ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

私が感じたクラウドクレジットのアキレス腱(私見ですが)

f:id:ZiLchan:20210518142427p:plain

  1. 初めに

  2. 私が感じたクラウドクレジットのアキレス腱(私見ですが)

  3. 考察

1.初めに

 クラウドクレジットもアフィリエイト対象ですが、アフィリブロガーは何故か宣伝しませんよね。何故でしょうか?

 そんなことより、クラウドクレジットのリスクをどう考えますか?

 ①為替リスク

 ②対象の多くが新興国なので、地形学リスク

 ここまでは、恐らく皆さん想像するでしょう。別に難しいことはないのですが、財務を見ていくと気が付くことがあります。

 

コメントがあり追記してます。追記はいつものように青色です。

 

2.私が見たクラウドクレジットのアキレス腱

f:id:ZiLchan:20210518143332p:plain

https://crowdcredit.jp/から抜粋

 累計362億出資金を集めてます。SBISLは1818億ですから、それには負けますが、すごい数字ですね。

 私は2014年からのお付き合いです。もう7年目ですね。

 

www.zilchan.com

  もう、2年は投資してませんが、お金は留置場で拘束されてます。早く釈放して欲しいですね。

 

 さて本題です。

f:id:ZiLchan:20210518144028p:plain

https://crowdcredit.jp/wp-content/uploads/201912%E6%9C%9F_%E9%80%A3%E7%B5%90%E8%B2%A1%E5%8B%99%E8%AB%B8%E8%A1%A8%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC.pdfより抜粋

f:id:ZiLchan:20210518144143p:plain

https://crowdcredit.jp/wp-content/uploads/201912%E6%9C%9F_%E9%80%A3%E7%B5%90%E8%B2%A1%E5%8B%99%E8%AB%B8%E8%A1%A8%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC.pdfより抜粋

2019年度12月期の連結貸借対照表と連結決算計算書を載せました。

 

問題

何故、クラウドクレジットはこれだけ投資家からお金を集めているので黒字にならないのか?(下にスクロールしないで上の表で考えて見てくださいね!)

 

どう思われます。

 

よくわからない。というか、考えたくもないというのが実際と思いますが、大事なお金を預けるところ財務を読む力がある方が良いと思い、私も勉強中です。

 

f:id:ZiLchan:20210518144733p:plain

答えは簡単です。

販売費及び一般管理費が総利益よりも上回っているからです。

f:id:ZiLchan:20210518145016p:plain

https://crowdcredit.jp/wp-content/uploads/201812%E6%9C%9F_%E9%80%A3%E7%B5%90%E8%B2%A1%E5%8B%99%E8%AB%B8%E8%A1%A8%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC.pdfから抜粋

上述は、2018年度12月期連結決算計算書です。

 

匿名組合損益分配後売り上げ総利益は

2018年:3.72億円 2019年度:5.12億円

 

対して

販売費及び一般管理費

2018年:8.57億円 2019年度:8.92億円

です。

 

単純計算で、総利益を2019年度の約倍にしないと黒字にはなりません。

 

そう、ラウドクレジットのアキレス腱は、高すぎる販売費及び一般管理費ですね。

 

 これからは、想像ですが以前クラウドクレジットの動画を拝見しましたが、主なスタッフは素晴らしい経歴の方々でした。そういうことで人件費が高いと思いますね。2014年度から7年も経つのに黒字にできません。

 

 2020年度12月期はまだ発表されませんが、どうなるでしょう。

 

 いつも遅いですね。上場企業は3月期決算で5月上旬に発表します。対して、クラウドクレジットは半年掛かってます。

 

追記です。2020年12月決算が出ているという情報がありましたので、追記しました。これの本文を書いたのは1W以上前でしたので、気づきませんでした。

f:id:ZiLchan:20210530142434p:plain

2020年12月決算

2020年12月決算が出たので、比較してみます。

匿名組合損益分配後売り上げ総利益は

2018年:3.72億円 2019年度:5.12億円 2020年度:3.18億円

 

対して

販売費及び一般管理費

2018年:8.57億円 2019年度:8.92億円 2020年度:8.15億円

です。

 

3.考察

 クラウドクレジットは、私が初期からお世話になっているSL会社です。でもカメルーンの対応がひどすぎましたので、今は返金待ちです。マイクロファイナンスの償還も一年半延期が決まりました。

 

 「世界に貢献する投資」と言っても、結局はクラウドクレジットも利ザヤで稼ぐ貸金業と一緒です。私たち投資家もお金が戻れば良いと思ってます。

 

crowdcredit.jp

 先月に11億円資金調達してますが、逆に言えば7年連続赤字の会社ですから資金調達しなければ会社がまずい状況になると思われます。

 

 CrowdBankが5年で黒字にしました。そういう意味で、クラウドクレジットの優秀な頭脳集団はどこにいくのでしょうか?

 

 最近集金力が落ちているのは気のせいでしょうか?

 

 やはり利益が落ちてますね。2019年度に比べて、2020年度は匿名組合損益分配後売り上げ総利益は2億円落ちています。一方、販売費及び一般管理費は、0.78億円しか改善してません。その結果営業損益は、2019年度は3.8億円の損益が2020年には4.3億円と損益拡大してますね。

 

 恐らく、これがアキレス腱になると個人的には思います。クラウドクレジットの奮闘を願いますね。

 

 もはや、アキレス腱になってますね。3年以内に改善しないと再度11億円の資金調達が必要でしょうね。いつまで貸してくれるのでしょうか?

 

 アキレス腱の懸念が、真実になっています。私は、来年のマイクロローンの返金を待って、クラクレからはさらばです。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。