ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

bitREALTYの利回りも3%を割りましたね(追記:青)

f:id:ZiLchan:20220207121830p:plain

  1. 初めに

  2. bitREALTYの利回りも3%を割りましたね

  3. 考察

1.初めに

 bitREALTYからの告知のメールが飛んできました。

 全案件投資が目標ですが、やや悩んでしまいましたね。

 

 とうとう利回りが3%を割りました。

 

2.bitREALTYの利回りも3%を割りましたね

 

f:id:ZiLchan:20220207122246p:plain

https://www.bit-realty.com/funds から抜粋

 

 2月9日:12時から募集ですね。

 10万円から1万円単位です。

 

 

f:id:ZiLchan:20220207122657p:plain

f:id:ZiLchan:20220207122724p:plain

本件は、東武伊勢崎線「浅草」駅から徒歩8分、東京メトロ銀座線及び都営浅草線「浅草」駅から徒歩10分の位置に建つ2021年10月竣工の共同住宅「ケリア浅草」と、東急多摩川線「矢口渡」駅から徒歩9分、同線「武蔵新田」駅から徒歩9分の位置に建つ2021年10月竣工の共同住宅アジールコート武蔵新田」の2物件を対象とするファンドとなります

HPより抜粋

 いつものメザニンローンです。

 

 仮に、3%を切っても万全の信用は揺らがないでしょうね。

 

 読者の方からご指摘があったので、追記します。

 説明が足りなかったですね。

分割償還に伴う本ファンドの想定利回りの計算方法について
本ファンドの投資対象である本貸付債権に係る担保資産たる不動産信託受益権の一部(「アジールコート武蔵新田」)は、2022年7月1日付で、第三者に売却される予定です。当該売却により、本貸付債権の一部が期限前弁済され、営業者は、当該金銭をもって、本匿名組合出資金の一部を償還する予定です。なお、当該一部償還後の残りの本匿名組合出資金については、本ファンドの運用終了時に一括償還する予定です。

募集条件等に記載の想定利回り(2.8%)は、上記のように予定運用期間中に予定されている一部償還を前提として、予定運用期間中の配当利益を年換算したものを、償還前の募集総額で割り出したものです(以下の図1をご参照ください)。そのため、アジールコート武蔵新田の売却に伴う一部償還後も、想定利回りを算定する上での分母に当該元本額が含まれていることにご留意ください

f:id:ZiLchan:20220208075222p:plain

なお、あくまでご参考となりますが、以下の図2のように、一部償還される当該元本額を運用期間全体で加重平均し、その加重平均後の総運用額で割り出した場合は、本ファンドの想定利回りは4.0%(参考値)となります。

f:id:ZiLchan:20220208075337p:plain

 上記のように、一部償還するため見かけ上2.8%ですが、加重平均後だと4%になると書いてます。


3.考察

 bitREALTYは、今後も人気は落ちないでしょうね。SLや不動産CFの中で事業者としては、最上位の一つです。

 ただ、私の中で微妙なのは3%を切ったという事実ですね。3.3%だったら投資でしたが、今回はスルーする予定です。

 

 追記したように、見方によっては4%と説明してます。個人的には資金がデポジットに一部戻されて、それが再投資しなければ結果的に実質2.8%になるので、まよってます。

 

 投資する方は、どうぞ。

 

 集金力は、確認しておきます。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。