ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

埋まらない業者と瞬時に埋まる業者の開きが鮮明になってきた!

f:id:ZiLchan:20210914073322p:plain

  1. 初めに

  2. 埋まらない業者と瞬時に埋まる業者の開きが鮮明になってきた!

  3. 考察

1.初めに

 私は、自己投資したファンドは埋まる時間を記録してます。私がいつも書く「集金力」は、そのファンドやその事業者の投資家からの信用度を表します。ただ、「集金力」が高いから、安心の業者ということにならないのはSBISL事件でわかると思いますね。

 ただ、ファンドが埋まらないということは事業者にとって致命的で、埋まらない事業者は埋まるようにいろいろな手を打ってきます。これも注意深く観察すると事業者の思惑がわかってきます。

 

2.埋まらない業者と瞬時に埋まる業者の開きが鮮明になってきた!

①FUNDROP

f:id:ZiLchan:20210914074315p:plain

HPより抜粋

 FUNDROPは、利回りを下げてきました。


 「FUNDROP 1号」は、埋まるまで4日かかりました。しかしながら、「FUNDROP2号」は1分ばかりです。

 

 この違いは何でしょうか?利回りが1%下がった。劣後は20%→60%になった。

やはり、劣後出資が理由のような気がします。

 

②利回り不動産

 

www.zilchan.com

 

f:id:ZiLchan:20210914075333p:plain

HPより抜粋

 「第7号」5.5% 12か月は最終日まで埋まりませんでした。未確認ですが、自分で埋めたように見れます。

f:id:ZiLchan:20210914075730p:plain

HPより抜粋

「第8号」は利回りを1%アップして、募集金額が8550万円→495万円

一般には2000万円までは、大体埋まります。でも8550万円が埋まらないことが響いて安全策に走ったのではないかと思ってます。

 

 そして「第9号」

  1. f:id:ZiLchan:20210914080016p:plain

    HPより抜粋

 利回り:

埋まらなかった7号:5.5% 8550万円 

       8号:6.5% 495万円 (金額を下げて、利回りを上げた)

       9号:8%   2150万円(金額が上がり、利回りをさらに上げた}

 利回り不動産は、5.5%で5000万円以上のファンドは出せなくなったと考察してます。ですから、ファンドの規模を小さくする。そして、金利を上げるということでファンドを組成してます。

 あくまでも、私見です。

 

3.考察

FUNDROPと利回り不動産

違うやり方で、集金力を上げてきてます。

 

どちらがうまくいくのでしょうか?投資家では、利回り不動産のほうが良いと思うでしょうね。私は、安定性を考えますので「FUNDROP」の方が好ましいと思ってます。

 

アンカー効果 私が何度も使う単語

 

利回り不動産は、利回りを上げる逆効果を今後受けることになると私は思いますね。

 

こう考えると3年でゆっくり利回りを下げた「FANTAS funding」は、優秀ですね。利回り不動産が「3.5%」で埋まることはもうないと思いますね。

 

「FUNDROP」は、劣後出資をゆっくり下げれば埋まっていくと思います。

 

 埋まる事業者は、どんどん利益が上がる。埋まらない事業者は利益が逃げていきます。そういう意味で、私は集金力と利回りの流れをみて事業者を選んでます。

 

 高利回りで、長く続くとどうなるのか?

 

 そういう意味で、5%前後のファンドを選ぶようにしてますね。

 

 ちなみに

  1. f:id:ZiLchan:20210914081628p:plain

    マイページから抜粋マイページから

 「FUNDROP2号」には投資してます。危なかったですね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。