ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

OBの直近の2案件に大きな相違が!気づいてましたか?

f:id:ZiLchan:20211026071442p:plain

  1. 初めに

  2. OBの直近の2案件の大きな相違!気づいてましたか?

  3. 考察

1.初めに

 10月22日と25日に連続してOwnersBookの案件がありました。

www.zilchan.com

www.zilchan.com

 

 3案件前のファンドの投資で投資できなかったので、10000万円程度の募集額では投資できないと判断してました。

 

 ご存知のようにOwnersBookは、先入金ですから投資に失敗したらいつ次案件がわからない状態で待つということになります。

 

 私は、基本的にデポジットにお金を寝かせることはないですね。株でもこの世界の投資でもキャッシュが必要ですから。

 

 そんな中で、OwnersBookの直近の2案件の埋まり方を見てました。その時

 

「金曜日の案件は投資できたのではないか?」と感じました。明らかに埋まり方が遅かったのです。これは、想定外でした。何故なら、金曜日の案件の一般の募集額は「7800万円」月曜日の案件は「12000万円」だったからです。

 

2.OBの直近の2案件に大きな相違が!気づいてましたか?

 具体的には、金曜日は約3分かかってました。月曜日の案件は2分以内です。

この違いは

f:id:ZiLchan:20211026072920p:plain

HPより抜粋

 これは、出資者の数で説明できます。

 

金曜日の案件は、募集額10800万円 投資できた人の総数:407人

月曜日の案件は、募集額17000万円 投資できた人の総数:252人

 

1人の投資額

金曜日の案件:26万円 

月曜日の案件:67万円

1人当たりの投資額が2.7倍違います

 これが、金曜日の案件に投資できたと思う根拠です。埋まるのが明らかに遅かったですね。

 

3.考察

 何故、こんなに違うのか?というのが第一印象でした。過去の一人当たりの投資額を見ると、金曜日の案件が例外であることがわかりました。

 

 その原因を調べてみると、案外簡単でした。

 

 金曜日の案件の方が、リスクが全然高い

 

 というものでした。鍵コメなので内容は書けませんが、OwnersBookはファンドのリスクを「緑、黄色、赤」で可視化してます。

 

 それを見れば一目瞭然で、金曜日の案件の方が、リスクが全然高いと投資家は判断して投資額を抑え、その結果募集額が1億円も満たないのに3分程度かかったということです。

 

 ファンドの「集金力」を見ると、そのファンドやその事業者の「信頼度」がわかりますので面白いですね。私は結構参考にしてます。

 

 もちろん、その「信頼度」は「安全度」とは相関しないことは言っておきますね。利回りやキャンペーンなどのバイアスがかかるからです。

 

 でも、「集金力」を見てみると企業の本質が出てきます。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。