ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

CREALの「劣後出資5%」の危うさ!

f:id:ZiLchan:20211019064306p:plain

  1. 初めに

  2. CREALの「劣後出資5%」の危うさ!

  3. 考察

1.初めに

 CREALの劣後出資割合の低さは、不動産CFの中でNo.1ですね。

 劣後出資が低い原因は、自己資金の割に大型ファンドを連発していることだと思いますね。

 

 今回それがあだになったかもしれないという話です。

 

2.CREALの「劣後出資5%」の危うさ!

f:id:ZiLchan:20211019071324p:plain

HPより抜粋

本件は2021年7月31日に旧工事業者との請負契約の合意解約を行っており、2021年月8月6日に新工事業者である、みやび建設株式会社と工事請負契約を締結しております。
旧工事業者への支払い済みの契約時金3,960万円(税込)について、返還を受けることで合意しているものの、2021年10月18日において返還を受けられておりません。


当社は、ファンドが資金不足となる可能性を回避するため、2021年10月20日(予定)をもって、旧工事業者へ支払い済みの契約時金と同額である金3,960万円を追加で劣後出資を行います。


当社の追加の劣後出資により劣後出資額が合計6,890万円となり、総出資額が62,560万円へ変更となります。従いまして、当社による劣後出資割合は6,890万 / 62,560万円 = 約11% に上昇致します。

 

・優先出資額(CREAL投資家の皆様)
55,670万円(出資割合:95%)→ 55,670万円(出資割合:89%)

・劣後出資額(当社による出資)
2,930万円(出資割合:5%) → 6,890万円(出資割合:11%)

・総出資額
58,600万円 → 62,560万円

メールより抜粋

 

3.考察

 さらっと書いてますが、何らかのトラブルがありそのままでは投資家の投資額が棄損するため、CREALが穴埋めして結果的に劣後出資の割合が高まったと考えられますね。

 

 これがCREALの最大のリスクです。

 

 劣後出資の低さは、棄損した時投資家の被弾も大きくなります。それを未然に防いだという内容のメールですね。

 

 CREALの集金額は、純資産に比べて破格の多額です。こんな会社は現在多数存在してます。それらの会社へは、やはりできるだけ私は投資しないように考えてます。

 10月18日の案件の投資はスルーしてます。

 

 今後もCREALよりマシな会社だと思う会社に投資できれば、CREALへの投資は漸減させる予定ですね。