ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

J.Lendingも本当に認知されたみたいですね。

f:id:ZiLchan:20220214135259j:plain

  1. 初めに

  2. J.Lendingも本物の認知ができたみたいですね。

  3. 考察

1.初めに

 この村のブロガーの中で、J.Lendingの話をするのは私だけですね。J.Lendingとお付き合いする中で、貸金業とはということがだんだんわかってきました。

 

 ソーシャルレンディング会社は、貸金業ですがJ.Lendingは全く違いますね。かつての最大のSL事業者は、ザルのように社員が通した案件をファンドにして、最大の損金を出そうとしてます。

 所詮、素人集団だったのでしょうね。貸金に関して。

 

 その点、J.Lendingは貸出先にわけわからない相手はいない安心があります。

 

2.J.Lendingも本当に認知されたみたいですね。

 私も現時点で、1500万円に近い出資をJ.Lending一社にしてます。まあ、まねはしないでくださいね。

 

 昨日12時よりLF58号のファンドの募集がありましたね。

 

www.zilchan.com

 

募集額:10000万円のファンドです。

 

J.Lendingの集金力を見てました。

 

2分後:残5000万円

4分後:残1200万円

10分後:残500万円

15分後:残210万円

20分後:残0です。

 

J.Lendingにしては、早い集金力でしたね。

 

f:id:ZiLchan:20220214140522p:plain

マイページより抜粋

 

3.考察

 私は、15社に電話を掛けながらいろいろやり取りして、投資家としての情報を伝えたりしてます。そうするとおいしい情報もたまにありますね。

 

 私は何時も集金力で見てますが、集金力で見る限り

 

 J.Lendingも本当に認知されたみたいですね。

 

 J.Lendingもリスクがあるので、十分に考えて投資するなら投資してくださいね。

 

 J.Lendingは、動画がいろいろアップしてますねの、社長様の考えがわかりやすい会社も私が投資する根拠になってますね。

 

 集金力を見るといろいろな面が見えて面白いですよ。今回も1000万円近い投資があったような一瞬の動きが見えました。減る桁が一桁違いますからわかりやすいです。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。