ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

昨日のファンドトリプルヘッダーの結果(アホでした!)

f:id:ZiLchan:20210616171740p:plain



  1. 初めに

  2. 昨日のファンドトリプルヘッダーの結果(アホでした!)

  3. 考察

1.初めに

今週SLと不動産CFの投資週間でしたね。

 

www.zilchan.com

  しかしながら、6月16日はトリプルヘッダーでした。

 私は、各会社の集金力に興味がありましたのでよく埋まるまで見てます。

 

 暇な無職のオッサンの暇つぶしですが、次回の参考になるので記録してます。

 

2.昨日のファンドトリプルヘッダーの結果(アホでした!)

17:00~

f:id:ZiLchan:20210616165257p:plain

https://victory-fund.jp/investment/fund_list.htmlから抜粋

victory fundから 10%:6か月:3000万円の案件でしたね。

2分でほぼ満額でしたね。

 

19:00より

f:id:ZiLchan:20210616170659p:plain

https://cre.fuel-onlinefund.jp/fund/detail/17より抜粋

CRE fundingから 2.5%:12か月:10100万円の案件でしたね

 

なんと35秒

 

 さすが、SBISLなきあと最高の信頼度ですね。利回りなんか関係なしです。

 

20:00~

f:id:ZiLchan:20210616171936p:plain

https://rimawari.co.jp/investment/fund_list.htmlより抜粋

利回り不動産から 7.0%:6か月:495万円の案件でしたね。

この時点で記事の転記で間違えてます。

敢えて間違いの記事を書いてます。

 

理由は、

第4号の投資案件ですが、第5号で投資を待っていました。

「利回り不動産」は、投資するときの待ち画面が、HPの下の部分にあり何号案件かわからずに待っていたのが、敗因です。

 

というわけで、何秒でいっぱいなったのかわかりませんでした。

「利回り不動産」の案件は、数字の順番に並んでないので中止しないといけませんね。

上位に掲示された5号案件を昨日の募集案件と勘違いした時点で「OUT」でしたね。

 

 ただ、投資できなくても別にと思ってます。

 

 利回り不動産の「純資産」は、私が調べているSLや不動産CFの中で下から2番目ですから。「よりマシな会社はいくらでもあります」

 

 

3.考察

 こんなに、利回り、規模、運用額が変わっても利回りハンターや安定型の投資家ののどの渇きを潤してくれますね。

 

 CREは最速でしたね。1億1分から1億30秒時代の到来です。大口投資家が狙いますよね。そんな埋まり方でした。

 

 いつもながら、金の亡者が多いことを感じながら自分もその中に入っていることを感じます。5年前は、何も考えずに投資して爆死を一回しました。今は、SLや不動産CFが30社を超えているので、焦らなくて投資できる環境を感謝してます。

 

 victory fundが一杯になっても何とも思いませんね。数年後に自分の投資が正しかったかどうかわかりますから。

 

 この世界は、投資家登録して投資するとその事業者への投資を考えなくなるので、何かあったら必ず被爆します。そういう意味で、最初の事業者選定が人生を左右しますね。そんな思いを持って、集金力を見てました。

 

 victoryは元々投資する気なし、CREは2.5%でパス、利回りは投資先を間違えたということで投資はできませんでした。

 

 ただ、来週も投資週間、昨日が駄目でも今は30社以上ありますから、焦らずに済みますね。恐らくキャッシュがなくなると思いますが、自分が投資したい事業者を待って投資できますからストレスはありません。

 

 当分は良い時代になるのではないでしょうか?そう願います。

 

 でも、投資画面を間違えるミスをする自分をアホだと感じます。50代はやはり10代では考えられないミスをしてしまいます。それを苦笑しています。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。