ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

舐めてました!property+は本物になりましたね!

f:id:ZiLchan:20220106115754p:plain

  1. 初めに

  2. 舐めてました!property+は本物になりましたね!

  3. 考察

1.初めに

 property+は、最初には10%で釣って3.5%で埋める姑息な会社と思ってました。そして、3.5%を先に出して後で10%を売り出す作戦に変えてきました。それでも10%の案件の前に3.5%が埋まるという現象を見てました。

 更に、3.5%を3.2%に下げながら、10%もかましてきました。

 

 今回3.2%で、10%の案件がいつ出るのか?と思って見てましたら。

 2時間で埋まっていたということですね。

 

2.舐めてました!property+は本物になりましたね!

 教えてくださった、読者の方々有難うございました。

 私の完全なフライングでしたね。

 

 でも、property+は投資家の中で本物になったということですね。

 元々飯田HDの孫会社で、純資産54億円と上場している信長ファンディング(64億円)と変わらない優良企業ですから、時間の問題と思っていました。

 

 ただ、10%で釣るやり方と、4%の劣後出資というセコイやり方で私の中では冷めてみてました。

 でも投資家の集金力は、投資家の信用を示しているので事実を受け止める必要があるようです。純資産でいうと非上場の中では、ぶっちぎりですから。運営会社が潰れるリスクはほぼないでしょうね。

 

 そういう意味で、3.2%ならfundsの上場系ファンドと競えるのではないかと思います。そう考えれば3.2%は埋まって当然でしょうね。

 

3.考察

 私はやはり投資しませんが、FANTAS fundingやCREALに比較して1%の差はありますが、安定性は次元が違うの両社に投資すると考えれば、property+が埋まるというのはよくわかります。

 

 ただ、私の中ではJ.LendingとOwnersbookそしてTOSEIがあるので、そこまで固執する気はありません。3社は、上場会社直の事業者ですから。純資産もproperty+の運営会社よりも多いです。

 

 ただ、J.LendingとOwnersbookは、不動産CFでなくSLですからその比較は大事かもしれません。それを差し引いて、2%の利回りの差を補うと考えるのも妥当だと思いますね。

 

 このように、集金力が強い会社はある意味大事です。ただ、利回りを更に下げるのであれば、やはりセコイ会社だと考えますね。

 

 でもそんな話はどうでもよく、property+のファンドは埋まりますね。