ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

CCの「集金力」が落ちてきた!

f:id:ZiLchan:20211029073037p:plain

  1. 初めに

  2. CCの「集金力」が落ちてきた!

  3. 考察

1.初めに

 ソーシャルレンディングだけでやっている事業者は、カツオと一緒でずっとファンドを出し続け、投資家の投資金から「鞘抜き」を利益とするシンプルな事業形態です。

 

 ですから、LENDREXもそうですが、

累計出資金○○億円突破しました!

と売り上げ(投資家からの投資金の合計)を、宣伝ソースとして使ってます。

 

 逆に言えば、出資金のペースが落ちれば「酸欠」になっていきますね。

 

2.CCの「集金力」が落ちてきた!

クラウドクレジットのファンド、累計出資金額400億円突破のお知らせ」ということでPRTIMESに記事が出てました。

 

下記が表ですね。そこであることに気づきました。

 

ペースが落ちていると!

f:id:ZiLchan:20211029073807p:plain

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000061482.htmlより抜粋

 100億円→200億円 1年

 200億円→300億円 1年

 300億円→400億円 1年+1/4半期

 300億円まで同じように1年で100億集まってきましたが、直近の300億円から400億円は1/4半期長くかかってます。

 

 クラウドクレジットは、ほぼ常時募集の事業者ですね。その集金力が落ちてきてます。

 

3.考察

 私自身、クラウドクレジットで投資したファンドは主に3種類

カメルーン

マイクロファイナンス

③東欧

 すべて円ヘッジで、固いと踏んだファンドです。

 

カメルーンは最悪の状態でしたね。

1号ファンドから、一部延滞が起きているにもかかわらず円ヘッジは16号まで募集を続けました。私も1号ファンドから遅延が起きているとわかって出資を止めましたが、クラウドクレジットは募集を続けましたね。

 

マイクロファイナンスは、1年から2年遅延しました。

コロナ禍ですので、仕方がないと思いますが、「ファンドごとの分別管理」を行ってないということがわかりました。

 

 わたしは、マイクロローンの返済を受けてやっと卒業できました。

 

 尚、カメルーンの案件は、「損益通算」したいので「損金扱い」してくれと2年以上頼みましたが無視され、結局はクラウドクレジットは手に負えなくなったようで事故処理するようです。

 

 このように、誠意がない会社という印象を私は持ってます。

 

 同じように感じている投資家も多いと思います。この結果が、「集金力」が落ちた一つの要因ではないでしょうか?