ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

何故CrowdBankはこれほど強い?J.Lendingとの比較(追記ありPM2:30より募集案件出現:青)

f:id:ZiLchan:20210715075339j:plain

  1. 初めに

  2. 何故CrowdBankはこれほど強い?

  3. 考察

1.初めに

 CrowdBankは、私の2本柱の一つでしたが「SBISL事件」を受けて、自然減をしてます。時々お宝ファンドも出ますが、それは投資できなくなりました。

 

www.zilchan.com

  「SBISL事件」を受けて、なかなか他の案件が埋まらないのを見てました。そう

CrowdBankも普通になったと感じていました。

 

2.何故CrowdBankはこれほど強い?

 昨日もバイオマスも不動産担保ローンも事業者を見て、「瞬間切り」してました。

 SPCだし、保証会社の財務があまりにも弱すぎると思ってました。

 しかし、

f:id:ZiLchan:20210715080510p:plain

f:id:ZiLchan:20210715080543p:plain

https://crowdbank.jp/funds/search/より抜粋

昨日は午後8時から募集があったと思ってましたが、瞬快最大風速は午後10時くらいだったんですね。

 

 午後10時から11時13分まで、94500万円を集金してました。

 

 すごすぎますね。

 

3.考察

 やはり、CrowdBankは大丈夫という投資家は非常に多いと実感しました。

 

 一方

f:id:ZiLchan:20210715081224p:plain

J.LendingのHPより

 

www.zilchan.com

 

 昨日のJ.Lendingの4ファンドの残は、実際今現在16940万円でした。

今日の朝8時過ぎの残ですが、7680万円です。

 

16940-7680=9260万円しか、昨日の一般投資家からの出資がなかったですね。

 

CrowdBankは、バイオマス:6.2% 不動産:5.0%で10億円以上の出資

J.Lendingは、6.5%と5.3% 9260万円の投資額の内5540万円は6.5%の案件への投資でした。

 

 こう考えると、J.Lendingの5.5%の案件よりもCrowdBankの6.2%のバイオマスの案件の方が投資家の要望が、強かったことを示してます。

 

 上場企業よりも、非上場が信頼される?この変な話ですが、

 

 私はやはりデポジットの存在は大きいと思ってます。

 

 CrowdBankは現在累計で1440億円運用、毎月恐らく数十億円投資家のデポジットにお金が戻ってきます。そして、投資家はデポジットをそのままにして、「良い案件」が見つかった途端群がりますね。

 

J.Lendingはデポジットはありません。

 

この差は大きいと思います。

 

 そういう意味で、「待つだけ資産運用」というCrowdBankは、絶対の信頼を集めているのでしょうか?

 

 私は、J.Lendingも好きなので応援したいですね。ですが、投資家の信頼度は集金力に現れますから、投資家のCrowdBankの信頼度はSBISLがない今はNo.1なのかもしれません。

 

 でも、昨日のCrowdBankは、私の判断なら投資しないですね。そう意味では良い投資環境になっていると思いますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。

 

 PM2:00より再度昨日と同じ規模の募集がありました。現在埋まっていってます。これは、単に情報提供です。