ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

C社に「リコースローン」を扱って欲しい!

f:id:ZiLchan:20211210051601p:plain

https://illust8.com/contents/tag/%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84
  1. 初めに

  2. C社に「リコースローン」を扱って欲しい!

  3. 考察

1.初めに

 最近、FundsとかCAPMFIRE Ownersに投資してます。両社の共通点は、赤字ですよね。

www.zilchan.com

 その両者に投資しているの理由は、

 

財務がしっかりした会社に対するリコースローンだからですね。

 

2.C社に「リコースローン」を扱って欲しい!

投資家が負う主なリスクは借り手企業の信用リスク(リコースローンの場合)


Fundsで販売される貸付ファンドは主にリコースローンを出資対象としています。 リコースローンとは、借り手企業のすべての資産を責任範囲とする融資をいいます。 これにより、借り手企業のコーポレート信用に基づくファンドを実現しています。

したがって、借り手企業が特定の事業で想定したリターンを得られない場合でも、借り手企業が返済不能にならない限り、投資家の元本・利回りは確保されます。

Fundsの仕組み | Funds (ファンズ) より抜粋

 

 リコースローンは、「社債」と同じ格付けで事業者が潰れない限り返済義務を生じる良い金融商品ですね。

 Fundsの場合、「地位移転」でFundsの倒産隔離されているとありますが、やはりいざなったら、不安になりますね。

 

 クラウドバンクは、

f:id:ZiLchan:20211210055215p:plain

https://crowdbank.jp/ir/より抜粋

 純資産18億円の副業第二種金融取引業者ですね。母体の安定性は、FundsやCAMPFIRE Ownersよりも安定してしてます。

 

 そう意味では、CrowdBankが上場会社向けに「リコースローン」を扱ってくれれば、投資家はより安心ではないでしょうか?

 

3.考察

 第二種金融取引業者も今や不動産CF会社ともに多く存在してます。そして、生存競争が始まってます。

 ソーシャルレンディング会社は、会社自体で儲けられる構造ではなく、貸出先業者が現れて初めて利益を生む不安定な業務形態です。

 

 例えば、Fuelも同じ業態ですが、すっかりFundsに営業成績で水をあけられてます。Fundsの営業が優秀なのか、貸出条件が良いのか?、社長のネットワークがすごいのか理由はわかりませんが。

 

 ソーシャルレンディング会社として、CrowdBankが安定してますよね。OwnersBookもソーシャルレンディング会社ですが、扱う業態が違います。そういう意味で、CrowdBankが「リコースローン」を扱ってくれれば、より安心しますね。

 

 あくまでも私の妄想をブログにアップしました。

 

 ですが、投資家としてより安定な事業者のより安心なファンドを選びたいものです。

 

 そういう意味で、書いてます。

 

 CrowdBankの方は見てないのかな?