ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

皆さん気づいてますか?静かに皆さんの分け前が減っていることを!

f:id:ZiLchan:20210608164313p:plain

  1. 初めに

  2. 皆さん気づいてますか?静かに皆さんの分け前が減っていることを!

  3. 考察

1.初めに

 投資利回り:この言葉は皆さんよくご存じだと思います。

 ただ、投資利回りも市場原理が働くことはあまり意識されてないのではないでしょうか?

 

2.皆さん気づいてますか?静かに皆さんの分け前が減っていることを!

どこの事業者の例を出してもいいのですが、RIMPLEの例を出しますね。

f:id:ZiLchan:20210608165235p:plain

RIMPLEの1回目から15回目の利回りを書いた表です。
10%はおまけとして、2回目の5%からきれいな漸減を描き最近は0.1%ずつ減って3.6%まで来ました。

RIMPLEは抽選制で、皆さんも養殖場の魚のごとく撒き餌に飛びついているので、RIMPLEも当然売り手市場になり利回りを落として、事業者収入を増やしてます。

 

要は、市場原理というものです。

 

群がるほど、投資家の分け前は減っていきます。これがSLや不動産CFの事業者のやる常とう手段ですね。株の世界では、配当はだんだん増えますが、この世界ではだんだん減っていきます。その結果何が起こるか、皆さんの投資額が増える→万が一の時に傷口を自ら広げることになります。

 

同じ現象は、違う事業者でも起きてますね。CFE fundingは抽選制ではないのですが、人気があり事業者も強気になってますね。

 

CRE fundingは、

f:id:ZiLchan:20210608170240p:plain

3%から静かに2.5%に収束してます。ですが、9回目と10回目はキャンペーンがあり、1%と0.5%のキャッシュバックがついてました。11回目にしてキャンペーンもなくなりました。私は、9回目と10回目は投資しましたが、さすがに11回目は止めました。

 

www.zilchan.com

  この養殖場の魚になるつもりはありませんので。簡単に言うと

「アホらしい」ので、こういう業者にはエントリーすらしてません。

 

www.zilchan.com

 fuelも事業者報酬が欲しいので、中抜きの率を上げてきてます。よって、fuel関連は3%を超えなければCRE fundingに投資はするつもりはないですね。

 

RENOSYも

8%→6.4%→4%

金利がドラスティックに下げられてますね。それでも募集金額の300%~600%応募しているので、事業者はまだまだ下げられますね。

 

抽選制なので、私は鼻から投資してませんが。こうやってみるとみんなやっているかもしれませんね。

J.Lendingも4%が常時になるかもしれませんね。

3.考察

 SLの時代から、投資家が群がるほど事業者は利回りを下げます。それは市場原理なのでわかりますが、投資家は金額が上がるので当然「ドガン」があったら人生が変わります。この原理は、債券と同じです。でもやり方が汚いと思ってますね。

 

 そんな業者は相手にはしてません。そういう意味では、J.LendingやOwnersBoookなんかは好感を持てます。

 

 CrowdBankも同じように金利が下がってきてるのは気づいている人は多いと思います。最近では、海外不動産で4%代のものまで出てます。私が持っている外債の利回りが平均4.5%なので、問題外です。

 

 別にRIMPLEが悪い、CREfundingに投資するなといってませんよ。潰れない会社に投資すると考えれば立派な投資先です。でも私は利回りを下げる事業者は嫌いだということです。足元を見られるものは、簡単に言うと「せこい業者」ということですから。

 

 知らず知らずのうちに皆さんの分け前が減って、知らず知らずのうちに投資額が増えて、「ドガーン」の時に傷口を大きくしないようにと思って書きました。

 

 無職のオッサンの戯言です。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。