ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

名目利回りと実質利回りの違い:気にしてますか?

f:id:ZiLchan:20210726203841p:plain

  1. 初めに

  2. 名目利回りと実質利回りの違い:気にしてますか?

  3. 考察

1.初めに

 表面利回りと実質利回りの理論はいろいろな場面である。不動産しかり債券しかり。

 また、「表面利回り」と「実質利回り」という言葉があります。 これは、不動産投資や太陽光発電投資などでよく耳にする言葉です。 表面利回りとは、その名の通り表面的な、ざっくりとした利回りを示すものです。 これに対して、実質利回りとはさまざまな要素を考慮し、より正確な利回りを示すものです。

投資の「利回り」とは?表面利回りと実質利回りもわかりやすく解説 | 太陽光発電投資の基礎知識 - 土地付き太陽光発電の投資物件探しは【メガ発】

より抜粋

 

 ここでは、SLと不動産CFの話なので表面でなく名目という名前を敢えて使った。

 

2.名目利回りと実質利回りの違い:気にしてますか?

 まず、名目利回りは所謂事業者がファンドを出すときに提示されている利回りですね。

 一方、実質利回りはお金をファンドの事業者に送金して、ファンドに投資してファンドが終了して実際に自分の口座に入金があった時点で再計算した利回りを指します。

 

事業者ごとに、

①ファンドの募集から実際の出資のタイムラグ

②ファンド終了から自分の口座に入金するタイムラグ

が異なります。

 

①に関して、大体2W~4W

②に関しては、1W~8Wの違いが事業者によって変わります。

 

 例えば年利10%6か月の案件を例にとります。

①が1か月、②が1か月だと

実質利回りは年利10*6/(6+2)=7.5%になります。

 

これを計算すると、名目利回りがかすんできますね。

 

例えば、長いのは信長ファンドです。

f:id:ZiLchan:20210726210109p:plain


f:id:ZiLchan:20210726205507p:plain

f:id:ZiLchan:20210726205811p:plain

f:id:ZiLchan:20210726205830p:plain

https://www.nobunaga-funding.jp/index.php?app_controller=info&type=items&id=I0000012より抜粋

5.3%9か月の案件ですね。

 

 でも2011年6月25日にファンドに出資しても戻ってくるのは、2022年6月30日になる予定です。

 

 実質利回りは、5.3*9/12=3.975%の年利になります。名目は年利5.3%の9か月案件ですが。

 

 こう見ると風景が変わります。信長ファンドに3か月案件があったら、実質利回りは名目利回りの半分になります。つまり、信長ファンドは3か月利子がかからない空白の時間がかかるということです。

 

 一方、空白の時間が短い事業者は、例えば

                                       f:id:ZiLchan:20210727083010p:plain

f:id:ZiLchan:20210727083033p:plain

https://propertyplus.jp/investment/fund_list.htmlから抜粋

 [「property+」ですね。上の案件では10%3か月の案件ですが、

 

①ファンドの募集から実際の出資のタイムラグ:3W

②ファンド終了から自分の口座に入金するタイムラグ:1W

合計1か月です。

 

10%3か月ですが、実質10%4か月なので

実質利回りは10%*3/4=7.5%の年利になります。

 

3.考察

 利回りというのは、このように実質的なキャッシュの拘束時間によって変わります。あまり気にしない方が多いのではないでしょうか?

 

 私は、信長ファンドの長さは正直げんなりしますね。でも上場企業なので、仕方ないと思い投資してます。

 

 そして、この名目と実質があるので普通は3か月の案件には投資しません。どっちみち再投資するからです。

 

 皆様も、このように「実質利回り」も考慮すべき項目に挙げたら良いのではないでしょうか?

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。