ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

J.Lending社長:「事業者の運用能力の見分け方」

f:id:ZiLchan:20210826080242j:plain

  1. 初めに

  2. J.Lending社長:「事業者の運用能力の見分け方」

  3. 考察

1.初めに

 昨日、J.Lending主催のオンラインセミナーを聞きました。私としては2回目です

定期預金に代わる新たな資産運用が登場!ジャルコの「ソーシャルレンディング」が「安全・安心」な理由_20210807 - YouTube

  別にJALCOの宣伝をするわけではないのですが、JALCO HDの社長は「金貸しのプロ」であり勉強できることが多いです。

 

 いつまで見れるかわかりませんが、この世界に出資する方は御覧になったらいかがでしょうか?

 

 J.Lendingへの投資の可否と別に、ソーシャルレンディングへの投資への考え方なんか勉強になると思います。

 

 そんな中での社長が語った事業者の「運用能力の見分け方」を記事にしました。

 

2.J.Lending社長:「事業者の運用能力の見分け方」

 これは会社の信用度というものを、HPから判断するものです。

 

①会社のHPを見る

②会社概要を見る

③責任者の経歴を見る

④所謂金貸しを経験しているか見る。(これは貸金業という意味でなく、不動産も含めて責任者が第三者に金を貸したことがあるのか経歴で判断するという意味です)

 

 例えば証券会社出身だと金貸しの経験はない。そのように、責任者が金貸しの経験がない人が多いのではないかと言われてます。

 経験がない責任者が運用する事業者は、リスクがあるということになります。

 

 一度、自分が投資する会社のHPをご覧になったら如何でしょうか?

 

3.考察

 私も調べましたが、

①HPに事業者の責任者の経歴がない

②会社概要に、責任者の名前がない

 ②なんかひどいですね。

 

 非上場系は、やはりそういう意味では情報が少ないです。具体的な例は書きませんが。

 

 後、ソーシャルレンディング事業者の一般論として社長の写真がないところは、信用度が低いということがあります。

 

www.zilchan.com

  これは週間ダイヤモンドの記事の中の表記です。

 

 そういうことでも、上場会社の方が信用できますね。

 

 あくまでも、考え方ですので。J.Lendingの社長様の言葉も私は参考にしてます。

 

 皆さんがどう考えるかは自由ですので。

 

 参考になれば幸いですね。