ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

Crowd Bankの財務の「謎の数字」の話

f:id:ZiLchan:20220123153007p:plain

  1. 初めに

  2. Crowd Bankの財務の「数字」の話

  3. 考察

1.初めに

 昨日、訴訟での和解金の話をしました。

 

www.zilchan.com

 不動産業も、ある種の金融業であるので「騙し」や「詐欺」は一杯あるでしょうね。

クラウドクレジットの多くの延滞やOBのホテル案件などは、どうなんでしょうか?

私も、SLの第一の嵐で訴訟中なので、業者のやり取りがリアルにわかります。

 

 騙すやつにとって、「我々はカモですね!」ということが身にしますね。何かあったら、本当に個人の力は無力です。

 

 さて、今日は以前から気になっていたCrowd Bankの財務の「謎の数字」の話です。

 

2.Crowd Bankの財務の「謎の数字」の話

 ご存知のように、株をよくやりますので財務資料はよく見ますね。ソーシャルレンディング会社のBSやPLももちろん見ます。

 

 今日はその中で、ずっとひかかっているCrowd Bankの一つの財務指標の話です。

f:id:ZiLchan:20220123154528p:plain

f:id:ZiLchan:20220123154603p:plain

https://crowdbank.jp/pdf/disclosure_2021.pdf

上記は、Crowd BankのPLの一部を抜粋してます。

 

前事業年度は、経常利益は3.15億円、当事業年度は、経常利益は2.84億円でそんなに変わらないですね。

 

しかしながら、当期純利益は、前事業年度は、経常利益は0.33億円、当事業年度は、経常利益は2.04億円と全然違います。

 

前事業年度は、経常利益がぶっ飛んでます。

その理由は、

賠償費用:3億円を払っているからです。

 

 これを前から気になってました。

 

 もちろん、Crowd Bankに「賠償費用」について聞きましたが、詳細は教えてもらえませんでした。

 

3.考察

 SBISL事件の時も、Crowd Bankも被害にあったのでは?という憶測が流れました。でも今までCrowd Bankはデフォルトを1件も起こしていないということになってます。それが、Crowd Bankの信用につながってますね。

 

 ただ、この数字何事もなく出る数字でないので、何かがあったと憶測してます。

 

 言いたいことは、昨日の話と同じで訴訟リスクで例えば3億が一瞬になくなる。そうすると脆弱な財務の会社は、瞬殺されるでしょうね。

 

 Crowd Bankでさえ、経常利益が吹き飛ぶ数字。

 

 これを見て、どう考えるか?が、この記事の問題提起です。

 

 私は、ソーシャルレンディング会社からの撤退を意味してますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。