ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

CrowdBankの埋まらないファンドを初めて見ました。

f:id:ZiLchan:20210818194243j:plain

  1. 初めに

  2. CrowdBankの埋まらないファンドを初めて見ました。

  3. 考察

1.初めに

  CrowdBankは、お宝ファンドなどは1分1億円集める投資家にも人気のある事業者ですね。

www.zilchan.com

 ただ、やはりさすがのCrowdBankも競争の嵐に飲まれているようです。

 

2.CrowdBankの埋まらないファンドを初めて見ました。

 

f:id:ZiLchan:20210818194445p:plain

https://crowdbank.jp/funds/search/より抜粋

 上記は、アメリカの不動産投資案件:米ドル建ての案件ですね。5日間の募集期間で10万ドルのファンドが埋まりませんでした。

 

 私は、CrowdBankの埋まらないファンドを初めて見ました。ビックリです。

 でも、キャンセル扱いにせず、ファンド成立したことはさすがですね。

 

3.考察

 5.2%の米ドル建てと言えども不動産案件。非上場系でしたら、5.2%というのは普通です。私が投資したwakachi-Iでも5.3%ですね。

 

www.zilchan.com

 

 CrowdBankの海外案件は円建ては人気ですが、米ドル建ては人気が落ちているの感じがしてます。そういう意味では、CrowdBankの信用度はあっても案件が不動産になった場合に、比較対象がありすぎてCrowdBankのファンドに敢えて投資する理由がなくなるんだな。って勝手に思ってます。

 

 それくらい、最近は満額になることが普通でなくなってきているのを感じます。でもこの感覚は普通であり、SBISL事件を含めて第二種金融取引業が曲がり角になっているかもしれません。

 

 私は、今もNo.2の投資先ですから、頑張って欲しいですね。第一種金融取引業で過去の実績で信用を勝手にしてますから。

 

  それにしても、朝も書きましたが、この業界投資家の事業者への選別が起きているのが感じますね。それは、まともなことなので生末を楽しみにしてます。もちろん、安全が一番ですが。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。