ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

日本保証の実質手数料は3%????

f:id:ZiLchan:20210721075716j:plain

  1. 初めに

  2. 日本保証の実質手数料は3%????

  3. 考察

1.初めに

 3日間「日本保証」を中心に記事を書いてます。投資家の皆様に考えるきっかけになればと思います。

 JトラストのIRをずっと見るといろいろなことが浮かんできます。企業としてソーシャルレンディングの一つの核となるのは明らかですね。

 

 今日もJトラストのIRの中で見つけたものです。

 

2.日本保証の実質手数料は3%????

財全グループとの業務提携及び
株式会社財全ソリューション、株式会社ビジネスアシストとの保証提携について

https://www.nihon-hoshou.co.jp/news/pdf/20201221_01_pr.pdfより抜粋

財全グループは「Pocket Funding」を運営している事業者です。その「取引商品概要」からの抜粋です。

f:id:ZiLchan:20210721080759p:plain

 上記の「取引商品概要」では、日本保証の融資事務手数料は3%以内と書いてます。

 

逆に言えば、3%ZAIZENは、日本保証にファンドごとに払わないといけないということになります。

 

 「Pocket Funding」は、大体5~6%でファンドを組んでます。ということは、実際の貸出金利は最大8~9%ということになりますね。

 

 他の事業者との業務提携では、日本保証の融資事務手数料は書いてませんでした。ソーシャルレンディングや不動産CFの投資家への平均利回りは4%前後でしょうか?その場合の+3%の影響はどこに行くのでしょうか?

 

 要は、「Pocket Funding」の5%と例えば「ぼちぼちファンディング」の5%とは、中身が違うということを理解する必要があります。「日本保証」は、買取を保証してくれると書いてます。そのコインの裏表をどう考えるかですね。

 

3.考察

 現在「日本保証」と提携しているSL、不動産CFは

 SAMURAI funding(親会社Nexus Bank)、CAMPFIREのクラウドファンディング、cool(親会社ZUU)、大家.com(親会社グローベルス)、Pocket Funding(親会社財全グループ、FUNDROP(運営会社ONE DROP INVESTMENT)、TOMOTAQU(運営会社イーダブルジー

これから先増えてゆきますね。

 

 基本的に私が投資することはないのでどうでも良いことですが、投資する方はいろいろ考えて投資されることを願いますね。

 

 日本保証が「保証」してくれる安心と思っている人も多いと思いますが、買取保証です。投資額をそのまま保証するとは書いてません。それとは別に、日本保証を通すことで事業者は手数料を払う必要があります。それは、事業者の営業利益が減ります。

 

 不動産に関係ない会社が、突然SLや不動産CFができる理由は、日本保証がJトラストを通してHow toを教えているからだと推測してます。

 

 それ自体問題ありません。営業ですから。でもその先はどうなるのか?私は興味を持って、傍から見ていますね。

 

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。