ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

FUNDSとCAMPFIRE Ownersの決定的な違い

f:id:ZiLchan:20211124170440p:plain

  1. 初めに

  2. FUNDSとCAMPFIRE Ownersの決定的な違い

  3. 考察

1.初めに

 今週のアマゾンギフト合戦で、fundsとCAMPFIRE Ownersを注目してました。

 

www.zilchan.com

 fundsは実投資してますし、CAMPFIRE Ownersも注目してます。

 

2.FUNDSとCAMPFIRE Ownersの決定的な違い

 FUNDSとCAMPFIRE Ownersもどちらもソーシャルレンディングでシステムで、第2種金融取引業ですね。

 

 ただ、FUNDSは基本会社の事業資金に通しします。会社は、上場会社も多く貸し付けはリコースローンですね。

投資家が負う主なリスクは借り手企業の信用リスク(リコースローンの場合)
Fundsで販売される貸付ファンドは主にリコースローンを出資対象としています。 リコースローンとは、借り手企業のすべての資産を責任範囲とする融資をいいます。 これにより、借り手企業のコーポレート信用に基づくファンドを実現しています。

したがって、借り手企業が特定の事業で想定したリターンを得られない場合でも、借り手企業が返済不能にならない限り、投資家の元本・利回りは確保されます。

 基本的に担保等無くても、債券と一緒で借り手の企業がデフォルトしない限り返済しなければならないシステムを使ってます。

 これがFUNDSの他の事業者との一番の違いですね。

 

 この点は、CAMPFIRE Ownersは、今回のファンドでは

「日本保証」を入れてます。

■保証の範囲
営業者から借入人に対して貸し付けた元本の残高、未収利息、遅延損害金の合計額について債務保証します。なお保証人は、保証契約の締結にあたり、借入人が取得する土地及び建物に第一順位の抵当権を設定する予定です。

■保証の履行方法
借入人が貸付契約に基づく約定返済日から1ヵ月を経過しても返済を行わないとき、または借入人が貸付契約に基づく借入について期限の利益を喪失したときは、営業者が保証人に対し保証債務の履行を請求します。その後、保証人は、営業者による当該請求が保証履行の免責事項に該当しないことを確認のうえ、速やかに保証債務を履行します。

 この辺はよくわからないですね。

 

一番の違いは、FUNDSはFUNDSが倒産してもファンド自体は分離され保護されてます。CAMPFIRE Ownersは、CAMPFIRE Ownersが倒産したらファンドは影響を受けますね。

f:id:ZiLchan:20211124172031p:plain

HPより抜粋

一方FUNDSは、「地位移転スキーム」でFUNDSの倒産からファンドを隔離してます。

 

f:id:ZiLchan:20211124172357p:plain

HPより抜粋

3.考察

 FUNDSとCAMPFIRE Ownersどちらも赤字会社ですね。でもファンドの信頼度は格段の違いがあります。FUNDSの上場会社のファンドを狙えばソーシャルレンディングや不動産CFの中で最強の部類になるでしょうね。

 

 そういう意味で、将来的にはFUNDSの上場会社への投資を増やしていく予定です。但し、利回りですね。いろいろ状況で利回りが上振れした時がねらい目です。

 

www.zilchan.com

 SLも不動産CFも、事業者のファンドのスキーム、そして保証のやり方など皆違うのでよく調べたほうが良いですね。

 

 CAMPFIRE Ownersは、ソーシャルレンディングは有名ですが、貸付型は日本保証流れでないとできないと思いますね。ZUUと一緒で、そういう意味ではノウハウはまだまだな気がします。

 

 今回のファンドも、貸付先の不動産の担保的価値がわからないですね。私の調べ方が悪いのかもしれませんが。

 

 CAMPFIRE Ownersは、良い条件でないと投資はしないと思いますね。

 

 あくまでも私見ですので。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。