ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

もうSPCには、投資しないと思いますね!

f:id:ZiLchan:20211210061540p:plain

  1. 初めに

  2. もうSPCには、投資しないと思いますね!

  3. 考察

1.初めに

SPCは「Special Purpose Company」の略称で、日本語では「特別目的会社」と呼ばれます。通常、会社は事業による利益の追求を目的としますが、SPCは資金調達や債券の発行、投資家への利益の配分などの目的だけのために設立されます。

SPCは証券化の器になることを目的として設立された「ペーパーカンパニー」です。資産流動化のスキームでは、まず資産をSPCに売却し、SPCはその資産を裏付けに証券などを発行して投資家に販売します。資産の元の保有者は、受け取った資金を事業などに活用できます。

「SPC」の意味 | 用語集 | クラウドリアルティ より抜粋

 

 SBISLやCrowdBankでよく見ましたね。

 SPCとか見ると、本当にペーパーカンパニーですから資本金なんて10万円なんてあります。

 

 SPCの設立は10万円あればできるそうですね。

例えば、会社法に基づく設立では資本金は1円でも構いませんが、SPC法による設立では最低10万円が必要になります。

特別目的会社(SPC)とは?メリット・デメリットや株式会社/合同会社の違いも解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所 より抜粋です。

 

2.もうSPCには、投資しないと思いますね!

 上記サイトにも書いてますが、

特別目的会社(SPC)のデメリット】

コストがかかる
不正が行われる可能性
M&A対象の企業が負債を抱える

(中略)

不正が行われる可能性
特別目的会社(SPC)は、特定の資産を会社本体から切り離しができるため、これを悪用した粉飾決算が行われたこともあります。

含み損をペーパーカンパニーに移動させて粉飾決算する、いわゆる「飛ばし」と呼ばれる行為は昔からあり、例えば1990年代に山一證券が破綻したのもこの飛ばし行為が原因でした。

そのほかにも、日興コーディアル証券ビックカメラ粉飾決算事件など、多くの粉飾決算特別目的会社(SPC)が利用されています。

ただし昨今では法整備が進み、特別目的会社(SPC)は連結子会社としなければならないとルールが変更されているので、昔のように安易に特別目的会社(SPC)を粉飾決算に利用できなくなっています。

しかし、資産を切り離せる性質を持つ特別目的会社(SPC)を利用した不正は、今後起こらないとは限りません。

したがって、特別目的会社(SPC)を設立する際は、コーポレートガバナンスを徹底しておくのが重要です。

 SBISLで起きた不正融資もほとんどがSPCを利用したものでした。

 

 このように、SPCでの不正はソーシャルレンディングの負の面になる可能性があります。

 

 また、鍵コメで書けませんがCrowdBankの投資先で、財務が弱い会社が時々ありますね。SPCも太陽光案件などで多く出てもし飛んだら太陽光は不動産価値はほぼないのでそのまま大損になるかもしれませんね。

 

3.考察

 SPCに投資しないというより、SPCに投資する必要がないという方が正しいかもしれませんね。より安全なのは、事業者の財務と投資先物件の価値です。

 

 SPCでは、事業者の財務なんてほぼ存在しないので、投資先物件の価値ですね。でもSPCが不動産でも建物が立った時の価値や太陽光でも実際に運用してからの価値から計算する方式なので、構造物ができなかったら、そういう案件が初めから嘘だったらもう悲惨ですよね。

 

 SBISL事件がその象徴ですね。

 

 CrowdBankの案件だけSPC案件が残ってますが、その償還が終わったらもうSPCには投資しないと思いますね。

 

 私の場合ですが。