ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

これは故意なのか?それとも失念なのか?

f:id:ZiLchan:20220210182529p:plain

  1. 初めに

  2. これは故意なのか?それとも失念なのか?

  3. 考察

1.初めに

 不動産CFとSLに関するブログを毎日書いてまして、事業者の思惑が時々わかります。

SOLMINAに関して、上場会社「フィット」の子会社としてHPで書いていたので、調べたところそうでないという話をしました。

 

www.zilchan.com

「SOLMINA」の運営会社「ソーシャルファイナンス」は、「フィット」の完全子会社でありませんでした。

 持ち株比率は、26.7%です。関連会社ですね。

ブログから抜粋

 

  この段階で、HPの表記は間違いと連絡して、ソーシャルファイナンスは修正すると返事がありました。

 

 話はここで終わってましたが。。。。。。

 

もう半年前の話ですよ!!!

 

2.これは故意なのか?それとも失念なのか?

下記の工程をやってみてください。

 

①SOLMINAのHPにアクセス

SOLMINA(ソルミナ)| 地球にエコなクラウドファンディング。

②下にスクロールして、「運営会社」をクリックすると下のスクリーンショットがでます。(上部の「会社概要」をクリックしても同じ結果です)

f:id:ZiLchan:20220210201810p:plain

思いっきり

親会社 株式会社フィット

と書いてますね。

 

一方、googleで「ソーシャルファイナンス」と調べて

ソーシャルファイナンス株式会社

をクリックして、上段の「当社について」をクリックすると

当社について | ソーシャルファイナンス株式会社

f:id:ZiLchan:20220210202307p:plain

親会社に「フィット」の名前が出ません。

 

SOLMINAのHPでは、

ソーシャルファイナンスの親会社は「株式会社フィット」と「株式会社メディオテック」と書いている。

一方、

ソーシャルファイナンスのHPには、親会社は「株式会社メディオテック」と書いてます。

 

 何故このようなこと「齟齬」が起きているのでしょうか?

 

 これは故意なのか?それとも失念なのか?

 

3.考察

 株式会社フィットのIRに再度確認しましたが、ソーシャルファイナンスの株式会社フィットの株の持ち分は26.7%でした。前と変わってません。

 

 ソーシャルファイナンスは、フィットの持分法適用関連会社となります。

 

 株式会社フィットのIR担当者は、

「ソーシャルファイナンスは、フィットの子会社でなく、フィットはソーシャルファイナンスの親会社でない」

 と言及してます。これは、確認したので間違いありません。

 

 つまり、SOLMINAのHPのソーシャルファイナンスの親会社の記述は「虚偽」となります。

 

 何故?自身のHPでは、親会社は「株式会社メディオテック」としか書いてないのに、SOLMINAのHPには、「株式会社フィット」と「株式会社メディオテック」と書いているのでしょうかね?

 

 何故、なんでしょうか?

 

 SOLMINAに投資する人は、親会社がフィットと信じるでしょうね。改めてソーシャルファイナンスのHPを見ないですから。

 

 これは故意なのか?それとも失念なのか?

 

 一つ言えることは、ソーシャルファイナンスが以前の指摘に対して、

「訂正します」と言っていました。

 

 でも、SOLMINAのHPでは訂正されてません。

 

 そこまでして、上場会社にすがりたいのか?と考察してますが。

 

 いずれにせよ、投資家に対して「虚偽」と思われる行為です。注意された方が良いと思いますね。

 

 HPはその会社の顔です、でもSOLMINAから検索すると違う記載にしている。これは、故意ではないでしょうかとオッサンは推測してます。

 

 この世界、いっぱいおかしなことが起きてますので、注意されたほうがいいですよ。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。