ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

J.Lending社長の言う「危ないSLの見分け方」

f:id:ZiLchan:20211227073010j:plain

  1. 初めに

  2. J.Lending社長の言う「危ないSLの見分け方」

  3. 考察

1.初めに

 私は、J.Lending社長の動画をほとんど見てます。

 野村証券出身の社長と銀行出身の方が、動画で話してますが、J.Lendingへの投資は置いといて、彼の言うことは金融の勉強になりますね。

 

2.J.Lending社長の言う「危ないSLの見分け方」

 「    幻冬舎ゴールドオンライン様主催の「J.LENDING」オンラインセミナーを開催いたしました。」

銀行預金、国債に代わる新しい資産運用!投資家必見!「投資してもいいソーシャルレンディングの見分け方」緊急セミナー - YouTube

  を拝見しました。

 

 その中で「危ないSLの見分け方」に言及されてます。

 

 ①事業ファンドは、不動産ファンドに比べてリスクが高い。

 

 ②担保も大事だが、事業者が投資家へ返済を本気で考えているだけの根拠があまりない会社は危ない

 と言われてました。

 

 日本語のニュアンスは難しいので、箇条書きの日本語は正確かわかりませんが、私はそのように聞こえました。

 

①事業ファンドは、不動産ファンドに比べてリスクが高い。

 

 これは、太陽光を例にとって吹っ飛んだ場合担保の価値も無いので投資家は、不動産のような担保がしっかりした案件より損害は大きくなる。

 これは、私も同意してますし、実行してます。

 カメルーン案件も、担保で補填するということはできませんでした。

 

②担保も大事だが、事業者が投資家へ返済を本気で考えいるだけの根拠があまりない会社は危ない

 

 これは、SBIを例にとって言ってました。「SBIは、SBISL事件で150億円が飛んだ時の企業ダメージの損失が150億円より大きいと考えて返済した」とほめてました。

 

 事業者が投資家へ返済を本気で考えいるだけの根拠

 

 これは、非上場会社では説明は難しいでしょうね。上場会社は株価の下落や企業の信頼の失墜で取引が難しくなるなどの根拠があります。

 非上場会社は、基本逃げると私は思ってますね。過去のSL会社の歴史が物語ってますね。

 

 これにより、私は、

①非上場のクラウドクレジットへの投資の封印(3年以上前から)、クラウドバンクからの撤退

②fundsやCAMPFIRE Ownwesへの投資は、上場会社もしくは財務が安定している会社だけに投資。

 基本は、SLへの投資は、OwnersBookとJ.Lendingだけ、オプションとしてfundsやCO者を通じて上場会社への投資にするようにポートフォーリオを変えて行ってます。

 

 ただ、クラウドバンクからの撤退も後2年かかります。

 

 もちろん、クラウドバンクは今までの歴史が信用を生んでます。でも出資先に悪意があれば別の問題が出ると思ってますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。