ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

ソーシャルレンディング専業社は、会社の奪い合いが始まっている?

f:id:ZiLchan:20211112080030p:plain

https://fisco.jp/media/social-lending-about/
  1. 初めに

  2. ソーシャルレンディング専業社は、会社の奪い合いが始まっている?

  3. 考察

1.初めに

 ソーシャルレンディング専業社は、何時も書いているように「カツオ」と一緒で常時ファンドを募集して、投資家からの出資金と配当から「中抜き」して稼ぐ事業者モデルです。

 ですから、例えば100億円年間売り上げがあっても、営業者利益2%で1億円しか売り上げがありません。そのせいで未だにCCも黒字になってません。

 

www.zilchan.com

 

2.ソーシャルレンディング専業社は、会社の奪い合いが始まっている?

 基本的に第二種金融取引業を取れば、ソーシャルレンディング専業社になれることができます。これは、低いハードルです。

 そして、fundsに着目した週でしたが、ふと気づいたことがありました。

 

ソーシャルレンディング専業者は、会社の奪い合いが始まっている?ということです。

 

 背景の一つにFUELとfundsの比較があります。

 

「最近FUEL」ファンドが出てないな?と感じている投資家は多いのではないでしょうか?

 

 そういう意味では、fundsの集金力は強力ですね。よほど優秀なスタッフでしょうね。ソーシャルレンディング専業社は、集金力が劣ることが即、事業リスクになりますね。

 

 逆に言うと、お金が必要な事業者はどこのSL専業者を選ぶか自由ですね。それだったら、強い事業者がより強くなります。何故なら投資家登録している投資家の桁が違うからです。今は、fundsとCrowdBankの2強だと思いますね。

 

 ですが、貸出先を考えるとfundsの方が良いですね。その分、利回りは下がりますが。

 

 fundsやFUELも含めて、CrowdBankだけの牙城が会社の奪い合いによって、SL専業社も弱肉強食になっているのではないでしょうか?

 

 あくまでも私見ですが。