ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

funds vs siiibo

 

f:id:ZiLchan:20211111070454j:plain

https://mobile.twitter.com/siiibo
  1. 初めに

  2. funds vs siiibo

  3. 考察

1.初めに

 siiiboをご存知だろうか?別にsiiiboを宣伝する気はない。私はアフィリ屋ではないので。

 

f:id:ZiLchan:20211111070857p:plain

HPより抜粋

 上記はHPからの抜粋だが、siiiboはここに書いているように「社債」に特化した証券会社ですね。

 私は、社債が大好きなのでこの会社に興味を持ち投資家登録したが、実投資はしていません。何故か?

 

2.funds vs siiibo

 理由は簡単。siiiboに投資しなくても済むからです。siiiboは、上場企業の社債も扱ってます。そういう意味では、fundsを介した上場企業への投資に似てます。

 例えば4%の上場企業の社債がsiiiboであれば、fundsの上場企業への出資よりsiiiboを選びます。

 

 ただ、siiiboに私が投資しない最大の理由は、投資家に「利回り」を提示させ、低い利回りを提示した人から優先して出資できるスキームです。

 

 このスキームは、より低い利回りを提示して出資したいバイアスが働きますね。おまけに、他人の提示金利が見えるスキームですから。これも所謂マネーゲームなので嫌になりました。

 

 普通の社債は、会社の信用リスクと運用期間で大体決まります。証券会社が発券し、利回りを機関投資家にあらかじめ聞いて、利回りを決めてそこから公平に投資家に出資を募集します。要は、一度決まった利回りは売り出し時では変わりません。

 

 一方、fundsは埋まらなければアマゾンギフトを付与する。siiiboは入札して、金利の低い利回りを提示した投資家に出資権を与えるというスキームです。

 要は、恣意的に利回りは事業者のリスクと関係なく上下します。

 

 これを私は、「マネーゲーム」と呼びます。ですので、siiiboには投資してませんし、fundsも所謂利回りが「上振れ」しなければすべてスルーにしてます。

 

3.考察

 いろんな事業者の方と話すと不動産クラウドファンディングは、上場系だと4%に収束する。非上場系だと、信用リスクを入れて5%~6%だろうか?

 4%を切れば、REITの選択があり、太陽光などはインフラファンド6%の選択が見えてくる。そんな中で、3%を切る非上場企業の社債など私は全く興味がない。

 

 金融商品は今溢れるほどある。その中で何を選ぶかで我々の人生が変わっていく。できるだけ安全に高利回りを。この相反する実態が、未熟な不動産CFやSLでは時々起こる。このひずみが起こった時がおいしい投資タイミングになる。

 

 その一つが、

 

www.zilchan.com

  でした。

 fundsは、まだ未熟な会社なのでそのようなひずみが起きたとき、絶好の投資タイミングになると思ってます。

 

 株も債券も、そういう「ひずみ」が市場に起きたときに絶好の投資タイミングになります。ただ、そううまくいかないのは

 

何時起きるか?その時十分なキャッシュがあるか?

 

がわからないからですね。投資は難しいだから面白いのです。