ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

何故FANTASは強いのか?

f:id:ZiLchan:20210821070817p:plain

  1. 初めに

  2. 何故FANTASは強いのか?

  3. 考察

1.初めに

 FANTAS fundingが強いですね。

 

www.zilchan.com

  上場企業でさえ、案件を埋めるのに苦労しているのに、

f:id:ZiLchan:20210821071153p:plain

https://www.fantas-funding.com/customers/productsより抜粋

  上記4件の案件も難なく埋めてきてます。

 

2.何故FANTASは強いのか?

私はFANTASには、現投資してません。でもなぜ強いか考えてみました。

 

①純資産が増やしている。利益余剰金が増えてきてます。その結果

 

f:id:ZiLchan:20210821071437p:plain

第11期決算報告

 私の指標である株主資本は8.7億円ですね。そういう意味では、

利回り(純資産4.5億円)、TSON(純資産4.8億円)より上、ASSECLI(純資産14億円)より下という判断をしてます。

 

取り敢えず、私が投資したい対象で一番純資産が下なのはASSECLIです。(WAKACHI-Iは例外扱い)

 金利が一緒なら、利回りよりFANTASを選んでいるでしょうね。

 

 注意:ここではファンド自体の議論はしていません。あくまで事業者選択の私の基準の議論です。

 

②不動産CFとしては歴史が古い

 

f:id:ZiLchan:20210821072618p:plain

HPから抜粋

 上記は、FANTAS fundingの1号案件です。利回り8%で集めてます。

募集期間2018.11.12 18:00 ~2018.11.19 18:00

3年前からやってますね。

 

3年かけて8%の利回りを2.5%まで落としてます。

 

その間ファンドの数は151件

 

今年できた不動産CFとは歴史が違うということです。ファンドを満額にしてゆっくり利回りを下げ、すべて償還しているという歴史があるんですね。

 

これはCREALに共通している。

 

③大型ファンドがない

 

すべて1000万円~3000万円までです。

ちょこっとファンドでわかるのですが、2000万円までならほぼ埋まります。

それが5000万円を超えると様子は変わってきますね。

 

3.考察

 FANTAS fundingが強い理由のいくつかがわかりましたね。あくまで、私が考えた持論です。

 「持続性」が「評判」になり「評価」につながります。

 

 一回強くなったら、OwnersBookやCrowdBankみたいになるのでしょうね。つまり、信用につながるということです。

 

 ただ、SBISLで起きたように事件は突然来ます。また、民泊やホテル案件で起きている遅延ですね。デフォルトという単語を事業者は絶対使わないでしょうね。

 

 いろんな意味で、私は信用力というあいまいな言葉でなく、「純資産」や「株主資本」で業者を選びます。

 

 利回りをキャンセルして、OwnersBookに投資したのもその理由です。最終的には、上場系だけでポートフォーリオをつくることが目標ですね。2年後は恐らくそうなります。

 

 今のFANTASならproperty+の3.5%案件に投資するでしょうね。やり方は嫌いですが、上場系なので。

 

 これが、投資です。投資はお金を増やす手段以外の何物でもありません。株は応援するという意味合いがありますが、不動産CFは「デフォルトしないでね!」しかないですね。つまり、信用するかどうかだけが基準です。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。