ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

非上場企業→上場企業 vs 上場企業→非上場企業

f:id:ZiLchan:20211108174216p:plain

  1. 初めに

  2. 非上場企業→上場企業 vs 上場企業→非上場企業

  3. 考察

1.初めに

 非上場企業→上場企業のスキームの事業者は、例えば「funds」ですね。

 一方上場企業→非上場企業のスキームの事業者は、例えば「J.Lending」です。

 

 これは、似ているようでまるっきり違うリスクが存在します。

 

2.非上場企業→上場企業 vs 上場企業→非上場企業

 fundsやFUELは、それ自体非上場企業で所謂SL専業ですね。

 これらの事業者のリスクは、カツオと一緒なので年中募集して年間数十億円のファンドを常時回さないと酸欠(金欠)になります。ただし、買い出し先が上場企業でしたら、ある意味安心でしょうか?

 fundsの上場系ファンドは、「担保、保証」は基本的にありません。そのかわりリコースローンで契約しています。

Fundsで販売される貸付ファンドは主にリコースローンを出資対象としています。 リコースローンとは、借り手企業のすべての資産を責任範囲とする融資をいいます。 これにより、借り手企業のコーポレート信用に基づくファンドを実現しています。

したがって、借り手企業が特定の事業で想定したリターンを得られない場合でも、借り手企業が返済不能にならない限り、投資家の元本・利回りは確保されます。

 

  一方J.Lendingは、JALCO HDが運営するSLです。事業者の安定性はfundsやFUELの比ではありませんね。JALCO HD自身事業をしてまして、J.Lendingはまだ趣味の範囲見たですね。年間30億円回してもJALCO HDの儲けは3000万円大体1%の営業者利益なので依存をしていないスキームです。

 ここでは、問題は貸出先の財務と信用ですよね。これは、鍵コメで見れるのでそれが判断材料になります。そして、JALCO HDの力量ですよね。これを信用して投資家が投資してます。ただ、貸金業のプロですから、担保はちゃんととっていると信じてます。

 

 このように、同じSLですがリスクはだいぶ変わります。

 

3.考察

 どちらが良いと話でなく、考える材料の一つとして書いております。ただ、fundsの利回りの根拠が、貸出先の信用リスクとは相関しないことが気になります。

 最初の設定の金利は、貸出先の事業者リスクが考えられている感じはありますが、ギフト乱発なので、この前提はもはや壊れてます。

 

 一方、J.LendingやFUELは金利を変えることはほとんどしてないので、好感が持てますね。もう、20%や10%が常時募集される世界、低い利回りでも信用リスクがすべてなので、私は5%前後の事業者だけで十分です。

 

 一般投資の11月8日の案件も残一億円が一夜で埋まりました。J.Lendingも一定の信頼を得ているようです。

 

 安易なマネーゲームも興味がないですね。ただ、fundsは今後上場系で利回りの設定で投資をするかもしれません。

 今回の7%のギフト券は、最初で最後か?またやるのか?興味はありますね。

 

 上場企業の方が安心というバイアスはあります。但し、赤字の会社、名義貸しのみでやっている会社とういろいろありますので、注意が必要ですね。