ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

Crowd Bank「分散型先進国ローンファンド」は買いか?

f:id:ZiLchan:20211002113855p:plain

crowd bank HPより抜粋
  1. 初めに

  2. Crowd Bank「分散型先進国ローンファンド」は買いか?

  3. 考察

1.初めに

 Crowd Bankが面白いファンドを組成してきました。「分散型先進国ローンファンド」ですね。ソーシャルレンデイングは、事業型か不動産型が多いのに「債券型」のファンドです。

 円建てと米ドル建てですね。

 

 社債が大好きな私は、基本的にこういうファンドは大好きですね。

 

2.Crowd Bank「分散型先進国ローンファンド」は買いか?

 ①特徴1 安全性を重視した商品設計

100以上のローン組入れによる分散効果
当プロジェクトで取得する金融商品(以下、「当該商品」という。)には、米国や欧州を中心とした先進国の100以上の企業のローンが組入れられ、企業の業種は多岐に渡ります。また、1つの業種内でも多様な商品・サービス分野が含まれております。そのため、当該商品1つでリスク分散効果を得ることでき、安定したリターンの獲得を期待することができます。

②特徴2 一定の信頼性を確保した個別ローンを裏付けとした仕組み

担保の提供や追加負担条項等の設定
当該商品は100以上の企業に対するローンから構成されており、その個別ローンの多くは、担保設定された弁済順位が高いローンとなっています。そのため、万が一、ローン発行企業が経営破綻に陥った場合、無担保の社債などに優先して元本や利息がローン発行企業から支払われます。

③大企業が発行したローンを中心に構成

当該商品は1.2億ドル(日本円で約132億円)以上の資産規模がある大企業やその関連会社へのローンを中心に組入れられており、上場企業や広く認知された企業などのローンも含まれています。

HPより抜粋

 基本的には、「バンクローン」の債券となります。

 

注意点:HPでは、

大手格付け会社による格付け取得[1]
大手格付け会社による格付けは、中立性・客観性のある信用リスクの評価ツールとして幅広く利用されています。当該商品に組入れるローンはそれぞれ個別にMoody’sとS&Pの大手格付け会社から格付けを取得しているため、最終資金需要者は、個別ローンの相対的な信用リスクが自分たちのリスク許容度と乖離していないかチェックすることができます。

 HPでは、大手格付け会社の格付けを取得と書いてますが、具体的な格付けがどうなのかは書いてません。

 

 ここが味噌です。

 

 知らない人が多いので「バンクローン」をかいつまむと

バンクローン  (ばんくろーん)

金融機関が、事業会社に行う貸付債権のこと。
欧米では貸付債権の流通市場が発達しており、投資対象になっています。格付けが投資適格未満(BB格相当以下)の信用力の低い企業向けのローンが対象なっているため、相対的に高い利回りが特徴です。

バンクローン | 金融・証券用語解説集 | 大和証より抜粋

 

 バンクローンですから、格付けは高くありません。所謂ジャンク債ではないが、適格社債でもないです。中間の格付けですね。

 

3.考察

 この辺が、Crowd Bankが格付けと言いながら具体的な格付けを開示してない戦略ですね。少し、隠してますね。

 

 ただ、バンクローンは投資家にとって投資対象に充分なります。要は分散が効いているからですね。

①100以上の会社への分散

②産業種の分散

③通貨の分散は???ですね。

 

 「バンクローン型なので」面白いですね。円ヘッジがあれば買いですが、円ヘッジがないので金利は、円高で吹っ飛びます。

 

 少なくとも「ファンドの安定性」は、クラウドクレジットより〇万倍安定だと思いますよ。

注意:〇は0.0001以上です。

 

 円ヘッジがあれば、私は投資を考えますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。