ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

 

 

f:id:ZiLchan:20210530083222p:plain

  1. 初めに

  2. 2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

  3. 考察

 

 1.初めに

 毎月末に、自分のSLと不動産CFのポートフォーリオを公開してます。数字でだらだら書くより、グラフに書く方が視覚的に理解して頂けると考えてそうしてます。

 

 2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

 

2.2021年5月末でのSL及び不動産CFのポートフォーリオです。

 

www.zilchan.com

 上記のブログからコピペした1月末のポートフォーリオは以下の通りです。

 

f:id:ZiLchan:20210530075458p:plain

1月末のポートフォーリオ

対して5月末のポートフォーリオは以下の通りです。

 

f:id:ZiLchan:20210530075551p:plain

5月末のポートフォーリオ

 1月と5月で比較するとわかりますが、SBISLとCrowdBankは62%→44%までに減りました。基本的にCrowdBankは香港案件以外には投資してないので減っています。SBISLは8月以降急変するでしょうね。

 

 5月の投資

creal ; 40万円1案件

OwnersBook : 90万円2案件

J.Lending : 150万円3案件

bitREALTY : 40万円1案件

FANTASfunding :30万円1案件

 

 5月は350万円投資しました。総投資額は2800万になってます。SBISLへの返金があるので、キャッシュから一時的にSLや不動産CFへの投資をしてます。

 

 ポートフォーリオは、creal、OwnesBook、J.Lending、bitRALTYは今後も全案件投資する予定です。CrowdBankを限りなく0にするか、今のままで行くのかは考え中です。

 

 例えば、2400万円投資するとします。8社であれば一社300万円、6社であれば1社400万円、4社であれば1社600万円ですね。公約数ですから、計算しやすい例で2400万円としてます。

 

 1社あたり、600万円は大きすぎると思いますので、500万円を上限に考えてます。

 基本的に私はポートフォーオはできるだけ均等割りにしたいと思ってます。ですが、信用リスクと投資案件の出方によって、大体均等みたいな感じになります。

 creal、OwnesBook、J.Lendingは、均等割りにできるでしょう。bitREALTYとCREfundingは、案件が少ないので難しいですね。ジョイントαは、投資が不可能と思ってますのでポートフォーリオから外します。Trec fundingは6月から再開するという話を聞いているので、柱の一つにする予定です。

 

 以上のことを考えれば、最終的にはcreal、OwnesBook、J.Lending、bitREALTYとTREC fundingを500万*5=2500万円というポートフォーリオが考えられます。これにCREfundingを入れる感じですね。本音はcrealとCRE fundingを入れ替えたですが、如何せん案件数が少なすぎます。

 

 自分のポートフォーリオが完成するのは恐らくあと半年かかるでしょうね。

 

3.考察

 このポートフォーリオは私の考え方です。基本は上場系で黒字、純資産の多い順に選んでます。但し、RIMPLEやジョイントαは、該当しますが抽選制なのでポートフォーリオに入れません。複利を考えた場合や年金での運用を考えた場合抽選制は、自分の考え通りにならなく尚且つ一案件が額が太くなるので外してます。

 

 一番大事なのは、心穏やかに投資をしたいですね。そのためには、大丈夫な会社はありませんが、マシな会社から投資をする方が良いと思います。その根拠が、上場系、黒字経営、純資産です。新興のSLや不動産CFは、考える価値もありません。

 crealは悩みの元です。それ以外は、悩みません。会社が倒産してもしょうがないと思います。株と同じですから。

 

 尚、私の考え方が正しいかどうかわかりませんので、そこだけはご理解を頂ければ有難いですね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。