるのでしょうか?

 

①損をした。

②いやいや得をした

③損も得もしてない

 

 3つの回答がありますね。どうでしょう?

 

2.SBISL事件:結局投資家は得をしたのか?損をしたのか?

 

①損をした。と答えた方は?

 利金が無駄になった。というのが第一の理由ではないでしょうか?

 

②得をした。と答えた方は

 デフォルトで損金を出すところを救われたと感じて、何となく得をしたというかほっとしているのではないでしょうか?

 

アンカー効果

アンカー効果とは、物事を判断する際に、情報の断片や一部を必要以上に意識することで、判断を誤りやすくなることです。

アンカー効果の用語説明|ferret より抜粋

 

 例えば、子供にテストで100点取ったので、親が100円あげたとします。その次にまた子供が100点取ったのに、親は何もあげなかった時に、子供は「100円もらえる」というアンカーが打たれており、100円→0円でまるで罰を受けたように期待が裏切られます。これをアンカー効果と言い、事前に起きたことを経験としたことで次に起きることの影響が変わることを示します。

 

 要は、SBISL事件で一部損を覚悟した(アンカーを打たれる)投資家が、その後で無事に償還がわかり「得をした」という感覚になることでもたらされます。

 

 ③損も得もしてない。

 これは所謂、お金の面を見て投資額がそのまま償還されますので、金銭面では損得してないという話です。

 表面的には当たってますが、実際はそうではありません。

 

3.考察

 

 「機会の損失」という言葉をご存知だろうか?

 

 投資は、お金と時間がうまく合って初めて利金を生む。例えば、コロナショックがあって去年の3月株のバーゲンセールがあったが、私は証券会社の「国債キャンペーン」でお金を預けていたので、1000万円のキャッシュが現金化できなかった。キャッシュにできれば、今はうはうはだっただろう。

 

 別に私の話は例として述べただけで、SBISLに去年出資したお金が8月までまるで人質のように取られていて、投資したい案件があっても投資できない。今年の3月に償還のものも人質になっているため、他の金融商品に投資できない。

 

 「機会の損失」を食らっています。

 

 ですから、投資家は損をしているのが正解です。

 

 SBISL事件後も、新興のSLや不動産CFが生まれてそれが埋まっていきます。本当に金欲は恐ろしいですね。

 

 ある意味、SBISLより安全な会社はもはやありません。それがぶっ飛んだ!ソーシャルの第一の嵐と同じ構図で!

 

 若い人はやらないことを推奨します。大きなお世話でしょうが、自分の家内など身内の口座を作らなくて良かったです。人に紹介してぶっ飛んだら、耐えられませんね私は。

 

 どこに投資するのかで、あなたの人生は決まります。

 若い人は特にそうです。

 

 SBISL事件を受けてどうするのか?もう一度考えるべきですね。

 でも、利回りハンターは関係ないほどの勢いです。金欲が資本主義を支配してますから、当然でしょうがね。ほとんどの人が、気にもしないでしょうね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。