ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

property+:劣後出資70%と4% 不可解な設定?

f:id:ZiLchan:20210901072516p:plain

  1. 初めに

  2. property+:劣後出資70%と4% 不可解な設定?

  3. 考察

1.初めに

 投資家の皆さんは気づいてましたか?

 property+は、毎回①10%3か月②3.5%12か月のファンドを出してます。

 

 ファンドの「詳細を見る」をクリックすると劣後出資がわかります。みてビックリしました。

①10%3か月:劣後出資70%

②3.5%12か月:劣後出資4%

 この異常な設定:理由を聞いてみました。

 

2.property+:劣後出資70%と4% 不可解な設定?

①10%3か月:劣後出資70%

 これは、劣後出資分が10%の利回りの原資になります。つまり、「10%」はキャンペーンで事業者の取り分はゼロです。

 

②3.5%12か月:劣後出資4%

 これは、私情が入りますが10%の反動でできるだけ劣後を入れたくないということです。

 事業者の説明では、基本的な「インカムゲイン」ファンドなのでリスクは少ないとのこと。でも天災で倒壊等なったら劣後が少ないと投資家が被りますね。そういう意味では、事業者の中で最低の劣後出資となってます。

 

3.考察

ここでは、property+のファンドから不動産CFを考えてみます。

 

A. やはり、不動産利回りは4%前後が自然な金利であること

 

www.zilchan.com

 

B. キャンペーンの為に事業者は「撒き餌」をしまくっている

 property+の10%のキャンペーン以外に

 

www.zilchan.com

 「ポイントインカム」を通して、新規登録者に20万円まで10%のクーポンのプレゼントをしてました。

 現在は「ポイントインカム」を通じたクーポンは止まってます。

 

 別のポイント事業者を検討しているそうです。

 

 また記事にしますが、property+の3.5%の案件はいずれ10%が無くなった時に埋まるのでしょうかね?そういう意味では、FANTASのやり方が素晴らしいと思いますね。

 

www.zilchan.com

  短絡的な撒き餌は、いずれ自分の首を絞めるでしょうね。

 

 3.5%はもはや不動産CFで低すぎる利回りですから。私も上場系でなければ「スルー」でしょう。

 

 これだけ文句を言いますが、「3.5%」案件には投資をする予定ですね。資産運用は、安全性が一番ですから。

 

 ただ、このようなマネーゲームは止めて欲しいですね。10%で撒いてデポジットに入金させ、10%に出資できない人が3.5%を埋める。これが後入金なら3.5%は埋まらないでしょうから。