ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

「property+」禁じ手発動:デポジット残金を確認して追加ファンドをしれっと出した!

魚を釣り上げたイラスト02 | 無料のフリー素材 イラストエイト

f:id:ZiLchan:20210915125026p:plain

https://illust8.com/contents/13160
  1. 初めに

  2. 「property+」禁じ手:デポジット残金を確認して追加ファンドをしれっと出した!

  3. 考察

1.初めに

 「property+」は、10%の金利やポイントサービスの撒き餌で投資家に出資金を集めて、「3.5%」のファンドに投資するように誘導する。そんな会社です。

 

www.zilchan.com

 私は、12時にデポジットの40万円で「10%」にトライしてあふれたので、仕方なく「Branche桜山Ⅲファンド4」に投資しました。

 以前のメールで、15日12時から発売される「3.5%」のファンドは「Branche桜山Ⅲファンド4」だけでした。

 

 そこまでなら、何も言うことはないですが、

 

 「property+」は、信じられない行動に出ました。

 

2.「property+」禁じ手:デポジット残金を確認して追加ファンドをしれっと出した!

 

 「Branche桜山Ⅲファンド4」が満額なった後に、「Branche桜山Ⅲファンド5」を急に出してきました。私は、ふとHPをみて

 

「ファンドが増えている」という驚きがありました。メールでの配信はなかったはずです。

 

 問い合わせると今日の午前11時ころHP上だけに出してます。メール配信はないです。

ニュース詳細 | property+(プロパティプラス)

2021.09.15
商品
株式会社リビングコーポレーションは、不動産クラウドファンディングサイト「property+/プロパティプラス」にて「Branche(ブランシェ)桜山Ⅲファンド5」を募集いたします。
同ファンドではインターネットを通じ1万円から投資を始めることができ、想定利回り年利3.5%にて募集を実施します。

※出資には、事前の会員登録および出資者情報登録が必要となり、お申し込みは先着方式となっております。

詳細は、以下のリンクをご確認ください。

年利 3.5%「Branche 桜山Ⅲファンド 5」 即日完売のため追加募集を開始!!

 要は、デポジットが1億円集まったので、急遽ファンドを用意したものだとわかりました。

 

 当然、 「Branche桜山Ⅲファンド4」に投資した人間は、「Branche(ブランシェ)桜山Ⅲファンド5」の存在をしりません。

 

3.考察

 もし仮に、「Branche(ブランシェ)桜山Ⅲファンド5」が、「Branche桜山Ⅲファンド4」より良いファンドだとしたら、「property+」は何というのでしょうか?

 

 単純に、10%案件と「3.5%」1案件では、デポジットがすべて賄えないので急遽「Branche(ブランシェ)桜山Ⅲファンド5」を創生しファンドとして出してます。

 

 本当に冷めます。投資は情報に対して公平でなければなりません。クーポンで釣ったり、10%で釣って、投資家のお金を集めるやり方は本当に止めて欲しいですね。

 

 結局。10%のファンドの営業者利益の損失を「3.5%」のファンドの利益で回収する「property+」のやり方は下衆の考え方です。

 

 別に「propety+」は上場系と思って投資をしてますが、やり方は3流のやり方ですね。

 

www.zilchan.com

 今後は、10%で投資できなければ出金しようと思います。

 

 本当にアホらしいです。投資家をなめてます。

 

 「利回り3.5%」で劣後出資が事業者最低の4%。これなら、非上場で5~6%の金利で劣後出資20~30%の会社に投資したほうが良いと判断しました。

 

 OwnersBook、CRE、bitREALTY、TOSEI、信長ファンド、J.Lending私が投資している上場系5社はこのような汚い真似をしたことはないですね。これらの会社は、「利回り」「財務」すべて、「リビングコーポレーション」より全然上ですね。

 

 もはや、「property+」に投資することも無いのかもしれません。上場系でも孫会社、

 

www.zilchan.com

  万が一、この会社がとんで、飯田HD自体が救済に動くかどうかもしれません。

 

 来月情報ではTOSEIが再始動します。「property+」の出資金をそちらに振り向けようと考えてます。

 

 デポジットをみて、足元を見ながら、急遽ファンドを出すのは卑怯です。何故なら、情報が投資家に平等に伝わってないからです。

 

 その証拠に、HPでアップしてメールには出してない。どれくらいの「Branche桜山Ⅲファンド4」の出資者が気づいていたのでしょうか。

 

 HPにアップも11時ですから。「10%」案件の後です。急にデポジットの残金が増えて、残金を収穫するために次の網を投げたやり方に私は冷めました。投資家のお金を単に集めたいだけみたいですね。

 

 投資家の出資金は、「property+」にとって、「10%」に群がる魚と一緒でしょうね。群がりたい人はどうぞ。