ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

J.Lending社長が語る:デポジットが招く不正!

 

f:id:ZiLchan:20210826080242j:plain

  1. 初めに

  2. J.Lending社長が語る:デポジットが招く不正!

  3. 考察

1.初めに

www.zilchan.com

  先日にJ.Lending社長の言葉から考えるこの世界のことを書きました。

 他の記事で続きをアップするのが遅くなりました。

 

引き続き、J.Lending社長の言葉から読み解くソーシャルレンデイングのリスクについて書いてます。

 

 ご覧になった人はわかると思いますが、皆様の参考になると思いブログにアップしてます。

 

2.J.Lending社長が語る:デポジットが招く不正!

 

 この話は、事業者の「デポジット」についてです。

 

 簡単に言うとデポジットに億がたまると、事業者はファンドがないのにプレッシャーなのか、それとも魔がさすのか「架空のファンド」を出す原因になると言われてます。

 

 確かに、SL第一の嵐は「クリック合戦」が当たり前になり、きっとデポジットに億が常時あったのでしょうね。投資家にはデポジットの残金はわかりません。

 

 最近であれば、不動産CFの多くは後入金ですので理論上デポジットにお金は貯めりませんね。

 今で先入金で億が集まるのは、「クラウドクレジット」「LENDEX」「クラウドバンク」「OwnersBook」そして「property+」ですね。

 

 ただ、だからこれらが危ないということを言っているわけはないので、誤解がないようにお願いしますね。

 

3.考察

 J.Lending社長とは、厳格には違いますね。JALCO HDの社長ですね。

 

 需要>供給の意味の意味が、SLの事件の遠因になっていると私も思いますね。J.Lendingの後出資もその意味も含んでいるそうです。

 

 社長のお言葉には「含蓄」がありますね。すべてが正しいと思いませんが、勉強になります。この世界は、危険が一杯存在します。そういう意味では、宣伝しかしない記事よりこういう内容の方が参考になるのではないかと思い書いてます。

 

 J.Lendingも頑張って欲しいものですね。

 

 「property+」がこの度やったことは、法律上何も問題になりません。ただ、どうなんでしょうか?

 

www.zilchan.com

 

 

 今日の記事は、先日に書いておいた記事ですが、「property+」の後出しじゃいけんファンドがあったので、タイミングとしては良かったと思ってます。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。