ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

住居系REITから見た不動産CFの適正利回りは?

f:id:ZiLchan:20210729131659p:plain

  1. 初めに

  2. 住居系REITから見た不動産CFの利回り

  3. 考察

1.初めに

 現在不動産CFには2つの流れがありますね。6.5%のTSON、TECROWDは8%、

LENDREXも8~10%、victory fundは10%など中には20%の利回りが出てきてますね。

 

www.zilchan.com

  一方、投資家に人気のあるjointαは3.2%、RIMPLEは3.4%、CRE fundingは2.3%まで利回りを下げてます。でも上場企業の信頼ぶりですぐに埋まりますね。

 

 一体、不動産CFの適正利回りは何%なのでしょうか?

 

 基準がないので、不動産REITの「住居系」の利回りから見てみます。

 

2.住居系REITから見た不動産CFの適正利回りは?

 

 現状のJ-REITの住居系は下記の4銘柄です。

アドバンス・レジデンス投資法人:2.96%

コンフォリア・レジデンシャル投資法人:2.99%

スターツプロシード投資法人:3.66%

サムティ・レジデンシャル投資法人:4.1%

 

 現在J-REITは過去最高に上がっているので、今の利回りが下限でしょうね。

f:id:ZiLchan:20210729133105p:plain

https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETsiR001Control&_PageID=WPLETsiR001Idtl30&_DataStoreID=DSWPLETsiR001Control&_ActionID=DefaultAID&s_rkbn=2&s_btype=&i_stock_sec=1343&i_dom_flg=1&i_exchange_code=JPN&i_output_type=2&exchange_code=TKY&stock_sec_code_mul=1343&ref_from=1&ref_to=20&wstm4130_sort_id=&wstm4130_sort_kbn=&qr_keyword=1&qr_suggest=1&qr_sort=1から抜粋

東証REIT指数で考えたら、1800~2400なので利回りが3割増しで考えると

3~5%ということになります。

REITは基本当期利益の90%超を投資家に分配することを条件に、リートは税金が免除されることになっています。よって、儲けの90%まで出すことは可能ですね。

国内株式|SBI証券 より抜粋

 ですから、適正利回りは3~5%でしょうね。言い換えれば8~20%の業者はいずれしわ寄せが回っていきます。

 

 私の場合、非上場は6%上限で考えてます。上場系は3.5~5%ですね。

 

3.考察

 LENDEXがすごい勢いで投資家からお金を集めてます。投資家にとって、金利が高いほうが良いに決まってます。

 いつも言うように、高い利回りは投資家を集めるためにキャンペーン的要素が高いです。でも常時高利回りはやり続けられるのでしょうか?私にはわかりません。

 

 私は自分で決めた事業者の中で、投資状況(キャッシュと景気と担保の内容)で選んでます。

 

 CREALも4.5%になりましたし、OwnersBookの中央値4.6%からも4%前後が、常識的なのでしょうね。

 

 LENDREX一本の人もいるかもしれませんね。皆さんの人生です。どれにベットするのかも自由です。

 

 私は新興企業でも、財務が弱い或いは赤字の会社には投資しません。ですから、初めに出ている企業は対象外です。投資は長いものです。高利回り企業が存続できた時は、それにベットし続けた人のOUTCOMEが最大になります。それが正解かどうかは未来しかわかりませんね。

 

 私は、投資するなとも言うつもりはありません。お好きにどうぞですね。

 

 投資は競うものではありません。億り人になったと誇らしげに言う人なんかは。

 「だからどうした?」くらいです。

 

 優秀な投資家は、ほぼ株の世界に行きますからね。この世界にいる私も変わり者ですが、債券、株や他の金融商品も買っているオールラウンダーです。この世界の投資額は2割強。その中での話のブログです。

 

 こういう情報も、自分の投資の適正化を考える材料にしていただくと嬉しいですね。