ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

WAKACHI-Iについての回答

f:id:ZiLchan:20211230151245p:plain

  1. 初めに

  2. WAKACHI-Iについての回答

  3. 考察

1.初めに

 昨日はbitREALTYに対する回答を書きました。

 

 今日は、WAKACHI-Iに対する回答を書きます。

 

zaosiさんからの質問は以下の通りです。

②wakachi-I
・ここは先着、抽選どちらの方式ですか?
・先着方式の場合、だいたい何時間くらいで案件埋まるか分かれば教えてください。
・wakachi-I の評価についてZiLchan様の目線でご解説お願いします。

2.WAKACHI-Iについての回答

・ここは先着、抽選どちらの方式ですか?

こちらも先着先入金です。


・先着方式の場合、だいたい何時間くらいで案件埋まるか分かれば教えてください。

スカイコート大津
わかちあいファンド大津中庄
わかちあいグリーンヒル坂本②
わかちあい銀閣寺道②
わかちあい甲賀
わかちあい京都宝ヶ池
わかちあい京都西京極
私が投資している案件です。

わかちあいファンド大津中庄は40S

わかちあいグリーンヒル坂本②は2分で残り1200万円

わかちあい銀閣寺道②は、20分で残り5200万円

わかちあい京都宝ヶ池
わかちあい京都西京極

は、2~3日ですね。

(私は投資している案件すべて、満額なるまでの時間は記録してます。)

・wakachi-I の評価についてZiLchan様の目線でご解説お願いします。

 これは非常に難しいですね。

 

 一つ言えることは、純資産を投資基準にしている私としては、この会社は最低の純資産の会社になります。

ただ、地元の不動産屋さんなど情報は集めてます。

 

www.zilchan.com

 一番危険だと思うのは、新興の不動産CF専業者或いは赤字の専業SL会社ですね。専業はSLでは、クラウドクレジット、LENDEX、CAMPFIRE Owners、Fundsです。すべて赤字です。クラウドバンクは今や兼業それも黒字ですね。

 Fundsは、

 

www.zilchan.com

Fundsは「地位移転スキーム」を使っているので、CO社よりはマシです。

 

 不動産CFは、CREALとFANTAS fundingは専業、FUNDROP、ASSECLI、ちょこっと、信長そしてこのWAKACHI-Iは兼業です。

 専業には投資するのを止めました。できれば趣味でやっている会社が良いですね。FUNDROP、ちょこっとは趣味でやってますね。

 

 WAKACHI-Iは、試行錯誤中です。

 

 WAKACHI-Iの親会社は、プロパティーシステムズ

売り上げ6.7億円(2020年3月期)、当期純利益1200万円、純資産1.44億円です。

決して大きな会社ではないですね。

 

 じゃあなぜ投資しているのか?

①地元の不動産は強い

②社員もファンドに投資している

エイブルの代理店をしている

④最近の案件は銀行を入れている

⑤大津、京都の物件は場所的に良い物件である

⑥唯一のインカム型

⑦社長が若い(2代目)

⑥が一番の理由、転売のリスクはない。

インカム型は、対象物件の家賃収入やテナント料を出資者の皆さまに受け取っていただく毎月分配型の商品です。ご出資金は1年の運用期間終了後に償還されます。
弊社はこの物件について10年以上の長期的な運用を目指していますので、償還期間の終了後は期間1年など同一条件での再組成を予定しています。ご出資いただいた皆さまは再組成されるファンドにも優先してご出資していただけます。したがって、1年ごとに区切りがあるファンドを10年以上の期間にわたって運用していただくことができます。
長期間にわたって安定した毎月の分配金収入が見込め、しかも1年単位で区切りをつけることができます。長期的な運用を目指していらっしゃる皆さまに、おすすめのファンド商品です。

 

インカム型は、

①転売がないので親会社が潰れなければ、ずっと維持される

②良い物件に投資すれば、返金してもらうまで優先出資枠がある

③生活費で下ろしたいときにそのとき出金すればよい

④親会社が潰れても、任意組合出資なので清算され出資額のいくらかは戻るシステムがある

⑤連続投資するかどうかの判断は、入居率で判断できます

 

 つまり、運用に頭を使わなくてもいい。要は、良い物件かどうかと場所と入居率で判断できる。良い物件により多くの資金を出資し、更にそれより良い物件が出れば他の物件は一年で止めればよい。つまり、数年後は良い物件だけの長期(年金受給まで)の運用が可能。これは、不況の影響を受けない。

 

 ただし、運営会社が潰れたらどのくらい影響があるのかはわからないですね。

 

 でも、最近の物件は銀行をシニアに入れているし、劣後も20%になっているのでそういう意味では、物件、会社に信用が持てると思います。西京極の案件なんかなかなかない案件だと思います。満室ですし。

 

 上場会社がこのようなスキームをやってくれれば一番いいですね。転売無しで5%が出せる案件はなかなか出ないといろんな事業者から伺ってます。

 15社の方々と話すと実際の本音がわかります。

 

 J.LendingとWAKACHI-Iを中心に置くのは最高の「投資効率」を持つからですね。

 

www.zilchan.com

 

 但し、WAKACHI-Iはお勧めしません。純資産が30億円くらいあれば良いのでしょうが。後は、ご自身の判断でお願いしますね。