ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

投資しているファンドの平均表面利回りは5.7%です。

f:id:ZiLchan:20211201113314p:plain

  1. 初めに

  2. 投資しているファンドの平均表面利回りは5.7%です。

  3. 考察

1.初めに

 私は、15社のSLと不動産CFに投資していて、ファンド数は68ファンド投資金額は3954万円です。1ファンド平均58万円となってます。

 これは、J.Lendingの一ファンド750万円が押し上げてますね。これを除くと

1ファンド47万円です。

 

 面白ついでに平均利回りを出してみました。

 

2.投資しているファンドの平均表面利回りは5.7%です。

 もちろんこれは名目です。当然、入金後から運用までと運用終了から着金までのタイムラグを考慮すると5%くらいになるのでしょうか?

 

 利回りとリスクは相反します。私の投資しているファンドは安定だというつもりはありません。上場系が7割ですね。ただ、J.Lendingの投資額が抜き出てますので来年3月までは注意が必要です。私が実践している投資の基準は

 

①基本非上場は30万円、上場系は40万円の投資額

②J.Lending、Funds、WAKACHI-Iのインカム型は50万円

③これはと思うやつは100万円です。

ここで、Fundsはアマゾンギフト狙いなので50万円にしてます。

 

 利回りを追及するために、上場系は3.5%未満は投資しません。bitREALTYが下限です。逆に7%をこえるファンドも基本投資しませんね。

 赤字の会社も基本上場系でも投資しません。

 純資産を第一の投資基準にしてます。

 

 こんな感じで進めたら、平均利回りが5.7%になってます。Fundsが上場系で4%を持って来れば、投資しますのでこれから先は利回りが下がるでしょう。でも5%は切らないようにしますね。

 

 株抜きの、債券とSLや不動産CFで税抜き所得250万円/年を目指してます。

 

3.考察

 今年は仕込みの年なのでそこまでSLと不動産CFは税抜き所得にならないと思いますが、外債は円安に進んでいるので年間で100万くらいになりそうです。

 

 私の資産はこの一年減ってません。株の分だけ増えてますね。健康な生活を維持するための必要経費は、もう老後をデザインしてできてます。

 一応扶養に入ってますが、家内からは生活資金はもらってません。自分の資産から生活費は出してます。世帯でいえば、家内の資産が増えていってますね。

 

 家の修理や車を買わなければ、年300万あれば十分暮らせます。

 問題は、不動産CFやSLが無事に終わってくれるのかですね。

 

 私は、年金をもらう時はSLや不動産CFの投資額をゼロにします。これがリスクヘッジです。年金は、退職金にも手を付けてないので、安全資産でいく手はずです。

 

 この市場に数十年なんて、私にはあり得ないことです。

 

 現在も、SLや不動産CFから株に資金をうごかしています。結構いい買い時が来てますね。3000万円くらいにSLや不動産CFの運用資金を減らすつもりです。

 

 その話もいずれしますね。

 

 スイッチングは、良い市場を狙って絶えず変化するものです。今一番いい市場をいつも見ることが大事だと思いますね。