ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

W社の「インカム型ファンド」の出口戦略

f:id:ZiLchan:20220219080535p:plain

  1. 初めに

  2. W社の「インカム型ファンド」の出口戦略

  3. 考察

1.初めに

 WAKACHI-Iファンドは、私が投資しているファンドです。でも「キャピタル型」よりも「インカム型」を中心に投資しています。

 

 利回りは下がるが、リスクも下がる。そして、一年後優先出資権で再投資できある意味「小口不動産投資」に近い投資案件の組成をなしているのが理由ですね。うまくいけば5年以上投資できるファンド組成となってます。

 

2.W社の「インカム型ファンド」の出口戦略

 2月21日にある「キャピタル型」のファンドが募集されていますね。

f:id:ZiLchan:20220219081157p:plain

HPより抜粋

「わかちあいファンド草津上笠②」ですね。

 

②というから①があるわけで、

f:id:ZiLchan:20220219081532p:plain

HPより抜粋

①はインカム型でした。

 

つまり、昨年募集した「わかちあいファンド草津上笠」は、一年はインカム型で回し今後は転売する「キャピタル型」になったということです。

 

3.考察

 現在私は、インカム型のファンドを6ファンド投資してます。これは、毎年連続投資していきます。

 でも、WAKACHI-Iの判断で「インカム型」を「キャピタル型」に変えて転売する出口戦略を初めて見ました。

 

 これも事業者側の判断ですから、こういう風になるというのがわかりました。

 

 クリック合戦がなく、投資効率が最高のW社の「インカム型ファンド」は、私は好みますね。

 

 後は事業者に頑張らないで良いので、安定して欲しいだけです。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。