ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

property+ : 5220+3060=8410の意味はわかりますか?

f:id:ZiLchan:20211004181000p:plain

  1. 初めに

  2. property+ : 5220+3060=8410の意味はわかりますか?

  3. 考察

1.初めに

 

f:id:ZiLchan:20211004181425p:plain

https://propertyplus.jp/investment/fund_list.htmlから抜粋

 property+から「3.5%」の案件が出ました。

募集額は8410万円ですね。

 

この数字には意味があります。それを紹介しますね。

 

2.property+ : 5220+3060=8410の意味はわかりますか?

 property+は「10%」の案件で撒き餌をして、デポジットにお金を集めて「3.5%」の案件で回収するやり方を前回しました。

 

www.zilchan.com

 

www.zilchan.com

  前回は今回の2案件「Branche桜山Ⅲファンド4」5220万円で先募集であつめました。しかし、まだデポジットにキャッシュがあったのを確認して「Branche桜山Ⅲファンド5」3060万円を出したと思われる経緯がありました。

 

 そして、今回も10%ファンド「Branche阿佐が谷ファンド5」を出して、今日「Branche桜山Ⅲファンド6」を出してます。募集額は8410万円です。

 

 これは、恐らく10%ファンドで一億円が集まった前回を踏襲して、3.5%の案件の募集額を前回の「Branche桜山Ⅲファンド4」と「Branche桜山Ⅲファンド5」募集額の合計5220+3060=8280万円に近い8410万円を募集額にしたと考えてます。

 

 これが、5220+3060=8410の意味ですね。

 

3.考察

 私はアホらしいので投資しませんが、一億円集まるのか見ていきますね。前は瞬殺でしたが、今回はどうでしょうか?

 

 property+の「ポイント還元攻撃」は、もう終わったみたいですね。20万円まで10%つけてましたから。3.5%が13.5%に早変わりする、もう麻薬的なキャンペーンです。後で知った人は私も含めて激激ですね。

「property+」どのポイントサイト経由で最高額をもらえるか比較した結果

2021年10月4日現在、「property+|不動産クラウドファンディング」はポイントサイトに掲載されていません。どのポイントサイトを経由してもポイントをもらうことはできません。

  後、8410万円は、Branche桜山Ⅲの「5区分」分です。というので、区分数を変えることで、10%で撒き餌をしたキャッシュを回収する網の大きさを変えることができるのが、「property+」のやり方みたいです。結構、単純なやり方ですね。

 

 もう一つ、普通は前回募集のファンドの表示は、今回の前に表示があるのが普通ですね。

 

 ですが、「property+」の前回募集の表示は「最後尾」です。この辺にも比較されたくないバイアスがかかっているのではないでしょうか?

 並んで表示されたら、きっと多くの方が今日の内容を予想できたでしょうから。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。