ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

SL、不動産CFの別の運用の考え方 [swiching]

f:id:ZiLchan:20210720074712p:plain

  1. 初めに

  2. SL、不動産CFの別の運用の考え方 [swiching]

  3. 考察

1.初めに

 [swiching]:スイッチング

 ファンド間の乗換えをいう。
例えば、為替ヘッジ有りのAというポートフォリオから、為替ヘッジ無しのBというポートフォリオに乗換えること。
スイッチング時に、スイッチング手数料がかかるファンドと、かからないファンドがある(一般的にスイッチング時においても、信託財産留保額はかかる)。 

スイッチング|証券用語解説集|野村證券より抜粋

 

 よく言うスイッチングは、「株」と「債券」の間の乗り換えを言うことが多いと思います。簡単に言うと、景気後退期では「債券」の持ち分を増やし、景気回復期では「株」へスイッチングするやり方は皆さんご存知だと思います。

 

2.SL、不動産CFの別の運用の考え方 [swiching]

 ここではSL、不動産CFのスイッチングの話です。これはSL、不動産CFの世界の中の事業者間での資金の移動の話ではありません。

 

 ①一昨年の年末から、アメリカの政策金利が上がりました。

 私は、SL、不動産CFの償還金を米ドル債に変換してゆきました。

 

 ②そして昨年の3月末より世界同時株安が襲ってきました。

 私は、SL、不動産CFの償還金を個別株やREITに資金移動しました。

 

 米ドル債は、昨年3月末に絶好の買い時が来ました。それ以来SL、不動産CFの償還金をすべて株や債券に振り分けました。

 

 そして、昨年末から債券以外は売却して再度SL、不動産CFに出資をしています。

 

3.考察

 こう書くと気づかれると思いますが、SL、不動産CFはその特徴から毎月償還があります。私は大体3000万円この世界に投資してますので、単純に毎月200万円以上償還がある状態になりますね。

 

 その金額を株や債券に振り分けてゆく:[swiching]の考え方を持たれると投資の視野が広がります。

 

 コロナで分かったと思われますが、不景気の株の急降下や外債の絶好の買い場は突然来ます。それとは関係なく、SL、不動産CFの償還金は毎月ありますね。その時にちょっと[swiching]を考えてみたら如何ですかという話です。

 

 うまく分散して償還されますので、一点買いにはなりません。ドルコスト法で買えますので去年は非常に相性が良かったです。

 

 不況が突然来ても、不動産の不況は遅れてきますので私は、[swiching]の考えをずっと持ってこの世界に投資してます。

 

 現状個別株は売却が進んでいて、債券はおなかいっぱいなのでSL、不動産CFに投資してます。

 

 いろんな世界のことを勉強することがいざという時に気が付きます。キャッシュで持ち続けるのは難しいです。そういう意味では、SL、不動産CFに投資するというのは別の側面を持ちますね。

 

 あくまでも私の一つの投資法なので、読み流して頂ければ幸いですね。