ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

運用額と社員数から見える景色は?

f:id:ZiLchan:20210826195757p:plain

  1. 初めに

  2. 運用額と社員数から見える景色は?

  3. 考察

1.初めに

 昨日投資先の社員数を調べた結果をブログでアップしました。

 

www.zilchan.com

 

 事業者の物件の対象が、アパートかマンションか一戸建てか、キャピタル型かインカム型かなど会社によって比較は難しいですね。

 人数が多いのはそれなりの規模の会社になります。一方、スタートアップの会社などは、社員数が少ないですね。

 

 ただ、ここに運用額を加えると違った景色になります。

 

 それが、会社の運用効率につながりますから、財務と同様に重要だと考えてます。

 

 今日の話が、「運用額」と「社員数」の関係です。

 

2.運用額と社員数から見える景色は?

LENDEXとクラクレは、クラウドバンクを入れると年間運用額の上位3位じゃないかと想像してます。

 

クラウドバンクは黒字ですが、LENDEXとクラクレは今までの決算では赤字ですね。

 

www.zilchan.com

 

 運用額は、8月27日現在でクラウドクレジットは

f:id:ZiLchan:20210826200743p:plain

HPより抜粋

運用額は、約126億円ですね。

 

一方

LENDEXは、半期で40億円です。比例すると一年で80億円と仮にしておきます。

www.jiji.com

 

一方社員は

クラウドクレジットは、2020年2月で70名です。

www.wantedly.com

現在の従業員数は、約70名。まだまだ組織としては少数規模のため、社員同士でフラットに意見を出し合いながらサービスをつくりあげていくベンチャーらしい風土があります。

 

LENDEXは、

f:id:ZiLchan:20210826201803p:plain

HPより抜粋

8名と書いてます。

クラウドクレジットは、瞬間的な運用額で、LENDEXは半期の運用額なので直接比較できませんが、償還とファンドの組成が年間同じと仮定すると

 

クラウドクレジット

126億円/70人=1.8億円/人となります。

一方LENDEXは

80億円/8人=10億円/人となります。

 

5倍の違いがあります。

 

3.考察

 これを見てどう考察されますか?

 

 例えば

 LENDEXの方が、運用効率が高い?

 クラウドクレジットは、スキームが複雑なので人数は多く必要だ?

 とか。

 

 

 こういうことも、考えながら私は投資をしてます。

 

 皆様の参考になれば幸いですね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。