ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

property+を真剣に考えて見ました。

f:id:ZiLchan:20210702140412p:plain

  1. 初めに

  2. property+を真剣に考えて見ました。

  3. 考察

1.初めに

 昨日は、3か月10%という利回りに注目して記事にしました。

 

www.zilchan.com

 

 今日はproperty+について、真剣に投資先にするのか考えて見ました。

 

2.property+を真剣に考えて見ました。

  property+の運営会社は、「リビングコーポレーション」ですね。「リビングコーポレーション」の親会社は「一建設株式会社」、そして「一建設株式会社」は、飯田グループHDです。

飯田グループHDは

f:id:ZiLchan:20210702141755p:plain

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3291/tdnet/1972950/00.pdfより抜粋

 飯田グループHDは純利益837億円、株式資本8598億円という超優良企業です。SBISLが無くなりますので、SLと不動産CFの親会社ではぶっちぎりの大企業です。

時価総額は8347億円:巨大企業です。

 

 SLと不動産CFの親会社での2位は「bitREALTY」で親会社のケネディクスは、時価総額1650億円、純資産は1055億円です。

 

 SBISLの親会社SBIHDは時価総額は、6424億円ですので飯田グループHDの方が大きい会社になります。(時価総額において)

 

 このままいけばイケイケですね。安定性は抜群。

 

ちなみに「リビングコーポレーション」も財務を開示してます。

f:id:ZiLchan:20210702143026p:plain

https://www.living-cp.co.jp/wp-content/uploads/2021/05/202103public_notice.pdfより抜粋

 純資産は54億円

 負債比率=負債合計/純資産=0.86

 財務も良好ですね。

 

 問題は、ファンドですね。

f:id:ZiLchan:20210702143438p:plain

https://propertyplus.jp/investment/fund_list.htmlから抜粋

 リビングコーポレーションは、「アセット・インベストメント・パートナーズ 」と業務提携してます。

 今回の3.5%のものは委託業務商品です。当然、中間マージンは「アセット・インベストメント・パートナーズ 」に払います。よって、自社物件よりも利回りは下がる可能性があります。

 

 property+は利回りは「3~4%」なので、3.5%は常時の金利と判断してます。

 

 問題は劣後出資:4%だということです。

 

 CREALと同じ、劣後出資10~20%が普通の不動産CFでこの劣後出資の低さは気になりますね。

 

 要は、利回り3.5%で出資をどうするか?といことですね。

 

3.考察

 利回り3.5%ならば「bitREALTY」の守備範囲ですね。「bitREALTY」はメザニンローンでその下にジュリアローンやエクイティが劣後してますので安全域は抜群です。

 

 よって、分散の意味での投資先になるということです。少なくともFANTAS fundingに投資するならこちらでしょうと思いますね。安定性が全然違いますね。

 

 難しいですね。劣後が4%で3.5%、非上場なら問題外です。私の場合。でも超優良企業の孫会社ということで、期待はしてます。ただ、柱にはなりませんね。

 

 これが私の私見です。

 

 3.5%でも、property+が認知されだしたら「瞬殺」になりそうですね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。