ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

訴訟リスクの話

f:id:ZiLchan:20220107074729p:plain

https://japaclip.com/chief-judge-and-judges/

1.初めに

2.訴訟リスクの話

3.考察

 

1.初めに

 不動産CFやSLにはいろいろなリスクが存在します。

 不動産には、天災や放火などの災害リスクが存在し、ソーシャルレンディングには詐欺のリスクが存在します。

 これは、事業者の信用リスクに直結します。

 

 今日は、訴訟リスクの話です。

 

2.訴訟リスクの話

当社は、当該不動産取引による利益を上げていることを勘案し、当社が536百万円を供することで、お互いに損失を負担するという内容の調停案の提示があり、受け入れることとし、本日開催の取締役会にて決議をいたしましたので、お知らせいたします。

 上記は、不動産CFやSLの中のある会社の話です。

 

 訴訟の背景などは問題でなく、訴訟されて和解金として5.36億円払ったという内容です。

 

 ここでの議論は、今投資している不動産CFやSLの事業者が5.36億円払えるか?という話ですね。

 

 これが、事業者の信用リスクつまり債務超過につながる可能性があるというものです。

 

3.考察

 私が投資している会社でも、5.36億円払えるのは上場会社とCrowdBank、ちょこっと、ASSECLI、FUNDROPくらいでしょうね。キャッシュフローが5.36億円あるかわかりませんが、純資産はそれ以上ですから。TSONはぎりです。

 

 もし、仮に訴訟が起こされたときにキャッシュも大事ですね。そういう意味では、やはり事業者の財務が大事だと思います。

 

 訴訟を起こされた会社は純資産を見ても問題ないということは伝えておきます。この記事は、そういうことが他の会社で起こった時のリスクの注意喚起で書いてます。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。