ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

一つの疑問:「property+」は上場系に入るのか?

f:id:ZiLchan:20210908075642p:plain

  1. 初めに

  2. 一つの疑問:「property+」は上場系に入るのか?

  3. 考察

1.初めに

 この世界で、所謂「上場系」と「非上場系」を区別している人は多いと思います。私も、bitREALTY、OwnersBook、J.Lending、CRE、信長ファンディング、TREC fundningは上場系と言えるでしょう。

 「property+」も上場系と言ってましたが、「本当にそうだろうか?」と考えるようになりました。

 

2.一つの疑問:「property+」は上場系に入るのか?

 discussionの基礎知識として、

 

TATERU、LCレンディング、SBISLは、社債の発行や親会社の助けで投資家の元本が守られた。

 

②ラキバン、みなクレ、トラレン、maneo familyは、投資家の運命が大きく棄損しました。これらの会社は上場してない事業者です。

 

 この背景から「上場系」は、安全なような気がするといった空気があるのでしょうね。私もそれを一つのよりどころで投資をしてます。

 

 一方、基本的にソーシャルレンデイングで、「元本の補填」は禁止されてます。それをSBIは、法の解釈で「金融商品取引法違反の疑い」ということで補填しました。

 

 よって、今後も事業者の判断で「棄損」か「補填」かできるようになったということです。これに上場系が対応するという前提でこの話は成り立ってますね。

 

 これ以外にもう一つの側面が存在します。

 

 風評被害というものです。これは、JALCO HDの社長と話した内容から気づきました。

 

 具体的には、ファンドの棄損→会社の信用力低下→株価の低迷→時価総額の損失のスキームが存在します。

 

 この時価総額の損失>元本の損失:これを上場会社が恐れるということです。

 

 この前提があるので、上場系の会社は速やかに火消しに走ります。

 

3.考察

 「property+」の運営会社は「リビングコーポレーション」その親会社が「一建設」です。その親会社が飯田グループHDです。

 つまり、「リビングコーポレーション」は、飯田グループHDの孫会社です。

 

 これが他の上場系とは違う構図です。

 

 要は、「property+」のファンドが棄損した時に、飯田グループHDが動くかどうか?もっと簡単に言うと、「property+」のファンドが棄損した時、飯田グループHDの株価に影響するのか?ですね。これを考える必要があります。

 

 私としては、敢えて問題提起に止めておきます。わからないし保証もできないからですね。

 

 ただ、私の中で順位付けは他の上場系よりも低いものになります。ただ、財務の脆弱な一部の非上場系よりも高いのは確かです。

 

 ひとつの皆様の考えるネタとして、ブログでアップします。